導入企業様の声 #035

直感的に操作できるCMSと
Salesforce連携が決め手!

クラウドシステム / 株式会社メドレー

 執行役員 CLINICS事業部長 / 田中 大介 氏

東京大学経済学部経済学科卒業後、国内金融機関を経て、2011年Googleに入社。
2016年より株式会社メドレーに参画。オンライン診療システムやクラウド型電子カルテなど医療機関向けのクラウドサービスを展開するCLINICS事業の責任者を務める。

マーケチーム内でのサイト更新がしづらい
各プロダクトで適切な情報を提供するための
環境構築ができていない

直感的に操作できるCMS機能と
他ツールとの連携機能の活用

❶ ferret One導入前に抱えていた問題

マーケチームでのサイト更新と、情報提供のための環境構築に課題

複数のプロダクト展開におけるマーケ環境に課題

弊社は、医療ヘルスケアの未来をつくるというミッションのもと、医療機関向けクラウド診療支援システム「CLINICS」や医療介護の人材採用システム「ジョブメドレー」などのサービスを展開しています。

そのなかで、「CLINICS」については昨今利用が拡大しているオンライン診療システム以外にも、クラウド型電子カルテ、診療所向け予約管理システムなど複数のプロダクトがあり、今後も様々な展開を構想しています。

「CLINICS」シリーズを広める手段の一つであるWebマーケティングについては、「マーケティングチーム内でのサイト更新」「各プロダクトで適切な情報を提供するための環境構築」に課題感を持っていました。

連携先やプロダクトが増える中、コンテンツが追加できずサイトの更新が滞ってしまうことは避けたかったので、今後の展開のためにも、マーケティングチームだけで情報更新できる環境を整えたいと考えていました。

❷ ferret One導入の決め手

直感的に操作できるCMSと、Salesforce連携が魅力

デモ画面を見た時にぴったりだと感じた

SNSなどでferret Oneの情報に触れる機会があり、元々興味を持っていたんです。

実際にferret Oneのデモ画面を見たのですが、マーケティングチームだけでサイトを更新したいと考えていた弊社にとって、誰でも直感的に操作できるCMS機能はぴったりだなと感じました。

必要な時に追加したいページを短期間で作成できるので、複数プロダクトの運営においてもタイムリーな施策実行がイメージできましたね。

シームレスな他ツールとの連携

弊社ではPardotをはじめとするSalesforce製品(CRM / MA)を基幹システムとして利用しているので、Webで獲得したリードデータをそのままSalesforceに同期できる点も魅力でした。

それにより、シームレスにユーザーの行動把握ができ、インサイドセールスやマーケティング施策に活かせそうだなと感じました。

❸ ferret Oneを使ってやりたいこと

高速PDCAの実現と、ユーザーに合わせた情報発信の最適化

スピーディーな施策実行で安心感と興味を

マーケティングチームだけでサイトの編集ができるようになったので、広告やLP、サイト改善など、今までよりもスピーディーに施策のPDCAを回していこうと思います。

また、手軽にWebページが更新できる環境になったので、今後は「CLINICS」プロダクトの機能追加情報や、ご利用いただいている医療機関の事例など、ユーザーに適切なタイミングで新着情報を届け続けたいです。

さまざまな情報を公開していくことで、安心感と興味を持っていただける方の数を増やしていきたいですね。

▼ferret Oneで制作いただいたWebサイトはこちら
 https://clinics-cloud.com

Webマーケティングでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください

機能やサポート内容など
ferret Oneが3分で分かる

ferret Oneで使える機能を
チュートリアル形式で体験できます

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

導入企業様の事例をご紹介。ferret One活用のヒントが見つかります