リライトがSEOの勝負を決める!記事の選定方法と修正のやり方


Webメディアを立ち上げてコンテンツマーケティングを行っていると、検索流入を集められるページと、検索順位が伸び悩むページに分かれてきます。

検索順位が伸び悩むページには必ず「理由」があります。その理由を見極めてリライトを行い、効果検証することが重要です。

公開記事の検索順位は重要なヒントであり、メディアの財産となります。

そこでこの記事では、当サイト「One Tip」でも実践している、SEOにおけるリライトのポイントや進め方について解説します。

目次[非表示]

  1. 1.コンテンツマーケのリライトとは?重要である理由
  2. 2.リライトの手順①記事の選定
  3. 3.リライトの手順②記事の分析
  4. 4.リライトの手順③リライト記事の作成
  5. 5.リライトの手順④順位チェック
  6. 6.まとめ:SEOのコンテンツマーケは記事を検証してからが勝負


コンテンツマーケのリライトとは?重要である理由

リライトは、一度書いた記事を修正することで、SEOを改善するために行います。SEOは「運」ではありません。Googleのアルゴリズムによって、順位が決められています。

Googleのアルゴリズムは公開されておらず、各キーワードによっても傾向が異なります。それらを完全に把握しているSEOの専門家は存在しません。それぞれに「ヒント」を探して仮説を立てているのです。

メディアに公開した記事の検索順位は、「結果」ではなく「ヒント」と言えます。順位は随時変動するため、なぜその順位だったかを分析して仮説を立て、リライトして検証しましょう。

試行錯誤を繰り返すことで、検索順位を上位にする可能性を高めることができます。

「リライトしたら順位が上がった」「リライトしても順位が変わらなかった」という経験を繰り返し、狙うジャンルの適切なSEOを理解してください。編集長がメディアが狙うジャンルのSEOにおけるスペシャリストになることが理想です。この経験は新規記事の作成にも活きます。


リライトの手順①記事の選定

リライトの手順として、まずどの記事をリライトするかを判断します。リライト記事を選定する時は、相対的に検索順位が伸び悩んでいる記事を選ぶようにしてください。

すべての記事をリライトする必要はありません。とくに1ページ目に表示される10位以内の記事は、リライトすることで逆に検索順位を落としてしまうリスクも考えられます。

ジャンルの傾向が判断しにくい間は、上位記事を安易にリライトしないようにしましょう。

最初に取り組むべきは、11位〜50位程度に留まっており、伸び悩んでいる記事です。検索エンジンが反応はしているけど、10位以内に入るほどの決め手に欠けているという傾向があります。

検索順位上位に行く決め手はどこなのか、競合サイトを見て、差を探りましょう。


リライトの手順②記事の分析

リライトするときには、どうすれば上位に上がるのか「分析」することが必須です。

分析から、仮説をつくり、仮説に基づいてリライトして検証することが、メディアの知見となります。

分析する時にチェックすべきポイントは主に以下の通りです。


検索者の疑問を解決できているか

SEOの基本であり、第一にチェックしなければならない項目です。

まず重要なのは、検索者の疑問を網羅しているかという視点です。SEO対策をした記事をつくる以上は「検索者が持つ疑問はこの記事ですべて解決し、検索行動を終わらせる」という気概でコンテンツをつくらなければなりません。

検索者の疑問を網羅できていない記事は力不足です。検索上位の記事がどんな話題に触れてるのかを分析し、自社記事に足りない部分があれば追加しましょう。

次いで重要なのは、構成の順序です。検索者が知りたい順番に構成されていない記事は、読者の離脱を招きます。

記事の内容は足りているものの、構成の順序が悪く、離脱を招いている場合もあります。顕在的な疑問がなかなか解決されない状態であれば、手を加えましょう。


記事内容にオリジナリティがあるか

記事の中に、競合サイトにはないようなオリジナリティのある内容があるかどうかを確認してください。

オリジナリティにはさまざまな種類があります。自社の事例から解説を入れることもオリジナリティですし、他にはない図解を入れてわかりやすく説明することもオリジナリティです。

どのような書き方をすれば、読者の満足度が上がるのかを検討して、コンテンツ内容を練ってください。


専門性の高い内容になっているか

競合サイトとの優位性を考えると、専門性の高さが重要です。

業務に携わった担当者だからこそ書ける内容を積極的に入れることで、競合サイトには真似できない内容をコンテンツに加えられます。

読者がすぐに行動に移せるような、細やかな具体的な訴求をすることが重要です。Googleは検索者の回遊も見て、検索順位に影響させていると言われています。

自社サイトの記事を最後に検索行動を終わらせられることで、コンテンツが評価されて検索順位が上昇しやすくなります。


惹きつけるタイトルになっているか

記事のタイトルは検索結果に表示され、検索者に選ばれたタイトルがクリックされます。もちろん、クリックされる確率(CTR)が高ければ高いほど、検索順位は上昇するので、タイトルは重要です。

