ランディングページにおすすめのテンプレートは?HTML・WordPress・ツールごとに紹介



「ランディングページを自社で一から作る時間がない」
「制作会社に依頼すると何十万円も費用がかかってしまう」

ランディングページの制作において、時間やコスト面で悩んでいませんか?

テンプレートを利用すれば、外注するよりもコストを抑えられ、コンテンツの更新や修正が簡単かつすぐに取り掛かれるようになります。

この記事では、ランディングページのおすすめテンプレートを種類ごとに紹介し、選ぶポイントを解説します。

目次[非表示]

  1. 1.ランディングページテンプレートの種類
  2. 2.HTMLテンプレートのおすすめ5選
  3. 3.WordPressテーマのおすすめ3選
  4. 4.LP制作ツールのおすすめ3選
  5. 5.ランディングページテンプレートを選ぶポイント
  6. 6.テンプレートを使って成果が出るランディングページを作ろう


ランディングページテンプレートの種類


ランディングページのテンプレートは、HTMLテンプレート・WordPressのテーマ・LP制作ツールの3つに分類されます。

それぞれ詳しく解説します。


HTMLテンプレート

HTMLテンプレートとは、HTML・CSS・画像などのランディングページに必要なファイルが一式セットになっているWebサイト制作テンプレートのことです。

HTMLとCSSの知識はある程度必要となりますが、カスタマイズの自由度が高いのが特徴です。オリジナリティのあるランディングページを制作できます。


WordPressのテーマ

WordPressのテーマとは、Webサイトのデザイン・構成・骨組みなどを設定する、サイト全体のテンプレートのことです。テーマを導入・変更するだけで、デザインや機能を簡単に変更できます。自社WebサイトをWordPressで制作している企業におすすめです。

テーマを導入すればすぐにランディングページ制作に取りかかれます。プラグインが多くリリースされていて、HTMLテンプレートほどではありませんが、カスタマイズ性にも優れています。


LP制作ツール

LP作成ツールは、直感的操作でWebサイトを制作できるツールです。

デザインや機能に制限はありますが、テンプレートの中では専門的知識が不要で1番簡単にランディングページが完成します。企業の人員や時間がない場合はおすすめです。


HTMLテンプレートのおすすめ5選

まずは、おすすめHTMLテンプレートを5つ紹介します。


初心者でも簡単「LPクリエイト」

LPクリエイトは、ランディングページ専門の制作会社で、無料でHTMLテンプレートを提供しています。初心者にもわかりやすいように作られており、簡単にカスタマイズできるのが特徴です。

既存のWebサイトがなくてもランディングページだけで完結するように設計されているので、初めて制作する方だけでなく、手軽に制作したい方にもおすすめです。

公式サイト:​​https://www.lpcreate.com/landingpage/template_landing.html


無料で商用利用可能「テンプレどん」

テンプレどんは、無料で商用利用ができ、著作権表示もフリーのHTMLテンプレートです。

日本語に合わせやすいデザインテンプレートで、レスポンシブデザインにも対応しています。カスタマイズ方法のCSSを公開しており、学習しながらランディングページの制作に取り組めます。

テンプレートのデモをサイトから確認できますので、気になる方は、ぜひサイトを訪れてみてください。

公式サイト:https://popo-design.net/template/index.html


日本語対応に改良「Wires.jp」

Wires.jpはAdobe XD用のデザインテンプレートです。Adobe XDと組み合わせて利用します。

Adobe提供の海外向けテンプレート「Wires」を日本向けに使いやすいようにしたものがWires.jpです。日本語対応はもちろん、日本語LPでよく使われるパーツが多く準備されています。

パーツを選ぶだけで、プロのような仕上がりのランディングページが完成します。

公式サイト:https://www.behance.net/gallery/67284971/Wires-jp


おしゃれなLPが作れる「sienna」

siennaは海外製のHTMLテンプレートを提供しています。

クオリティの高いおしゃれなランディングページが制作可能です。動きのあるデザインが特徴で、下にスクロールしていくと画像やテキストが動き、ユーザーのインパクトを掴めます。

SNS連携機能、レスポンシブ対応機能など、便利な機能も充実しています。

公式サイト:https://cruip.com/


200種類以上のテンプレート数「Colorlib」

Colorlibは、彩が良く、デザイン性に優れたHTMLテンプレートを提供するサイトです。200種類以上のテンプレートからダウンロードでき、多種多様なランディングページに対応できます。

