時代の変化に合わせたDXで新たな顧客開拓に成功!
従来はなかったWebサイト経由での受注を獲得

化学工業メーカー/株式会社新菱

情報システム部 DX推進グループ

新規事業開発部 デジタルマーケティンググループ

  • 情シス主体のDX化を実現。攻めの情シスへの進化
  • サイト訪問数は35倍に
  • 営業兼務状態からマーケティングチーム新設で社内改革を実現

レガシーな事業でマーケティング組織を新設

御社のサービスと、お二人のお仕事について教えてください。

新菱はサーキュラーエコノミー事業、ファインケミカル事業、半導体・パネル製造装置部材の精密洗浄、シリコンウェハの再生、ヘルスケア……と多岐に渡るのですが、私たちはマーケティングと情報システムを担当しています。(マーケティング:田中氏、情報システム:秋本氏)

まずマーケティング組織を新設した背景をお話しします。昨今の新型コロナウイルスの影響が様々な業界で懸念されているなかで、弊社が密接に関わる半導体業界は好調を維持しています。しかし裏を返せば、半導体業界にダメージがあると甚大な被害を受ける可能性があり、そうしたなかで既存事業の拡大と新規事業の拡大が急務とされていました。

ところが当時、既存事業である資源リサイクル本部(現サーキュラーエコノミー本部)が、ゼロエミッション(廃棄物を減らす取り組み)による世の中の産廃処理のニーズ減少で伸び悩んでいました。さらに、新規事業にチャレンジするも顧客を獲得できず、どの業界にニーズがあるのか分からなくなっていたのです。

八方塞がりだった営業戦略

ferret One導入前はどんな課題を抱えていたのでしょうか?

上述のような経験により、これまで積み上げてきた経験が通用しないのでは……そんな不安を抱えていました。

そんななか、かつてない未知の領域の事業を創るため、新規事業開発室が新設され、そのなかのデジタルマーケティンググループには、デジタルツールを活用し、ニーズの拾い出しをする役割が課されたのです。

新業界にチャレンジするためにWebを活用するといっても、具体的にどういうことを行えば引き合いが増えるのかは、一切わかりませんでした。とにかく今の古いWebサイトを新しくすればよい、という方向でリニューアルを検討しはじめました。

本質的な提案とSalesforceとのシームレスな連携に安心し導入を決意

ferret One導入の決め手は何でしょうか?

2つあります。
1つは、弊社側で考えていたサイトリニューアル構想を真っ向から否定されたことです。我々はWebマーケティングについては素人なんですが、素人なりにデザインにこだわろうとしていたんですね。サイトがかっこよければ問い合わせが増えるだろうと。しかしそれは違う、と本質的なことを指摘してもらえたことが、信用につながりました。

2つ目はSalesforceとの連携のしやすさです。当社はDX化の第一弾としてSalesforceを軸とした営業業務改善を進めており、サイトリニューアルと同時にSalesforceとPardotを導入しようとしていました。サイトから得られるリード情報が、Pardotに煩雑にならないように同期されることが、サイト制作をするうえでの必須条件でした。ferret OneはSalesforceとシームレスに繋がることがわかり、導入を決めました。

ダッシュボードのデータが分かりやすく、会議の資料作成もあっという間にできるようになった

ferret Oneを実際に使ってみていかがですか?

導入によって変化できたことは大きく2つですね。

まずは、データの蓄積/解析ができるようになったことです。以前はサイトに来訪があるのかないのかがパッとわからない状態でした。サイト施策において、正解が分からない中でトライアンドエラーをしなければいけないことは理解していました。しかし、データが蓄積されていないとトライアンドエラーすらできません。

ferret Oneの導入により、データがパッと見やすいので、例えばスマホの流入が増えているからスマホの広告を増やそう、といった次の施策も判断しやすくなりました。

2つ目は、UIが直感的で使いやすくなったことです。最近、組織編成があり、今までサイトを触ったことのないメンバーにサイトの編集を手伝ってもらったのですが、1〜2時間くらい操作レクチャーしただけで、ページをサクサク作ってもらうことができました。以前は全て外注していたのですが、サイト改善の意思決定から実際に反映されるまでのリードタイムは体感で3週間→1日程度に大幅に縮まりました。

