最新のMAツール比較7選|ツールでできることや選ぶポイントを解説

マーケティングには特有のノウハウや人員が必要となるため、効率化するのはなかなか難しいものですよね。そんな場合には、MA(マーケティングオートメーション)ツールがおすすめです。

しかしMAツールには種類が様々あり、選び方に注意しなければなりません。この記事では、MAツールの選び方やおすすめのMAツールを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.MA(マーケティングオートメーション)ツールとは
  2. 2.MAツールの導入前に確認すべきこと
  3. 3.MAツールを設計、運用するためのマーケティングノウハウがあるか
  4. 4.MAツールでできること
  5. 5.MAツールの主な機能
  6. 6.BtoB向けMAツールの選び方
  7. 7.おすすめのMAツール7選
  8. 8.MAツールと連携すると便利なツール
  9. 9.MAツールは機能性と外部ツールとの連携が重要


MA(マーケティングオートメーション)ツールとは

MAツールとは、マーケティング活動を可視化し自動化できるツールのことです。

マーケティングに伴う作業は、見込み客の獲得から顧客情報の管理、リード客の育成・絞り込みなど多岐に渡ります。マーケティング活動には人手と時間、手間が必要です。

MAツールはそのような複雑な作業を自動化し、効率的なマーケティング活動を実現します。

ちなみにMA市場は年々拡大傾向が続いており、2020年の市場規模は前年比11.3%増の447億3500万円まで成長しているというデータがあります(※)。

DMP / MA市場に関する調査を実施(2020年)


MAツールの導入前に確認すべきこと

マーケティング活動の効率化につながるMAツールですが、ツールの導入には適切なタイミングがあります。

まずはMAツールを導入すべきタイミングにあるかどうか、下記のチェック項目を確認してください。


サイトに十分なトラフィックやリードがあるか

MAツールはトラフィックが多ければ分析精度が高まり、営業効率を高めることができます。

十分なトラフィックがないとリードの傾向を正確に分析できず、確度の低い顧客や誤った顧客へのアプローチを行ってしまう可能性があります。


MAツールで活用するためのコンテンツがあるか

MAツールの活用には、商品認知のための情報や価格、他社サービスとの比較など様々なコンテンツをサイトに充実させておくことが必要です。

顧客がどのコンテンツに関心があるかをMAツールによって分析できるようになるので、優先度の設計や質の高い営業トークにつなげられます。


社内リソースを確保できるかどうか

MAツールの活用にあたり、マーケティング担当者とインサイドセールス担当者の時間を十分に確保できるかどうか確認してください。

ツールの設計・操作・改善、コンテンツの作成、育成されたリードへの対応など、各担当者が連携して施策に取り組むことで、成果を最大化できます。


MAツールを設計、運用するためのマーケティングノウハウがあるか

MAツールは様々なマーケティング業務を行うため、マーケティングに関するノウハウを持った人員が必要となります。知識・経験の浅い人員では、MAツールを運用できず効果を十分に発揮できなくなる恐れがあります。

