競合サイト分析とは?見つけ方やチェック項目、役立つフレームワークを解説

競合サイト分析とは?見つけ方やチェック項目、役立つフレームワークを解説


競合サイト分析とは、自社の競合企業のWebサイトを分析することです。

主にWebサイトを立ち上げる時やサイトリニューアル時、SEO対策時に行うべきものです。ただ、競合サイト分析は目的によってみるべきポイントが異なる点に注意しなければなりません。

そこで本記事では、サイト運営においてよく行われる競合サイト分析の目的や違いを整理します。

その上で、Webサイト立ち上げやサイトリニューアル時に特に役立つ「自社のポジションを明確にするための競合サイト分析」のやり方を解説します。

記事を読むことで、サービスの立ち位置や競合優位性を明確化することができるようになりますので、お悩みの方はぜひご覧ください!

■合わせて読みたい資料
他社に差をつける!競合分析の教科書

  競合分析の教科書 「競合分析」をすることで、他社との違いを踏まえたマーケティングに取り組むことができます。今回の資料では、競合分析をするための基本的な知識や手順をわかりやすくご紹介しています。 Webマーケティングツール『ferret One』


目次[非表示]

  1. 1.競合サイト分析とは?
  2. 2.競合サイト分析の目的
  3. 3.競合サイト分析のやり方
  4. 4.競合サイト分析に役立つフレームワーク4選
  5. 5.競合サイト分析に役立つツール3選
  6. 6.Webサイト立ち上げに競合サイト分析が必要な理由とは
  7. 7.自社のポジションを明確化するには、競合他社を知ることから


競合サイト分析とは?

競合サイト分析とは、自社の競合企業のWebサイトを分析し、自社サイトに活かすポイントを見つけることです。


競合分析サイト分析をいつ行うのか?

主にWebサイト立ち上げ時やサイトリニューアル時に行われ、サービスの立ち位置や競合優位性を明確にします。

また、SEO対策でも行われます。対策したいキーワードで検索結果上位に表示されているページの内容を参考に、自社の記事内容を考えることができます。


競合サイト分析の目的

競合サイト分析が必要な場面はさまざまで、その目的によって調査すべき対象も変わります。Webサイトにまつわる競合サイト分析の目的には、主に以下の2種類があります。

  1. 自社のポジションを明確化するための競合サイト分析
  2. コンテンツ戦略のための競合サイト分析


1. 自社のポジションを明確化するための競合サイト分析

競合他社のWebサイトを通じて、他社の商品・サービスの特徴やターゲット、打ち出す訴求などを探ることで、どの市場を狙っているのかを探ります。そして他社のポジションを明確にすることで、自社のポジションをはっきりさせていきます。

顧客は商品・サービス導入時には複数社のWebサイトを見て、比較検討します。その際に、顧客が知りたいのは「自社の課題解決に一番役立つ商品・サービスはなにか?」「この商品・サービスは他社よりどこが優れているのか?」ということ。

最終的には、競合サイト分析の結果を、自社サイトで打ち出すべき商品・サービスの訴求や掲載すべき情報に落とし込んでいきます


2.コンテンツ戦略のための競合サイト分析

マーケティング施策上の競合を調査し、適切な戦略を選択するために競合サイト分析を行います。

サービスとしての類似性は低いものの、上位表示を狙う検索キーワードやリスティング広告のキーワードがかぶっていれば、同ジャンルの商品・サービスを扱っていなくても競合として扱うといったこともあり得ます。

例えば、SEO対策時の新規記事作成やリライトで行います。上位表示の記事の内容を見て、自社記事に足りない情報を見つけていきます。

■合わせて読みたい資料
他社に差をつける!競合分析の教科書

  競合分析の教科書 「競合分析」をすることで、他社との違いを踏まえたマーケティングに取り組むことができます。今回の資料では、競合分析をするための基本的な知識や手順をわかりやすくご紹介しています。 Webマーケティングツール『ferret One』