ランディングページのデザインはどうしても似たりよったりになってしまいがちですが、Colorlibは豊富なテンプレートから選べるので、他と被らないようなランディングページの制作に向いています。フッター部分のクレジット機能は費用を払えば削除できます。

公式サイト:https://colorlib.com/wp/templates/


WordPressテーマのおすすめ3選


続いて、WordPressテーマのおすすめを3つ紹介します。


最短3分でLPが完成「Colorful」

Colorfulは、ランディングページ制作にかかる時間やコストをカットしてくれるサイトです。最短3分でLPが完成します。

25種類以上の機能と、レイアウト自由なカスタマイズ性の高さから、成約率アップにつながるランディングページの制作が可能です。動画マニュアルや、集客のノウハウを伝えるメール講座も2か月間付いてきます。

操作が簡単で、ブログ感覚で制作できるので初心者にもおすすめです。

通常版と上位版があり、上位版にはワンクリックでレイアウト・デザイン・文字スタイルすべてが完成する「カラフルテンプレーツ」という機能が備わっています。

▼費用

  • 通常版:9,800円
  • 上位版:12,800円

公式サイト:https://lptemp.com/


SNS連携やSEO対策機能が充実「Liquid LP」

Liquid LPはランディングページ制作用のWordPressテーマです。

「リード」「プロダクト」「サービス」の3つのサンプルページがすぐに使えるよう用意されています。自社の用途に合わせて選び、カスタマイズするだけで、ランディングページが完成します。

SNS連携やSEO対策機能が充実しており、多言語にも対応しているのが特徴です。マーケティング視点のLP運営方法・PDCA・ライティングのヒントが書かれたランディングページマニュアルも付属しています。WordPress公式有料サポートテーマに登録されており、安心して利用できます。

▼費用
10,890円(税込)

公式サイト:https://lqd.jp/wp/theme_lp.html


誰が使っても美しい「ALBATROS」

ALBATROSは「誰が使っても美しい」がコンセプトのWordPressテーマです。ランディングページ制作機能を標準装備しています。

コンテンツを見やすくしたシンプルなデザインが特徴です。ヘッダーやフッターといった余計なリンクもなく、ランディングページから他のページへの離脱を防ぎ、CVアップへとつなげます。

モバイルファースト設計で、スマホでもデザインが崩れる心配はありません。

▼費用
7,980円(税込)

公式サイト:https://open-cage.com/albatros/


LP制作ツールのおすすめ3選

ここでは、おすすめのLP制作ツールを3つ紹介します。


30日間の無料プランあり「ペライチ」

ペライチはたった3ステップで誰でも簡単にホームページが作成できるツールです。1ページで完結する構造が特徴なので、ランディングページの制作に向いています。

使い方の解説動画や、24時間365日メール対応など、サポートが手厚いので安心です。ビジネスプランでは30日間の無料プランがあります。まずは試してみると良いでしょう。

▼費用(※年額一括払いした場合の月額費用)

  • スタートプラン:無料
  • ライトプラン:1,465円
  • レギュラープラン:2,950円
  • ビジネスプラン:3,940円
  • ビジネス+プラン:6,910円

公式サイト:https://peraichi.com/


200万のユーザーが利用「Jimdo」

Jimdoはドイツ製のホームページ作成ツールです。日本ではKDDIウェブコミュニケーションズが運営しており、日本語にも対応しています。200万人のユーザーが利用する人気のツールです。

クリエイタープランとAIビルダープランの2つの作成方法から選んで制作します。特に、AIビルダープランはAIの質問に答えるだけでページを制作できるのが特徴です。

アプリを取得すれば、スマホやタブレットからも編集が可能になります。無料プランもありますが、独自ドメインは有料プランでなければ利用できないので、有料での利用がおすすめです。

▼費用(すべて月額)

【AIビルダープラン】
PLAY:無料/START:990円/GROW:1,590円

【クリエイタープラン】
FREE:無料/PRO:965円/BUSINESS:2,460円/SEO PLUS:4,110円/PLATINUM:5,190円

公式サイト:https://www.jimdo.com/jp/


LPの複数制作やデータ分析もできる「ferret One」

ferret Oneは、見たまま編集の簡単操作で、ランディングページの制作ができるCMSです。集客・顧客管理・広告・アクセス解析など、BtoBマーケティングに必要な機能が揃っています

