適切なマーケティングプロセスのために必要なことは?事例で学ぶ基礎知識

適切なマーケティングプロセスのために必要なことは?事例で学ぶ基礎知識.

自社でマーケティングを実施しようと考えた時に、まず何をすべきなのか、どのような手順を踏むべきなのか悩んだことはありませんか?

特にBtoBビジネスマーケティングの場合は、一般的なtoCビジネスとは異なり、独自のマーケティングプロセスがあるのです。

今回は、BtoBビジネスのマーケティングプロセスに踏み込んで詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.マーケティングプロセスとは?
  2. 2.マーケティングプロセスの流れ
  3. 3.「R-STP-MM-I-C」の観点から考えるマーケティングプロセス
  4. 4.BtoBビジネスの場合は購買プロセスが異なる
  5. 5.マーケティングプロセス活用による事例
  6. 6.マーケティングプロセスで効果的な戦略を打ち出そう


マーケティングプロセスとは?

マーケティングプロセスとは、マーケティング戦略を立案し実行するまでの一連のプロセスのことです。市場調査を行い、自社商品やサービスの位置づけを検討、価格やプロモーション方法選定を行います。
マーケティングプロセスは、主に戦略立案プロセスと戦術的プロセスのフェーズに分かれています。

  • 戦略立案:市場分析/セグメンテーション(市場細分化)
  • 戦術:ターゲティング/ポジショニング/マーケティングミックス/実行と評価

まず戦略立案プロセスで商品を投入する先を調査し、戦術プロセスでは調査した市場の中でどのように勝ち抜いていくか設計していきます。


マーケティングプロセスの流れ

マーケティングプロセスの流れとそれぞれ何をするのか詳しく解説していきます。

マーケティングプロセスの流れ

マーケティングプロセス①市場分析

まずは市場分析を行います。市場分析は、「SWOT分析」「PEST分析」「3C分析」が主流です。

SWOT分析は、Strength(強み)・Weakness(弱み)・Opportunity(機会)・Threat(脅威)という4つの視点から市場を分析します。

▼SWOT分析の詳しい解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。
【図解&テンプレ付き】SWOT分析とは? 時代遅れにならないやり方を事例を踏まえ解説

  【図解&テンプレ付き】SWOT分析とは? 時代遅れにならないやり方を事例を踏まえ解説 SWOT分析は経営戦略の代表的なフレームワークであり、提唱から50年ほどたった現在でもよく活用される手法です。今回は、SWOT分析の基礎から効果的な活用法、具体的なアクションプランまでの落とし込みを行う方法を解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


PEST分析は、Politics(政治)・Economy(経済)・Society(社会)・Technology(技術)という4つの視点から外部環境を分析します。現在から将来にかけて、自社に対してどのような影響を与えるのか、把握・予測する手法です。

▼PEST分析の詳しい解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。
PEST分析の実践方法やポイントは?BtoB事業別の事例やフレームワークテンプレも紹介

  PEST分析の実践方法やポイントは?BtoB事業別の事例やフレームワークテンプレも紹介 市場を取り巻く環境は常に激しく変動しています。本記事では、外部環境を分析するのに役立つ「PEST分析」の実践方法や、分析時のポイントをご紹介します。すぐに使えるBtoB事業の記入例付きフレームワークテンプレートもダウンロードできますので、ぜひご活用ください。 Webマーケティングツール『ferret One』


3C分析は、Customer(顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの観点から市場を分析する手法です。

▼3C分析の詳しい解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。
3C分析とは?すぐに実践できる手順を下準備から解説

  3C分析とは?すぐに実践できる手順を下準備から解説 事業を推進する上で欠かせない3C分析。手法を理解し、上手に活用していくことが事業の成功を左右します。 この記事では、BtoBマーケティングにおける3C分析のやり方を一からご紹介します。 Webマーケティングツール『ferret One』


どれかひとつだけでなく、複合的に手法を活用し総合的に市場を把握しましょう。


マーケティングプロセス②セグメンテーション

セグメンテーションとは、自社商品やサービスの対象となる市場に存在する顧客を、ニーズや特性等に応じて細分化することです。

一般的な切り口としては、地理・人口動態・行動変数・心理的変数などがあります。

▼セグメンテーションの詳細な解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。
顧客セグメントとは?マーケティング成功に欠かせない分類の方法やポイント

  顧客セグメントとは?マーケティング成功に欠かせない分類の方法やポイント 顧客セグメントとは、顧客を年齢や性別・地域・行動の傾向などで分類したグループのことです。顧客を特徴や傾向ごとに分類することで、的確なマーケティングができるようになります。この記事では顧客セグメントについて、詳しく解説しますので、参考にしてください。 Webマーケティングツール『ferret One』