競合サイト分析のやり方

競合サイト分析のやり方


競合サイト分析の目的によって、競合サイト分析のやり方は異なります。

Webサイト立ち上げ時やリニューアル時には「1.自社のポジションを明確化するための競合サイト分析」と「2.コンテンツ戦略のための競合サイト分析」は同時に考えられるのが理想ですが、この記事ではより優先度の高い「ポジションを明確化するための競合サイト分析」にテーマを絞って解説します。

「自社のポジションを明確にするための競合サイト分析」は、以下の3つの手順で行います。

  1. 競合サイト(サービス)を見つける
  2. チェック項目をもとに調査内容を整理する
  3. 自社のポジショニングを設定する

以下でそれぞれの手順を解説します。


1.競合サイト(サービス)を見つける

調査する競合サイトの見つけ方   以下のような点に着目し、 自社と共有点をもつ会社を探すことです。

  • 商品やサービス内容
  • 訴求内容
  • ターゲット
  • 提供する価値や解決できる課題

まずは、商品・サービス自体が類似するものを優先的にピックアップしてみましょう。

サービス内容が異なっていても、提供する価値が近い場合は競合になりえますので、必要に応じてピックアップをします。同じ課題を持ったターゲットにとって比較対象になるためです。


2.チェック項目をもとに競合サイトを調査する

ピックアップしたサイトを調査し、以下のようなポイントで調査内容を整理します。

  • TOPページのページタイトル
  • CTA
  • TOPページのキャチコピー(サービスを一言でどう表しているか)
  • サイトで押し出している商材の強み(商品のセールスポイントや重要な点)
  • デザイン比較
  • 掲載しているコンテンツ
  • 所感

比較しやすいように表にまとめて、サイトを見た際の所感も記入しておくのがおすすめです。その他、比較したい項目があれば追加していってください。

例)

サービス名

ferret One

TOPページのページタイトル

BtoBマーケティングをこれ1つで |ferret One

CTA

お問い合わせ/無料デモ/サービス紹介資料/導入事例集/セミナー/ホワイトペーパ

TOPページのキャチコピー

BtoBマーケにおけるリード獲得のお困りごとをまるっと解決

サイトで押し出している商材の強み

・運用実績に基づいた独自のBtoBマーケティングのノウハウ提供

・運用者視点で開発された学習コスト0のマーケティングツールの提供

デザイン比較


色味:青色基調で、アクセントカラーはピンク
情報量:操作画面動画や図が多く、視覚的に分かりやすい

掲載しているコンテンツ

ferret Oneとは/課題/業界別 活用法/導入事例・制作事例/料金・プラン/セミナー情報/動画でわかるferret One/お役立ち資料

所感

参考にできるポイント など

調査出来たら、自社がサービスのどういった部分をサイト内で押し出していくべきかを探っていきます。サイトリニューアル時には調査した競合サイトの情報とリニューアル前の自社サイトを比較しましょう。


3.自社のポジショニングを設定する

競合の中での自社のポジションを明確にするため、整理した情報をもとに分類・分析していきます。2軸を設定して以下のようなポジショニングマップを作成すると、現在の自社の立ち位置やとるべきポジションがわかりやすくなるのでおすすめです。

例)

ポジショニングマップ

例えば、「B社とは得意な内容がかぶっているが、toBとtoCという違いがあるのでそこが顧客にはっきりわかるように伝えよう」というように、競合他社との間のポジショニングを視覚化することでリニューアルの方向性も定まります


マップ設定の注意点①:似た軸は選ばない

注意すべき点として、ポジショニングマップの2軸を設定する際、似た軸や相関関係にある軸を選ばないようにしましょう

例えば「価格帯」と「スペック」を軸にしても、一般的に価格とスペックは比例しますので2軸である意味がありません。


マップ設定の注意点②:軸を考えるときはターゲットなどから考える

2つの軸はそれぞれ独立性の高いものを設定しなければなりません。

軸を何にするか考える際は「顧客メリット」「商品仕様」「ターゲット」などから考えるとよいでしょう。

  • 顧客メリット:商品やサービスを利用することで顧客が享受できるメリットを軸にする(例:節約できるコストの大小)
  • 商品仕様:商品やサービスの特徴を軸にする(例:シンプル⇔多機能)
  • ターゲット:ターゲットの種類を軸にする(例:BtoB⇔BtoC)