具体的には、マーケティングやWeb広告、SEO、メールマーケティング、LPOなどの幅広い知識を持った人材が理想です。

担当できる人員が不在の場合は、MAツールを導入する前に社内で育成する、もしくは人材を採用する、外部コンサルに依頼するなどの必要があります。

MAツールを導入すべき段階ではない場合、まずはWebサイトやリソース確保を優先し、下地を作ることが重要です。


MAツールでできること

ここからは、MAツールでできることについて紹介していきます。MAツールが自動化・効率化できるのは、下記の業務です。


見込み客リストの収集・蓄積

MAツールはリードの収集・管理機能によって、企業名や担当者名、役職などの基本情報だけでなく、サイトへの訪問履歴や流入経路なども管理できます。

獲得したリード情報は、社内でデータベースを共有して、マーケティング施策の最適化に活用可能です。


コミュニケーションによる見込み顧客の育成

MAツールは、見込み客の創出(リードジェネレーション)だけでなく育成(リードナーチャリング)までが可能です。

顧客のニーズに沿って適切なメールやブログ記事などを配信することで、顧客の関心に合わせた適切な情報を提供することができます。


見込み客の行動履歴の確認

MAツールでは、見込み客の行動履歴を蓄積・共有することで、見込み客の確度をスコアリングし、設定した優先度に従って営業活動を行うことができます。

行動履歴の確認を行うことで、対策すべきポイントを絞ることも可能です。

例えば、他社との比較検討をしているユーザーが多いとわかれば、比較検討に関するコンテンツを充実させることで、より顧客獲得に貢献します。


MAツールの主な機能

MAツールには下記のような機能があります。

  • リード管理機能
    顧客情報を一元管理する

  • スコアリング機能
    顧客の確度をスコア化し営業活動を効率化する

  • キャンペーン管理機能
    獲得までの各行動のタイミングで、行うキャンペーンの設計を行う

  • メールマーケティング機能
    見込み客の興味関心の度合いに応じて、適切なメール配信を行う

  • CRM・SFA連携機能
    外部の顧客情報管理システムや営業管理システムと連携して、マーケティングを効率化する

  • アラート機能
    サイト訪問時などユーザーの特定の行動時に、担当者へ通知が届く

  • LP・フォーム作成機能
    ランディングページやフォームを簡単に作成する


外部ツールやシステムと連携できる

MAツールは、名刺管理ツールや営業管理システム、顧客情報管理システムなどの外部ツールと連携することで、より効率的な営業活動を実現します。

すでに利用しているツールがあれば、それらのツールと連携させられるかどうか確認するとよいでしょう。


BtoB向けMAツールの選び方

ここまで、MAツールの主な機能性について紹介しましたが、実際に選ぶ際は次の3点に注意して選んでください。


必要な機能が備わっているかどうか

自社のマーケティングに必要な機能とは何かを決めることから始めましょう。

社内に制作のリソースが足りない場合はフォーム作成などの機能は魅力的ですが、反対に社内で作成できる場合は機能性としての優先度は低くなります。

MAツールにも様々な種類があります。自社にとってどんな機能が重要なのか、目的意識を持って比較しましょう。


既存の他システムやツールと連携できるかどうか

各MAツールが連携できるツールを調べ、自社で利用しているツールがないか確認しましょう。

自社で連携させたいツールは何か、またそれをどのようにマーケティングの効率化に繋げていきたいかも、しっかり計画するようにしてください。


サポート体制が整っているかどうか

MAツールは多機能なものが多く、使いこなすのに時間がかかることもあります。そのため、サポート体制が充実しているものを選ぶようにしてください。

外国製のMAツールを選ぶ場合、日本語のサポートに対応しているかどうかは、重要です。


おすすめのMAツール7選

MAツールはサービスによって細かな機能性が異なります。自社にとって必要な機能が備わっているかどうか比較し、検討するMAツールを絞るようにしてください。


Salesforce Pardot

Salesforce Pardotは顧客管理ツール「SalesForce」で有名なセールスフォース・ドットコム社が提供するMAツールです。

セールスフォースの運営するMAツールだけあって、Pardotはセールスフォースとの連携が大きな特徴です。セールスフォースのCRMと連携することで、CRMに登録している顧客情報をもとにマーケティングを効率化できます。

またレポーティング機能が充実しており、投資対効果(ROI)を確認しながらマーケティング活動を進めることが可能です。

サイトURL:https://www.salesforce.com/jp/products/pardot/overview


Marketo Engage(マルケト エンゲージ)

マルケトエンゲージはソフトウェア開発で有名なアドビ社が提供するMAツールです。2021年3月現在、全世界で約5000社以上が利用しており、幅広いマーケティング活動をサポートしてくれます。

メールの配信やフォームの作成、再購入に向けた関係性構築など、豊富な機能を持っていることが大きな特徴です。顧客とのエンゲージメント向上のための施策をサポートしてくれます。