マーケティングプロセス③ターゲティング

ターゲティングでは、セグメンテーションから標的とするセグメントを選び出します。

例えば「東京都に本社がある100名以上営業在籍する企業」「1か月以内にサービスに関する問い合わせがあった」「堅い社風である」などです。


マーケティングプロセス④ポジショニング

ターゲティングの次は、ポジショニングを行います。ポジショニングとは、ターゲットの中に自社商品やサービスの独自のポジションを築き、差別化イメージを持ってもらうための活動です。

自社商品やサービスに関して独自性のある差別化したイメージを持ってもらうことで、競合に対しての優位性を獲得します。自社商品やサービスの立ち位置を明確に把握するためには、競合調査を行い、ポジショニングマップを作成しましょう。

ポジショニングマップを作成することで、自社商品やサービスの訴求していくべき強みが明確に把握できるでしょう。

ポジショニングマップ

▼ポジショニングを掴むには、STP分析も役立ちます。参考にしてみてください。
STP分析とは?BtoBでの分析方法と便利なワークシート

  STP分析とは?BtoBでの分析方法と便利なワークシート BtoBビジネスの新規事業拡大や事業推進において、「STP分析」は必ずおさえるべきマーケティング手法のひとつです。この記事では、実際にどのようにSTP分析を進めればよいかを解説します。実際に現場で活用できる便利なワークシートも用意しましたので、ぜひ活用してみてください。 Webマーケティングツール『ferret One』


自社商品やサービスに対して4P分析を行い、さらに顧客視点の4C分析も加えます。

4P分析とは、Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(販促)観点の分析です。
どのような特徴の製品を、いくらに設定し、どのように流通させ、どのような販促を行うか、という観点で戦略を組み立てます。

▼4P分析の詳細な解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。
4P分析とは?進め方とBtoBでの業態別の事例を解説

  4P分析とは?進め方とBtoBでの業態別の事例を解説 マーケティングの施策を企画・立案する上で役に立つ手法「4P分析」。ただ4つの要素を調べるだけでなく、適切な手順でポイントをおさえながら進めていくことで、効果を最大化できます。この記事では、BtoBビジネスにおける4P分析の進め方を、事例を交えて解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


4C分析とは、Customer Value(提供価値)・Cost(顧客が支払うコスト)・Convenience(入手難易度・利便性)・Communication(顧客とのコミュニケーション)の観点での分析です。

自社商品やサービスを顧客サイドからの目線で分析することで、より顧客への浸透力が上がります。顧客目線での市場分析は、ニーズを適切に把握し提供に繋げるため、顧客満足度も高くなるでしょう。

▼4C分析の詳細な解説は、こちらの記事を参考にしてみてください。
4C分析とは? 4P分析・3C分析・SWOT分析との違い

  4C分析とは? 4P分析・3C分析・SWOT分析との違い 4C分析とは、顧客目線から自社の商品・サービスを分析してマーケティング戦略立案に役立てる手法です。4C分析だけでなく、他のフレームワークとのマーケティングミックスにより、分析だけでなく、具体的なマーケティング戦略の実行も設計できるでしょう。今回は、4C分析の基礎から4P分析・3C分析・SWOT分析との違いや、効果的な分析方法を解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


また、マーケティングミックスの際にはKPIツリーを作成しましょう。
KPIとは、事業目標をクリアするために設定する重要業績評価指標です。

最終ゴールであるKGIを明確に設定しておき、そのためのプロセスに対して評価指標を設定することで定量的な評価が可能になります。


​​​​​​​▼KPI設計については、こちらの記事も参考にしてみてください。
BtoBマーケティングにおける「KPI設計」とは?フェーズごとの具体例を紹介

  BtoBマーケティングにおける「KPI設計」とは?フェーズごとの具体例を紹介 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、オンライン化に注力する企業が増えている昨今。いざ施策に取り組もうと思っても、何を指標にどこから手をつければ良いかわからないという企業様も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、BtoBマーケティングを強化する上でのKPIの設定方法をご紹介します。 Webマーケティングツール『ferret One』


マーケティングプロセス⑥実行と評価

ここまでのマーケティングプロセスで設定した施策を、実行して評価するプロセスです。実際に設計した戦略を実行してみて、良し悪しを判断するのではなく、プロセス⑤で設計したKPIツリーに基づいて施策を評価しましょう。
その中で、プロセスの中での課題や問題点を発見し、改善策をうっていきます。