競合サイト分析に役立つフレームワーク4選

自社のポジションを明確にするフレームワークを紹介します。競合サイト分析と合わせて活用いただくと、より自社のポジションを明確にしやすくなります。


  • 業界環境を分析する「3C分析」
  • 内部環境と外部環境を分析する「SWOT分析」

  • マーケティング戦略を立てる「STP分析」

  • マーケティング戦略を分析する「4P分析」

それぞれ競合他社のサイトと自社サイトの強みや弱みをそれぞれ分析するのに用いられるフレームワークです。

フレームワークを覚えておくと報告書や分析レポートの作成など、情報をまとめる際にも便利に使えます。


業界環境を分析する「3C分析」

3C分析は、以下の3つの要素を洗い出すことで業界で自社が置かれている環境を分析するフレームワークです。

  • Customer:顧客
  • Competitor:競合
  • Company:自社

競合他社と顧客のニーズを分析して、自社の訴求するサービスの要素を考える際に有効です。

3C分析は簡単かつシンプルに結論が導き出せるため、最低限取り組んでおきたいフレームワークになります。

▼3C分析について、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください
【5分でわかる】3C分析とは?テンプレートを使ったかんたんなやり方

  【5分でわかる】3C分析とは?テンプレートを使ったかんたんなやり方 | Webマーケティングツール『ferret One』 事業を推進する上で欠かせない3C分析。手法を理解し、上手に活用していくことが事業の成功を左右します。 この記事では、BtoBマーケティングにおける3C分析のやり方を一からご紹介します。 Webマーケティングツール『ferret One』


内部環境と外部環境を分析する「SWOT分析」

SWOT分析は、以下の4つの英語の頭文字を取って付けられた代表的なフレームワークです。

  • S:Strong(自社の強み)
  • W:Weakness(自社の弱み)
  • O:Opportunities(機会)
  • T:Threats(脅威)

自社の強みと弱みだけを洗い出すだけでなく、外的要因から生まれるチャンスや機会損失の可能性を客観的に分析できます。

自社のポジションを業界内外から探っていくのに有効です。

▼SWOT分析について、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください
【図解&テンプレ付き】SWOT分析とは? 時代遅れにならないやり方を事例を踏まえ解説

  【図解&テンプレ付き】SWOT分析とは? 時代遅れにならないやり方を事例を踏まえ解説 | Webマーケティングツール『ferret One』 SWOT分析は経営戦略の代表的なフレームワークであり、提唱から50年ほどたった現在でもよく活用される手法です。今回は、SWOT分析の基礎から効果的な活用法、具体的なアクションプランまでの落とし込みを行う方法を解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


マーケティング戦略を立てる「STP分析」

STP分析とは、マーケティング戦略を立てるのに有効なマーケティングのフレームワークです。

  • Segmentation(セグメンテーション|市場を細分化する)
  • Targeting(ターゲティング|狙うべき市場を決める)
  • Positioning(ポジショニング|自社の立ち位置を見極める)

自社のポジショニングを見極めるための、順序だてた思考を示してくれています。

競合サイト分析や3C分析、SWOT分析などで自社のポジショニングを見極めるために必要な材料が集まったら、STP分析でポジショニングを明確にしていくとよいでしょう。

「市場のどこを狙っていくのか」を判断し、そこで勝ち抜くためにどのようなマーケティング戦略が効果的かを見極めるのに有効です。

▼STP分析については、こちらの記事も参考にしてみてください
STP分析とは?戦略を導き出すやり方と実践のコツ【テンプレ付】

  STP分析とは?戦略を導き出すやり方と実践のコツ【テンプレ付】 | Webマーケティングツール『ferret One』 BtoBビジネスの新規事業拡大や事業推進において、「STP分析」は必ずおさえるべきマーケティング手法のひとつです。この記事では、実際にどのようにSTP分析を進めればよいかを解説します。実際に現場で活用できる便利なワークシートも用意しましたので、ぜひ活用してみてください。 Webマーケティングツール『ferret One』


