コンテンツマーケティングを代行/外注する時の注意事項、ポイント

コンテンツの作成の代行は、自社のリソースをそれほど割かずに集客の仕組みを構築することが期待できます。しかし、依頼には注意点があり、事前に知っておけば防げるトラブルも多くあるのが実情です。

そこで今回は、コンテンツマーケティングの代行や外注を検討しているマーケティング担当者や経営者に向けて、失敗しないためのポイントを紹介します。
​​​​​​​

目次[非表示]

  1. 1.コンテンツマーケティングを代行してもらうメリット
  2. 2.コンテンツマーケティング代行をスムーズに進めるためのポイント
  3. 3.コンテンツマーケティングを代行してもらう際のチェックポイント
  4. 4.コンテンツマーケティングの代行は目的に合わせて適切に活用しましょう


コンテンツマーケティングを代行してもらうメリット

コンテンツマーケティングを外部業者へ委託することによって得られるメリットを詳しく紹介していきましょう。

ちなみに、コンテンツマーケティングの基本と企業がコンテンツマーケティングに取り組むメリットについては以下で紹介しています。

  BtoB企業が今、コンテンツマーケティングを実施すべき理由と成功事例10選 コンテンツマーケティングは、BtoCビジネスだけではなく、BtoBビジネスでも有効な手法です。この記事では、BtoBビジネスでコンテンツマーケティングが有効である理由と、実際に成果を出しているBtoBビジネスの事例をご紹介します。 Webマーケティングツール『ferret One』


リソース不足でもコンテンツマーケティングが可能

自社内にマーケティング部門を設置できておらず、リソースを十分に割けない場合は、思うようにコンテンツマーケティングを進められません。

このような状況でも代行してもらえば、十分な体制でコンテンツマーケティングを進められます。リソース不足を補ってくれるのが、代行や外注の最も大きなメリットです。


自社リソースの消費を抑えられる

コンテンツマーケティングを始めてから「思った以上に労力が掛かっている」と負担に感じることはありませんか。

コンテンツマーケティングを進めるにあたっては、コンテンツの制作から編集、解析などの工程で多くの作業が発生します。

実際に、一度自社内でコンテンツマーケティングを始めてから代行を検討するということも多くあります。そういった会社は、代行により自社リソースの消費を抑えられた結果、その他のマーケティング施策にリソースを集中することができたのです。


高いスキルやノウハウを活用できる

もし自社内にコンテンツマーケティングの実務経験を有する人材がいない場合、費用を払ってでもスキルやノウハウを持つプロに依頼した方が効率が良い可能性があります

自社内でコンテンツマーケティングのスキルやノウハウを有していなくても、代行してもらえばプロのスキルやノウハウを活用できます。


内製と代行のバランスが重要

コンテンツマーケティングの成果を最大化するためには、代行だけに頼るのではなく自社での内製とバランスを取ることも重要です。

事例や自社しか持っていないノウハウコンテンツは、社内で内製した方がよりオリジナリティのあるコンテンツがスピーディに作れるでしょう。

一方、検索結果からの流入獲得のためにSEOを意識した記事は、専門の会社に代行依頼したほうが成果が出やすい場合もあります。

コンテンツの内容や自社リソースを考慮し、内製と外注のバランスをとることも重要です。


コンテンツマーケティング代行をスムーズに進めるためのポイント

コンテンツマーケティングの代行を、スムーズに進めるためのポイントを紹介していきます。


目的・目標を設定しておく

コンテンツマーケティングで達成したい目標を明確にしておきましょう。目的・目標なしでは、どのような施策をすべきか、何を持って成功とするのかがわかりません。目的としては、次のようなものが考えられます。

  • 見込み客との接点を作りたい
  • WEBサイトから問い合わせを獲得したい
  • サービスサイトに誘導して会員登録を促したい

実際にはゴールとなる目的から、いわゆるKGI(目標指標)やKPI(中間指標)といった数値指標に落としておくこと重要です。たとえば、下記のように設定してみましょう。

  • KGI:WEBサイトからの問い合わせ件数月間20件
  • KPI:検索結果からの流入ユーザー数月間2,000人

目的を明確にしておけば、代行会社の選定や依頼がスムーズになりますし、社内での意思統一も図れます。


コンテンツマーケティングを代行してもらう際のチェックポイント

コンテンツマーケティング代行をうまく活用して成功するために、ポイントを押さえておきましょう。


自社のテーマ・ジャンルを得意としているか

代行会社によっては、自社のテーマやジャンルを得意としていないことがあります。

BtoB企業ならBtoB企業のコンテンツマーケティングを代行してきた代行会社を選ぶほうが安心です。

ただし、必ずしも自社のテーマを得意とする代行会社が見つかるわけでもありません。その場合は、以下のポイントを重視してみてください。


実績があるか

コンテンツマーケティングの実績が豊富な代行会社を選びましょう。特に、依頼するテーマでの実績があるかどうかをチェックすると安心です。

動画やオウンドメディア、ホワイトペーパーなど幅広いコンテンツを扱う知識やノウハウは十分にあるか、過去の実績で判断するようにしてください。


戦略設計や運用コンサルティングまでサポートしているか

コンテンツ制作を代行するだけの会社も数多くあります。

自社内でノウハウがない場合は、戦略設計や運用コンサルティングまでサポートしている会社に依頼しましょう。


進捗状況など情報共有に積極的か

コンテンツマーケティングの代行では、自社のパートナーとして伴走していけるかどうかが大事です。

代行を依頼してから、進捗状況がわからないと不安になるのはもちろん、取組みを中止するという判断にも繋がりかねません。だからこそ、情報共有などに積極的かをチェックしておくべきです。

また、細かい状況などまで情報共有してくれる代行会社なら、自社がコンテンツマーケティングのノウハウを得るきっかけとなる可能性もあります。


コンテンツマーケティングの代行は目的に合わせて適切に活用しましょう

コンテンツマーケティングを代行してもらえば、自社のリソースが不足していたとしても、プロである代行会社の高いスキルやノウハウを活用できます。

ただし、代行してもらう際には内製と外注のバランスを考慮しておくことが重要です。代行会社と自社の強みを整理しながら、コンテンツマーケティングをうまく進めましょう。

本記事で紹介したポイントを押さえ、目的を整理した上で代行会社を活用しましょう。

弊社が持つコンテンツマーケティングのノウハウは、以下の資料にまとめています。もしノウハウ不足に悩んでいるのであれば、ぜひご覧ください。

>BtoB事業者向け!コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイド


なお弊社では、コンテンツマーケティングのノウハウやスキルがないBtoB企業のマーケティングを支援するマーケティングツール「ferret One」を提供しています。

ferret Oneは以下のような特徴がありますので、ぜひ自社の集客の仕組み作りにお役立てください。

  • Web制作からリード獲得・顧客管理までBtoBマーケティングがこれ1つでできる
  • 成功のためのツールとノウハウがセットに

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード(無料)はこちら



One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_