導入企業様の声 #009

お問い合わせの対応・管理体制を強化でき、インバウンド集客における機会損失を防げる

決済代行サービス SPA

代表取締役 / 小坂 仲人 氏

クレジットカードや電子マネーなどの決済代行サービスを提供。小坂氏は、同社の代表取締役を務められています。

インバウンド集客におけるお問い合わせ対応や管理体制が整っておらず、機会損失を招いていた。

お問い合わせの管理ができ、機会損失の低減だけでなくインバウンドでの集客数増加にもつながると判断。

❶ ferret One導入前に抱えていた課題

インバウンド集客におけるお問い合わせ対応・管理体制が整っていなかった

課題として抱えていたのは、インバウンド集客におけるお問い合わせ対応や進捗管理の体制が整っていなかったことです。新規顧客の開拓は、テレアポや飛び込み営業がメインだったのですが、実際にアタックしてみないとニーズがあるのかわからないという非効率さを感じていました。このまま、足で稼ぐような営業方法に頼りっきりでは厳しいと思い、Webページやリスティング広告、SEO対策といったインバウンド集客を積極的に仕掛けていきたいと考えていました。

現状、自社のWebページやお問い合わせページもあって、毎月10~20件程度、メールでのお問い合わせをいただいていました。基本的に営業がお問い合わせ対応をしているのですが、外出中のメール確認や返信が難しく、対応漏れが発生することも。

それに加えて、メールでのやり取りだと履歴が追いづらく、進捗管理が難しいという点でも不便に感じていましたね。インバウンドでの集客も少なく、せっかく獲得したお問い合わせの管理体制も整っていないという状態でした。

❷ ferret One導入の決め手

お問い合わせ管理ができ、手軽にWebページ制作や更新ができることも魅力

やはり、「お問い合わせ管理ができる」という点が大きな決め手です。対応漏れを防ぐために、お問い合わせ管理ができるツールがないか探していたところ、経営者が多く集まる交流会の場で御社のコンサルタントと知り合い、後日ferret Oneの紹介を受けました。

その際、顧客とのやり取りやステータスが管理できることを知り、魅力を感じました。ログインできる社員であれば誰でも簡単に状況を確認できるため、自社の課題を改善できるというイメージが涌き、導入を決めました。

他には、「知識がなくてもWebページ制作や更新が簡単にできる」ことも決め手の1つに。これまではLPを1つ作るにも、外注に依頼して納品を待つというスタイルで、完成するまでに時間がかかっていました。ですが、ferret Oneなら知識のない営業でも簡単に、時間をかけずに作れるのではないかと感じましたね。制作や更新が誰でも簡単かつスピーディーにできるという状況が、インバウンド集客にも良い影響を与えてくれるのではと思いました。

❸ ferret Oneを使ってやりたいこと

運用スキルを上げて、インバウンドでの集客数を増やしていきたい

もともとはお問い合わせの対応漏れをなくすために導入を決めましたが、詳しく話を聞いていくうちに、お問い合わせ対応の抜け漏れがなくなるだけでなく、インバウンド集客の絶対数を増やすこともできそうなイメージが強くなっていきました。

そこで今後は、トレーニングで運用のノウハウを身につけたうえで、CMSの高い更新性と一気通貫性を活かしてWebサイトを柔軟に更新し、さらには継続的にコンテンツを増やしてPDCAをスピーディーに回していくことで、インバウンドでの集客数増加を目指していきたいです。ゆくゆくは、自社で管理しているWebページをすべて移行して、さらなる効率化を図っていきたいと考えています。

まずは、お問い合わせ対応の抜け漏れを防ぐことでどのような効果が得られるのか、今後の経過がとても楽しみですね。

お問い合わせ・お見積もり

お見積もり・ご相談など、下記フォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話で(受付時間:平日 10:00〜18:00)

この内容で送信します。よろしいですか?