マーケティングプロセスにあてはめて評価することで、課題や問題点の適切な把握が可能です。KPIからPDCAをまわすことで、市場把握および施策の最適化が行えます。


「R-STP-MM-I-C」の観点から考えるマーケティングプロセス

マーケティングプロセスには、6つに分けるやり方以外にフィリップ・コトラー氏が提唱した「R-STP-MM-I-C」という5つに分ける手法もあります。

  • プロセス① R:Research 調査・分析
  • プロセス② STP:セグメンテーション+ターゲティング+ポジショニング
  • プロセス③ MM:マーケティングミックス
  • プロセス④ I:Implementation 実行
  • プロセス⑤ C:Control 管理

プロセス②までが戦略プロセス、③以降が戦術プロセスです。特にプロセス②のSTPでは、マーケティングの要となる「自社が」「誰に対し」「どのような価値を」「どうやって提供するか」が明確になります。

マーケティング活動にあまりリソースを割けない組織や中小企業にとって、STPは非常に重要な役割を果たします。最小限の労力で成果の最大化に繋がるからです。

マーケティングミックスで実行手法の組み立てを行い、その後に実行および評価を実施。この最後のステップをImplementationとControlのふたつに分けることで、マーケティングで注力すべき評価と次につなげる改善へフォーカスします。

R-STP-MM-I-C


BtoBビジネスの場合は購買プロセスが異なる

BtoBビジネスの場合も、基本的なマーケティングプロセスは同じ流れです。しかしBtoBビジネスの場合は、購買プロセスがtoCビジネスと異なるという点に注意しましょう。

BtoBビジネスは、集客から見込み顧客を獲得→見込み顧客をナーチャリング→商談、というステップがあり、購入までのリードタイムが長くなります。さらに窓口と決裁権保持者が異なる場合や、検討から承認までに複数の段階を踏む必要がある場合が大半です。

そのためマーケティングプロセスの中に、「購入プロセス」を加味しなくてはなりません。

分析では、顧客を個人ではなく「企業」でとらえ、業界全体を把握する必要があります。マーケティングミックスの販促・広告では、イベントやセミナーの開催も効果的な手段です。「集客」「見込み顧客獲得」「ナーチャリング」「商談」のそれぞれに対してKPIを設定すれば、より適切な評価判断が可能になるでしょう。

一方、詳細なKPIを追うことは、人的負担に直結します。BtoBのマーケティングを実行する上で人的コストを割けない場合、MAツールやSFAツールを活用するのもひとつの手段です。

戦略と戦術を明確化することで、マーケティングツールの有効度が上がってくるでしょう。


マーケティングプロセス活用による事例

マーケティングプロセスの活用事例を見ていきましょう。


SchoolDude社

米国、カナダ、ヨーロッパ、中東、オーストラリアの6,000以上もの教育機関向けに管理機能ソリューションを導入しているSchool Dude社。細かなセグメンテーションを元に高等教育機関へ独自のコンテンツを展開します。

MAツールを活用し、ターゲット別に応じたコンテンツを表示することで、ウェビナーや年次ユーザーカンファレンス獲得に成功しました。誰に、どのような価値を、どうやって届けるのかを明確化したことで、成果に繋がった事例です。

参照元:https://jp.marketo.com/content/marketing-strategy.html


株式会社OREC

株式会社ORECは、年商136億円を誇る農業機械メーカーです。農家の不満や細かなニーズに寄り添う超顧客志向により、国内シェア40%超を実現しました。

製品の展示だけでなく、農業や食に関するイベントやセミナー・交流会を開催し、徹底的に顧客のニーズを把握。市場を調査し、ニーズに合致した商品開発・適切な手段で提供を行うことで成功した事例です。

参照元:https://www.tanabekeiei.co.jp/t/fcc_magazine/2019/post-421.html


マーケティングプロセスで効果的な戦略を打ち出そう

マーケティングプロセスを明確化することは、効果的な戦略に必要です。

特に企業担当者はWebで情報収集をしているので、今はBtoBビジネスに取り組む多くの企業が、Webマーケティングに力を入れています。

Webマーケティング組織を新たに立ち上げたいと考えている企業の担当者の方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

BtoB向け・Webマーケ組織立ち上げの教科書

  BtoB向け・ Webマーケ組織立ち上げの教科書 本書は、Webを活用した販売促進のために「新たにWebマーケティングの組織を立ち上げたい」という方にお勧めの資料です。立ち上げの際の「戦略設計」「目標設計」「施策と予算」「人の体制」「ツールの環境」についてまとめました。 Webマーケティングツール『ferret One』


弊社では、BtoBマーケティングに必要な機能をそろえたツール「ferret One」を提供しています。

1,000社を超える導入実績に基づき、マーケティングの戦略設計からサポート。営業体制の構築のノウハウも提供し、貴社のWebマーケティングを成功に導きます。ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

​​​​​​​

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