ランディングページ(LP)とは?作り方とBtoBで活きる構成


ランディングページ(LP)とは、ホームページを閲覧する人が最初に目にするページであり、閲覧者の購買行動を促すためのものです。

効果的なLPが作れると、サービスや商品の魅力がわかりやすく具体的に伝わるだけでなく、多くのユーザーとつながるきっかけを得られます。

この記事ではランディングページの目的やメリット・デメリット、作り方についてお伝えします。

目次[非表示]

  1. 1.ランディングページとは?
  2. 2.BtoB向けのランディングページ(LP)の構成とは?
  3. 3.ランディングページ(LP)のメリットとデメリット
  4. 4.ランディングページ(LP)の3つのデメリット
  5. 5.BtoB向けのランディングページ(LP)の作り方とは?4つのステップ
  6. 6.BtoB向けのランディングページ(LP)の効果的な運用方法
  7. 7.BtoB向けのランディングページ(LP)の制作・運用なら「ferret One」
  8. 8.ランディングページ(LP)をマーケティングに活かそう


ランディングページとは?

ランディングページには2つの種類があります。ここでは2つのページの違いと、目的について解説します。


ランディングページ(LP)本来の意味

ランディングページには広義的なランディングページと狭義的なランディングページの2つの意味があります。

広義的なランディングページは、閲覧者が最初に訪れるページのことです。企業ホームページのトップページを最初に訪れた場合は、そのページがランディングページにあたります。

狭義的なランディングページは、購買活動を促すための特別なWebページを指します。


ランディングページとホームページの違い

ランディングページとホームページは、どちらも伝えたい情報を発信する際に活用するコンテンツです。ただし、それぞれで得たい目的や構成が異なります。


ランディングページ

ページを閲覧したユーザーに、とってほしい行動(コンバージョン)を促すためのページです。

コンバージョンには、資料請求・問合せ・セミナー申込み・アンケート回答などがあります。サービスや商品についてわかりやすく魅力的な紹介をすることで、成果を得やすい傾向が見られます。

ページ制作の際は、1つのページに対して1つの行動を促す構成を意識してください。ページ制作の意図やユーザーの行動が分散することによるコンバージョン率の低下を防ぐためです。


ホームページ

複数のページで構成され、さまざまな情報をわかりやすく網羅的に伝えるのがホームページです。

各ページごとに異なる情報を提示している点が特徴です。(会社情報・事情内容・提供サービスについて・料金プランなど)

ランディングページやSNSなどで興味を抱いたユーザーが、さらに詳しい情報を得るために訪れ、サイト内の複数のページを回遊する傾向があります。

▼詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
ホームページとランディングページの違いとは?作り方と費用相場


ランディングページの最終的な目的は販売につながるアクションを促すこと

ランディングページの最終的な目的は販売につながるアクションを促すことです。

BtoBビジネスでは、問い合わせ・資料請求・ホワイトペーパーのダウンロード・セミナーやイベントへの申込みなど、販売につながるアクションを指します。


BtoB向けのランディングページ(LP)の構成とは?

BtoB向けのランディングページでは、以下を意識した構成が重要です。

  • 営業トークを1ページにまとめる
  • シンプルな構成

それぞれのポイントを具体的に解説します。


営業トークを1ページにまとめる

ランディングページとは普段顧客にしている営業トークを1ページにまとめたものです。

普段の営業トークや、顧客からよく質問をされることを踏まえて構成を作ることで、ユーザが知りたい情報や欲しいと思ってもらえる訴求を盛り込めます。


シンプルな構成

BtoB向けのランディングページは、情報に対する信頼感や安心感が購買行動に直結します。

シンプルな構成にすることで情報をわかりやすく収集できるため、信頼感を得られる可能性が高まります。また、BtoBの場合、仕事中に情報収集している場合が多く、複雑で長いページだと離脱されやすくなってしまいかねません。

▼構成の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてみてください。
ランディングページの作り方を紹介!手順から注意点、ツールまで解説


ランディングページ(LP)のメリットとデメリット


ランディングページのメリットだけに着目すると、思わぬ見落としが発生する可能性があります。ここではランディングページのメリットとデメリットについて解説していきます。


ランディングページ(LP)の3つのメリット

ランディングページのメリットは次の3つです。


①1ページですべてを語れる

ランディングページはその1枚だけですべての情報を提示できます。ホームページでマーケティングをする場合、いくつかのページを回遊させなくてはなりません。

情報を探す手間は、ホームページからの離脱を引き起こします。購買目的で閲覧している人にとって、ホームページより簡単に欲しい情報を手に入れられるLPは、非常に有効です。