また、Webサイトの状況を会議で伝える機会があるのですが、ダッシュボードのスクリーンショットをパワーポイントに貼るだけで資料が出来上がるので、とても楽になりました。

あとは機能ではないのですが、サポートの充実度合いが嬉しいです。ヘルプページを検索したら大体解決策が見つかるので、わざわざ電話で聞かなくても解決します。セミナーによく参加させてもらっていますが、参加するたびに理解度が増していき、自分がレベルアップしていると感じます。

訪問数の向上に加え、新たな顧客開拓も順調
別の事業部からも相談がくるように

ferret Oneを導入してどのような成果が上がりましたか?

大きく2つあります。

1つ目は、サイト訪問数が35倍に増えたことです。もちろん広告などを新たに始めたから訪問数が増えたというのもありますが、以前はデータがよく分からなかったので広告を出すという施策すらもできていませんでした。

また、サイトからの問い合わせの質も、上がっていると感じます。以前は年間30件くらい問い合わせがありましたが、サイト経由で発生する商談は0でした。営業からもサイト経由の問い合わせは質が悪い、という評価をされていましたね。しかし、現在では累計40件以上の商談が発生しており、受注もしています。

それにより、サイト経由での問い合わせに手応えを感じた営業が、積極的に対応してくれるようになりました。これも組織としては大きな変革だと思っています。

2つ目は、顧客の新たなニーズ発見ができたことです。これはとても大きいです。美容院やアパレル業界など、今まで想定していなかった業界からの問い合わせがありました。「物流で使われている使い捨ての梱包の袋が、実はリサイクルできるのではないか」というご相談でした。今まで半導体や電子機器メーカーがメイン顧客層だった我々にとっては、とても大きなヒントでした。

美容院やアパレル業界は、アナログで営業活動をやっていたら絶対に出会えない顧客層です。これまでは、知っているところ・想定できるところにしかアプローチできませんでしたので、そういう意味でもWebマーケティングの可能性を肌で感じています。

また、副次的な効果として、別事業部がWebマーケティングに興味を持ちはじめたというのもあります。定例で事業部横断のナレッジシェアをする会議をしているのですが、そこでサイトの効果を発表したところ、別部署の部長が直々に質問してくれました。以前は、その部署はWebマーケティングに消極的だったのですが、新たな顧客開拓の手段としてWebマーケティングは有効だと思ってくれたようです。組織内変革を感じた瞬間でもあり、嬉しかったですね。

時代の変化に合わせたサイト運営
会社全体へのWebマーケティング推進

最後に、今後ferret Oneでやりたいことをお伺いできますか?

世の中の変化に合わせてどんどんタイムリーに変化していきたいと考えています。それができるのは、外注ではなく自分たちで完結できるからです。思いついたらすぐ実行できるので。

また、Pardotと連携をしたのですが、Pardot自体はまだ10%くらいしか使えていません。リードは順調に増えているので、育成施策を行い、問い合わせに繋げていく動きに集中したいと考えています。

せっかくデジタルマーケティンググループが組織として新設されたので、ferret Oneでの成果を通じて会社全体へマーケティング活動を推進していきたいと考えています。

本日はいろいろお話しいただき、ありがとうございました

ferret Oneで運用されているWebサイト

コーポレートサイト:https://www.shinryo-gr.com/
リサイクル事業部サービスサイト:https://ce3r.shinryo-gr.com/

お話いただいたみなさま

情報システム部 部長 山本 卓郎 様
情報システム部 DX推進グループ 秋本 健作 様
新規事業開発室 室長 石井 哲 様
新規事業開発室 デジタルマーケティンググループ 田中 新吾 様
 

導入事例資料をダウンロードいただけます。

Webマーケティングでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

機能やサポート内容など
ferret Oneが3分で分かる

ferret Oneで使える機能を
チュートリアル形式で体験できます

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

導入企業様の事例をご紹介。ferret One活用のヒントが見つかります