マーケティング戦略を分析する「4P析」

4P分析は、以下の4つの視点から構成されたフレームワークです。

  • Product:製品
  • Price:価格
  • Place:流通
  • Promotion:販売促進

自社のサイトやサービスと競合他社が取る販売戦略を比較する際に用いられるフレームワークです。4P分析をすることで競合分析シートが簡単に作成でき、自社と比較しやすい資料作りにも役立ちます

▼詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください
4P分析とは?進め方とBtoBでの業態別の事例を解説

  4P分析とは?進め方とBtoBでの業態別の事例を解説 | Webマーケティングツール『ferret One』 マーケティングの施策を企画・立案する上で役に立つ手法「4P分析」。ただ4つの要素を調べるだけでなく、適切な手順でポイントをおさえながら進めていくことで、効果を最大化できます。この記事では、BtoBビジネスにおける4P分析の進め方を、事例を交えて解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


▼競合調査のフレームワークについて詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです
【基本】競合調査の方法とは?すぐ実践できるフレームワーク集

  【基本】競合調査の方法とは?すぐ実践できるフレームワーク集 | Webマーケティングツール『ferret One』 競合調査とは、自社のライバルとなる企業の商品やサービスを比較分析するための調査のことです。この記事では競合調査のやり方について、基本的な知識を交えながら解説していきます。 Webマーケティングツール『ferret One』


競合サイト分析に役立つツール3選

Webサイトの競合サイト分析でおすすめなのが、以下の3つのツールです。

  • 流入元やエンゲージメントを確認できる「SimilarWeb」

  • 競合サイトのSEO対策状況がわかる「Ahrefs」

  • ユーザーの属性を確認できる「Dockpit」


流入元やエンゲージメントを確認できる「SimilarWeb」


SimilarWebは、競合サイトの調査では代表的な無料で使えるツールです。

サイトの流入元やWebサイトのエンゲージメントなどを表示してくれるので、競合サイトと自社サイトの比較分析に利用できます。

世界中のWebサイトを分析できるため、海外サイトを参考にしたい際にも有効です。

公式サイト:https://www.similarweb.com/ja/


競合サイトのSEO対策状況がわかる「Ahrefs」

Ahrefs


Ahrefs は、競合サイトをSEOの観点から調査できるSEOツールです。

競合サイトの検索上位キーワード、被リンクの数、ドメインパワーなどを可視化してくれます。
Webサイト立ち上げ時やリニューアル時には、Webサイト公開後どのような記事を公開していくべきかマーケティング戦略を考えるのに役立ちます。

また、自社が対策したいキーワードの上位を獲得しているWebサイトが分かることから、自社の競合サイトを見つけるのにも活用できます。

公式サイト:https://ahrefs.jp/


ユーザーの属性を確認できる「Dockpit」

Dockpit


Dockpitは、無料でも利用できるサイト分析ツールです。

サイトのユーザー数だけでなく、訪問ユーザーの性別、年齢、エリアなどもグラフィック情報で取得できるので、詳細な競合分析ができます。

最大5サイトの結果を一括表示でき、ダッシュボードで分析できるため、初心者にも優しいツールとなっています。それらの情報は、モニター登録に同意した国内最大規模約250万人のネット上での行動データを元に算出されます。