ページの複製が簡単にできるので、ターゲット別・ニーズ別にランディングページを作成できます。キャンペーン管理機能で集客状況やコンバージョン数の進捗を管理し、データの収集・分析を行うことで、より効果のあるランディングページへと改善が可能です。

サポートも手厚く、ランディングページを効果的に運用する方法をアドバイスしてもらえます。

▼費用(※プランによって異なる)

  • 初期費用:100,000円
  • 月額費用:100,000円

公式サイト:https://ferret-one.com/


ランディングページテンプレートを選ぶポイント

ランディングページのテンプレートはどのように選べばいいのか、以下より解説します。注目すべきポイントは6つです。


コストパフォーマンスの良さ

とにかく費用を抑えてランディングページを制作したい場合には、HTMLテンプレートがおすすめです。HTMLテンプレートは無料のものが多く配布されています。

無料のテンプレートはデザインや機能に制限があることに注意が必要です。有料の方がクオリティも高く、機能も充実しています。

無料と有料を比較し、自社の予算に合わせて選びましょう。


デザイン性の高さ

ランディングページの目的はCVの獲得です。CVにつながるような構成に設計可能なデザインかチェックしましょう。

カスタマイズ性に優れたものがおすすめです。特定の業種に特化したテンプレートも参考にできます。テンプレート公式ページで作成事例を確認するとよいでしょう。


必要な機能が揃っているか

テンプレートによって利用できる機能に差があります。どのような機能が揃っているかはランディングページの制作・運用において重要です。

機能には、A/Bテスト機能・メールマガジン配信機能・SNS連携機能などさまざまなものがあります。自社に必要な機能が揃っているかがポイントです。


レスポンシブデザイン対応か

ユーザーの使いやすさのためにも、レスポンシブデザイン対応であることは必須です。デバイスごとにページを作る手間も省けます。

レスポンシブデザインに対応していないページは、レイアウトが崩れ、見にくくなってしまう可能性があります。他デバイスから流入してきたユーザーを逃しかねません。

ランディングページに訪れたユーザーを逃さないためにも、レスポンシブデザインに対応しているテンプレートを選びましょう。


自社の知識レベルに合っているか 

HTMLテンプレート・WordPressテーマ・LP制作ツールの3つから、自社の知識レベルにあった種類を選びましょう

HTMLテンプレートではHTML・CSSの知識、WordPressテーマではWordPressを扱う知識が必要となります。
サーバやドメインを自社で準備する必要があるので、設定や管理の知識も必要です。

知識のある人が社内にいない場合には、LP制作ツールの利用がおすすめです。専門的知識がなくても、簡単な操作でランディングページを制作できます。


日本製か海外製か

海外性のテンプレート提供サイトは、説明も外国語なので日本人には不便です。日本語対応のサイトの方がハードルが低く、利用しやすくなっています。

日本製と海外製ではランディングページの性質が少し違うことにも気をつけてください。デザインが気に入ったからといって安易に海外製のテンプレートを利用すると、思ったようなランディングページにならず、失敗してしまうかもしれません。

海外のテンプレートは英語でテキストが入力されており、おしゃれに見えますが、日本語のテキストを入力すると、随分とイメージが変わることもあります。海外製のテンプレートを使う場合は、日本語レイアウトでのバランスを確認しておいた方がいいでしょう。


テンプレートを使って成果が出るランディングページを作ろう

ランディングページのテンプレートは、制作にかかっていた膨大な時間や手間を省けてとても便利です。

種類は、HTMLテンプレート・WordPressのテーマ・LP制作ツールの3つに分類できます。
コストや機能面、知識レベルなど、選ぶポイントを参考に、自社にあったテンプレートを選びましょう。

カスタマイズ性やコスト面を重要視するならば、HTMLテンプレートやWordPressテーマがおすすめです。知識や人員不足の場合には、LP制作ツールを利用した方が簡単にランディングページを制作できます。

ランディングページの目的はCVの獲得です。テンプレートを利用してランディングページの制作・運用をし、よりCVにつながるランディングページへと改善していきましょう。

▼ランディングページ作成については、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
ランディングページの作り方を紹介!手順から注意点、ツールまで解説
LP制作の費用相場は?ランディングページ制作の条件別料金


ferret Oneは、Web制作からリード獲得、顧客管理までBtoBマーケティングに必要な機能をそろえているマーケティングツールです。長年の実績に基づいたBtoBマーケティングのノウハウをセットで提供することで、Webマーケティングを成功に導きます。

ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください!

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