マルケトエンゲージは外国製ツールですが、日本語のマニュアルやユーザーのオンラインコミュニティもあるので、活用するとよいでしょう。

サイトURL:https://business.adobe.com/jp/products/marketo/adobe-marketo.html


SATORI

SATORIは効率的に見込み客を増やす機能が充実しており、集客を強化したい企業にお勧めのMAツールです。

メールアドレスのない匿名状態のサイト来訪者に対してもアプローチできる「アンノウンマーケティング機能」は他にはない特徴となっています。

日本製なので、日本企業には使いやすいサポート体制が整っています。オンラインサポートや無料のセミナーなども実施されているので安心です。

サイトURL:https://satori.marketing/


Hubspot Marketing hub

Hubspot Marketing hubは、アメリカのHubSpot社が提供するMAツールです。サイト訪問者を惹きつけ、リードへ転換するための機能が充実しています。

ブログやSNS、動画、チャットなどを活用し、ユーザーに合わせた最適なメールを配信したり、数多くのテンプレートを用いてWebサイトを制作したりすることが可能です。

サイトURL:https://www.hubspot.jp/products/marketing


b→dash(ビーダッシュ)

b→dash(ビーダッシュ)は、膨大なデータを簡単に扱うことができるMAツールです。

「データパレット」機能で、データの連携から統合、加工、抽出まで、SQLなどの知識・スキルがなくてもツール上の画面操作のみで完結させることができます。抽出したデータはメールマーケティングや分析、広告やSMS配信など様々なマーケティングに活用することができます。

調査・分析に係る時間を大幅に短縮できるため、エンジニアのリソースが少ない企業などにおすすめのMAツールです。

サイトURL:https://bdash-marketing.com/


Kairos3

Kairos3は月額制のリーズナブルなMAツールで、中小企業などにおすすめのMAツールです。

初期費用として十数万円以上必要なMAツールが多い中、Kairos3の初期費用は10,000円で済みます。月額料金もサイト規模に応じて変動する仕組みで、月間300,000PVの中規模サイトでも、月額料金は65,000円で利用できます。

機能もリード管理やメール配信、フォーム作成、スコアリング機能など、MAツールとしての基本的な機能は押さえられています。

最低利用期間は6か月から利用できるため、初めてMAツールを使い、お試しで導入してみたい企業にもおすすめのMAツールです。

サイトURL:https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation


シャノンマーケティングプラットフォーム

シャノンマーケティングプラットフォームは、日本企業のシャノンが提供するMAツールです。
基本のリード管理やLP・フォーム作成機能、SNSマーケティング機能、分析機能など、様々なマーケティング機能を活用できます。
日本製MAツールならではのきめ細やかなサポート体制も魅力で、導入時の不安から操作性に関する疑問、運用方法に関する質問まで、様々な相談が可能です。

サイトURL:https://www.shanon.co.jp/products


MAツールと連携すると便利なツール

MAツールは多くが外部のツールと連携することで、機能性が向上します。BtoBマーケティングツール「ferret One」は、MAツールとの相性も良くおすすめです。

ferret Oneはリード獲得に強みのあるツールであるため、ferret Oneで獲得したリードをMAツールで見込み客まで育成するフローを構築することができます。

伴走サポートも大きな特色で、リード獲得からナーチャリングまでの流れを効率化・戦略化するための専門的な助言をもらうことが可能です。

リードの獲得やコンテンツ作成の強化を考えている方は、ferret Oneの活用を検討してみてはいかがでしょうか。


MAツールは機能性と外部ツールとの連携が重要

MAツールによって、マーケティング活動を効率的かつ戦略的に行うことが可能になります。また、外部のツールと連携することで、より幅広いマーケティング活動を行うことができます。

MAツールの導入を検討している方は、ferret Oneなどの外部ツールの導入も併せて検討し、より効率的にマーケティングを行える下地づくりを行ってください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード(無料)はこちら



▼あわせて読みたい「BtoBマーケティング」についての記事

立ち上げ初期のマーケティング組織、まずやるべきことは?戦略立案からスケールを目指すまで

Webサイトは優秀な営業マン! リード獲得のための4つのステップ



One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

Documents

人気ダウンロード資料

3つのステップで始める
オンラインからのリード獲得術

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

Seminar

開催予定のセミナー


Ranking

週間人気記事ランキング

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