ユーザーの流入経路の全体像を確認したい場合はSimilarWeb、より詳細な分析へと深めたい場合はDockpitがおすすめです。

公式サイト:https://www.valuesccg.com/dockpit/


Webサイト立ち上げに競合サイト分析が必要な理由とは

そもそも、Webサイト立ち上げ時やサイトリニューアル時、自社サービスのポジションを明確化しなくてはいけないのはなぜでしょうか。

それは、数ある選択肢の中から「選んでもらうため」です。


顧客には複数の選択肢がある

顧客へ向けてメッセージを発信する際、企業側はターゲットを絞り、ペルソナを設定し、その層に合わせた伝え方を考えます。

これに対し、顧客側はその企業だけを見ているわけではありません。顧客側には競合他社を含めた複数の選択肢があります

顧客は当然それらを比較検討しながら意志決定します。機能、価格、サポートなどを比較されたとき、勝ち抜けるポイント、つまりUSPを持っていないと顧客から選んでもらえません。

USPの記事でも解説しましたが、USPとは他社にはない自社独自のセールスポイントのことです。競合他社のことをよく知らないままでは、「他社にはないものが何か」「自社だけが持っているものは何か」はわかりません。

複数の選択肢の中から選ばれるためのUSPを考えるには、競合サイト分析が必要不可欠なのです


BtoBは特に競合サイト分析が大切

特にBtoB商材は、以下のような要因によって顧客側がより一層厳しい目で比較・検討する傾向があります。

  • 高価格な商品が多い
  • 検討者=意思決定者ではなく、決裁者も含めての合意が必要
  • 導入した場合に会社としてどの程度利益貢献するのかを合理的に判断される

複数人の厳しい目を通って選ばれるためには、しっかりと自社として前面に打ち出すべき強みを明確にしておかなければなりません。だからこそ、BtoBでは特に競合サイト分析が大切なのです。

▼BtoBサイトについては、こちらの記事で詳しく解説しています
BtoBサイトの役割と制作方法とは?マーケターが解説!

  BtoBサイトの役割と制作方法とは?マーケターが解説! | Webマーケティングツール『ferret One』 BtoBサイトとは、見込み顧客を増やし、売上高アップに繋げるために、BtoB企業が運営しているWebサイトことです。本記事ではBtoBの購入プロセスを踏まえたBtoBサイトの目的・役割を説明した上で、効果的な制作方法・運営方法まで解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


自社のポジションを明確化するには、競合他社を知ることから

Webサイト制作時・サイトリニューアル時に重要なのは「自社サービスのポジションを明確化するための競合サイト分析」です。競合他社をよく知り、その強みや戦略を比較・分析することで、競合の中での自社のポジションやマーケティング戦略が明確になります

成果の出るサイトへリニューアルするために、今回紹介した3つの手順と分析例を参考にして競合サイト分析にチャレンジしてみてください。

Webサイトの競合分析についてのさらに詳しい情報は、下記の資料にまとめております。享保サイト分析に役立つ内容ですので、ぜひ本記事と合わせてご活用ください。
他社に差をつける!競合分析の教科書

  競合分析の教科書 「競合分析」をすることで、他社との違いを踏まえたマーケティングに取り組むことができます。今回の資料では、競合分析をするための基本的な知識や手順をわかりやすくご紹介しています。 Webマーケティングツール『ferret One』


BtoBサイトの作成・リニューアルをご検討中ならferret OneのCMSがおすすめです。

Webサイトをパワポ感覚で見たまま編集できるので、日々のちょっとした更新や施策実行を自分ですぐに行えます。ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら


▼あわせて読みたい「サイトリニューアル 」シリーズ

BtoBサイトリニューアルで失敗しないために 押さえておきたい7つのポイント

ポイント1:サイトの目的・目標を設定しよう

ポイント2:サイトのミッションを設定しよう

ポイント3:ペルソナを設定しよう

ポイント4:USPを見つけよう

ポイント5:競合サイト分析をしよう(この記事)

ポイント6:キャッチコピーを磨き込もう

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「リード獲得の打ち手が見つかるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

記事を探す

リード獲得施策を探す

Webサイト改善方法を探す

マーケティング戦略設計方法を探す

マーケティング組織の作り方を探す

マーケティングツールの活用方法を探す

マーケターへのインタビュー記事を探す

登録番号 IA180169 適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014