検索結果の中で選ばれるタイトルになるには、読者に「この記事に望んだ内容が載っている」と思ってもらうことが大切になります。競合サイトと比較して「もっとも期待できる」と感じてもらうことが必要です。

記事のポイントを具体的に訴求することで、検索者を惹きつけましょう。

また、タイトルや見出しにはなるべく狙っている検索キーワードを入れてください。目に留まりやすいように前半にキーワードを入れるのが基本です。


SEOの基本を忘れていないか

SEOを行う上で基本的な事柄が抜けていないかも注目です。意外と抜け落ちていることがあるので注意しましょう。

  • タイトルにキーワードが入っていない
  • 見出しにキーワードが入っていない
  • 同じドメインの中に重複したコンテンツがある
  • 記事に使用している画像ファイルが重すぎる

以上のような内容が当てはまる場合、改善を施すだけで、記事の内容を加筆しなくとも検索順位が上がる可能性があります。ぜひ試してみてください。


リライトの手順③リライト記事の作成

記事の分析が終われば、いよいよリライトスタートです。リライトを行う時に重要となる要素をご紹介します。


リライトの基本は加筆修正

記事の修正を行うときは、基本的に元内容の削除をせず、加筆する形で修正を行うようにしてください。

安易に過去記事の内容を削除してしまうと、記事の評価されていた部分を削除してしまい、かえって評価を落としてしまう可能性があります。

誤りがある場合をのぞき、基本的には記事の内容はそのまま残し、新たな内容を加えるという方法で修正しましょう。ちなみに構成の順序を検索者のニーズに合わせて変更するのは問題ありません。


ライターに依頼するときは意図を共有

加筆部分の執筆を外部のライターに依頼する場合は、元記事を見せて、リライトの意図を共有するようにしてください。

元記事にどのような切り口が足りないのか、そして、なぜ加筆をするのかを伝えましょう。加筆を担当するライターにも同じ意図を持って執筆してもらうことで、記事の一貫性を守ります。


競合にない深い取材

競合に情報の質で勝たなければ、検索順位で上位には上がれません。

競合でもできていないような、質の高い取材を行うようにしましょう。ネットの記事だけでなく、書籍やYouTube動画、経験者へのインタビュー。もっとも差がつくのは、自社に存在する専門家への取材です。

オリジナリティのある取材を行うことができれば、自ずと記事の質は高くなります。


リライトの手順④順位チェック

記事を公開したら、公開直後の順位変動には細心の注意を払ってください

もし公開後に検索順位が10位以上落ちたら要注意です。何らかの原因で評価を下げた可能性があるので、すぐにリライト前の状態に戻し、順位変動を見守るようにしてください。

記事の順位が大きく変動しない場合や、順位が上昇した場合はそのまま順位変動を見守り続けて大丈夫です。

順位変動がなかなか起きない場合も、1〜2ヶ月以上経過してから順位が上昇し始めるケースもありますので、焦らず待ちましょう。

リライトして順位が変動したら、なぜ順位が変動したのか、仮説をしっかり考えておいてください。その仮説は次回以降のリライトや、新規記事の作成時に役立ちます。


まとめ:SEOのコンテンツマーケは記事を検証してからが勝負

SEOを用いたコンテンツマーケティングを行う場合「リライト記事がうまくいくか」からが勝負になります。リライトは、自サイトの順位動向を見つめ、ヒントを集めた上での仮説を取り入れた内容になっているからです。

新規記事やリライト記事の検索順位はよくチェックするようにしましょう。

狙いたいページがなぜその順位になったかを分析することで「こうすれば検索上位の記事作成ができる」という仮説を立てるのです。

その知見こそが、コンテンツマーケのノウハウとなります。リライトはもちろん、新規記事も成功へと導いてくれるでしょう。

P→Dで終わる仮説検証を行わないコンテンツマーケティングから脱却しましょう。PDCAを回して、そのジャンルのSEOスペシャリストになれるよう、挑戦してみてください。



弊社では、コンテンツマーケティングを始めとするBtoB事業に必要な機能がそろったマーケティングツール「ferret One」を提供しています。

リード獲得・サイト制作(CMS)・お問い合わせ管理・LP作成など、BtoBマーケティングの強化をお考えの方は、ぜひ無料の資料をご覧くださいませ。

ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

Documents

人気ダウンロード資料

3つのステップで始める
オンラインからのリード獲得術

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

Seminar

開催予定のセミナー


Ranking

週間人気記事ランキング

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