マーケティングミックスとは?実例から活用方法までゼロから解説



マーケティングで具体的な戦略を立てる際に役立つのが、マーケティングミックスです。しかし概念的であるため、「調べてみたけど、いまいち理解できなかった……。」と感じることもあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、マーケティングミックスの実例から活用方法までを解説します。

マーケティングミックスにおすすめ!
【記入例付き】フレームワークテンプレート集 無料ダウンロードはこちらから

目次[非表示]

  1. 1.マーケティングミックスとは?
  2. 2.マーケティングミックス代表例「4P」「4C」とは
  3. 3.マーケティングミックスを成功させる3つの活用方法
  4. 4.適切にマーケティングミックスを活用してみよう


マーケティングミックスとは?

マーケティングミックスとは、​​成約率アップやリード獲得増加などのマーケティングの目的を果たすため、複数のマーケティング要素を組み合わせることです。

マーケティング戦略は、「環境分析・調査→基本戦略→具体施策」と、大きく3ステップで進めます。マーケティングミックスは、3ステップ目の「具体的施策」に当たります。


マーケティングミックス代表例「4P」「4C」とは

マーケティングミックスには、いくつかフレームワークがあります。

代表例となる考え方が、「4P」や「4C」です。マーケティング戦略を立てた上で、具体的にどのような施策でお客様へアプローチをするのかを考える際に役立ちます。

マーケティングミックス=「4P」と「4C」と言われるほどですので、マーケティングミックス初心者の方は、まずこの2つを使用してみてください。


4P

「4P」とは、「製品(Product)」「価格(Price)」「プロモーション(Promotion)」「場所(Place)」のそれぞれ頭文字を取ったものです。



①製品(product)

企業が生産する商品やサービスのことです。ターゲットにどのような価値を与えられるか「製品コンセプト」を策定し、実現させるために品質・デザイン・パッケージ・サポートなどのサービスを練り上げていきます。

製品なしではマーケティング戦略が実行できないため、マーケティングミックスの中で最も重要な要素と言えるでしょう。


②価格(price)

企業が生産する商品やサービスに、お客様が支払う対価である「価格」を決定します。価格が高すぎても低すぎても製品は購入されません。

競合との比較・ブランディング・コスト・お客様の価値相場観から適正な価格設定を行いましょう。


③プロモーション(promotion)

購入してもらうには、お客様に認知してもらう必要があります。SNS やキャンペーン、マス広告やオウンドメディアなど、さまざまなプロモーション手法が存在します。

ターゲットへ最も効果的にアプローチできる手法を選定していきます。


④流通(place)

製品とお客様を結びつけるルートを策定します。「広範囲に」「限定的に」「独占的に」「複数に」など、さまざまな選択肢があります。

売り上げやブランドイメージに直結する重要な要素のひとつです。

▼4P分析については、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
4P分析とは?進め方とBtoBでの業態別の事例を解説

  4P分析とは?進め方とBtoBでの業態別の事例を解説 マーケティングの施策を企画・立案する上で役に立つ手法「4P分析」。ただ4つの要素を調べるだけでなく、適切な手順でポイントをおさえながら進めていくことで、効果を最大化できます。この記事では、BtoBビジネスにおける4P分析の進め方を、事例を交えて解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


4C

「4C」とは、「顧客価値(customervalue)」「コスト(cost)」「コミュニケーション(Communication)」「利便性(convenience)」の頭文字を取ったものです。「4P」のように企業視点ではなく、消費者視点で見直そうとする考え方です。



①顧客価値(customervalue)

商品やサービスが購入者にもたらす価値のことで、4Pにおけるproductに当てはまります。製品の品質だけでなくパッケージやブランド力、ニーズにあっているかなど、さまざまな観点からお客様にとってどのようなメリットや価値を与えられるかを策定します。


②コスト(cost)

商品やサービスに、お客様が支払う価格に妥当な価値があるかどうかを考えます。商品の価格だけではなく、購入までにかかる時間や交通費などもコストとして考慮します。


③コミュニケーション(Communication)

お客様と接点をもつ手段のことを指します。「対面」「イベント」「SNS」「Webサイトの問い合わせフォーム」などが含まれます。


④利便性(convenience)

利便性とは商品やサービスの購入のしやすさです。「時間」「場所」などアクセス面や、インターネット上での購入は、「決裁のしやすさ」や「Webサイトの見やすさ」も考慮する必要があります。

▼4C分析については、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
4C分析とは? 4P分析・3C分析・SWOT分析との違い

  4C分析とは? 4P分析・3C分析・SWOT分析との違い 4C分析とは、顧客目線から自社の商品・サービスを分析してマーケティング戦略立案に役立てる手法です。4C分析だけでなく、他のフレームワークとのマーケティングミックスにより、分析だけでなく、具体的なマーケティング戦略の実行も設計できるでしょう。今回は、4C分析の基礎から4P分析・3C分析・SWOT分析との違いや、効果的な分析方法を解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


マーケティングミックスを成功させる3つの活用方法

マーケティングミックスを成功へ導くための活用方法を紹介します。


STP分析を行う

STPとは、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の略で、市場の細分化、狙っていく層の決定、市場における立ち位置を明確にすることを言います。



​​​​​​​適切な戦略を立案するには、まず市場価値や自社の強みや課題を理解する必要があります。マーケティングミックスは、分析データや基本戦略があってこそ、活きてくる戦略です。

▼STP分析については、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
STP分析とは?BtoBでの分析方法と便利なワークシート

  STP分析とは?BtoBでの分析方法と便利なワークシート BtoBビジネスの新規事業拡大や事業推進において、「STP分析」は必ずおさえるべきマーケティング手法のひとつです。この記事では、実際にどのようにSTP分析を進めればよいかを解説します。実際に現場で活用できる便利なワークシートも用意しましたので、ぜひ活用してみてください。 Webマーケティングツール『ferret One』


「4P」と「4C」どちらも使う

マーケティングミックスを使う際は、「4P」と「4C」を併用しましょう。

4Pは、具体的な行動を施策するのに便利です。一方4Cは、お客様のメリットを確認するために必要です。どちらも使用することで、漏れのない具体的施策を練れます。

ポイントは、4C→4Pの順で使うことです。お客様ありきで、マーケティング戦略を考えられます。


競合他社のマーケティングミックスと比べてみる

マーケティングミックスにおいて、競合他社との差別化を図ることも重要です。競合他社が、「4P」と「4C」をどのように使用しているか分析し、自社と比較してみるといいでしょう。

もしくは差別化させるために、最初から競合他社のマーケティングミックスを元に自社のマーケティングミックスを練るのも、ひとつの方法です。


適切にマーケティングミックスを活用してみよう

マーケティングミックスがなくては、マーケティング戦略を練ったとしても、市場のニーズと自社商品の整合性が取れておらず、企画が失敗に終わることになり兼ねません。

正しくマーケティングミックスを使用し、さらなる事業拡大に役立ててみてください。


弊社では、BtoBマーケティングに必要な機能をそろえたツール「ferret One」を提供しています。

1,000社を超える導入実績に基づき、マーケティングの戦略設計からサポート。貴社のWebマーケティングを成功に導きます。ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