②構成次第で完読率を高められる

ランディングページはデザインや情報の順番で、最後まで読まれるかの判断が大きく変化します。

的確なデザインと順番であれば、途中で離脱される可能性が低くなり、売り上げにつながりやすいメリットがあります。


③理想的な順番で情報を伝えられる

情報を提供する側が理想とする順番で、内容を伝えられることがメリットのひとつです。ページの上から下へと情報の流れを作ることで、ページ制作側の狙い通りに情報を伝えられます。


ランディングページ(LP)の3つのデメリット

ランディングページのデメリットは次の3つです。


①回遊率が少なく、離脱率が高くなる

LPは閲覧者の検索目的に直結するページであるため、閲覧者のニーズに沿わない場合は即離脱される可能性が高まります。

制作したLP上で閲覧者にとって欲しい行動以外の不要なリンクを貼らない、ユーザーが離脱しそうな各ポイントにコンバージョンにつながるURLを設置するなどの工夫をしましょう。


②作るのに手間がかかる

ランディングページを自社で制作するのは手間がかかります。デザインや文章などをイチから作らなければならないため、時間も工数も必要です。

手間を削減するために、日々の営業で好感触な説明やキャッチコピーを常に社内で共有しておきましょう。今後、LPの作成や改善をする際の材料として役立ちます。


③外部発注の場合、制作費用は高め

ランディングページの制作を外部発注する場合、制作費用が必要となります。Webに特化した技術や知識が必要とされるからです。外注費用はランディングページ1ページあたり10万円~40万円前後です。

せっかく作ったランディングページの反響が低ければ作り直しとなり、再度外注費用が発生します。

このような失敗を防ぐため、外注先の精査は慎重にする・打合せで生まれた不安点や疑問点を解消しておくことが必要です。


BtoB向けのランディングページ(LP)の作り方とは?4つのステップ


ランディングページの基本的な作り方について解説します。ランディングページは次の4つのステップで制作されます。

  • 顧客モデルを決める
  • 構成作成
  • デザインを作る
  • 開発とコーディングをして完成

ひとつずつ具体的に解説します。


①顧客モデルを決める

ランディングページを誰に向けて作るのか?という点は、最初に決めるべきポイントです。企業名や企業規模、業界、企業の特徴や抱えている悩みなど、細かい部分まで顧客モデルを決めていきます

顧客モデルを決めることで、キャッチコピーや使用する画像の軸がブレません。


②構成作成

ランディングページは構成がもっとも重要です。ランディングページの作り方にルールはないものの、どのような流れで作れば購買行動につながるか、というフレームワークは存在しています。

フレームワークは大きく分けて5つの要素で構成されています。

  1. ファーストビュー
  2. 興味関心
  3. 説得・エビデンス
  4. 信頼
  5. クロージング

ただし、商品やサービス、顧客モデルによっては異なるフレームワークが効果的な場合もあります。

ユーザーが持つ疑問の種類や深さ、伝えたい情報のポイントの2つのバランスを考えることで、適切な構成作りが可能です。

▼構成の詳しい解説はこちらの記事を参考にしてみてください。
ランディングページの作り方を紹介!手順から注意点、ツールまで解説


デザインを作る

ここから実際にランディングページを作る段階に入ります。設定した顧客モデルに刺さるような写真やフォント、キャッチコピー、色などを決めて制作していきます。

自社本来のイメージや今後与えたい印象・得たいコンバージョンなどを明確化することで、最適なデザイン作りが可能です。


開発とコーディングをして完成

ランディングページのデザインが決まったら、Webページとしての機能を入れていきます。この作業がコーディングです。具体的な作業は次の3つです。

  • どのサーバーにランディングページをアップロードするかを決める
  • ランディングページのURLを決める
  • 購買行動に対応した機能を入れる(問い合わせ用のページ作成やメールアドレスの設定など)

これらが決まったら動作チェックを行います。動作チェックとは次の3つです。

  • 表示速度チェック
  • 誤動作チェック
  • 自動返信のメール内容チェック

事前の確認をしておくことで、本格的な運用開始の際のトラブルを防止できます。


BtoB向けのランディングページ(LP)の効果的な運用方法


ランディングページを効果的に運用するためには、次の5つを実行しましょう。

  • ランディングページ(LP)の戦略を立てる
  • ホームページと連携させる
  • スマホ対応は必須
  • ユーザー視点になっているかを見直す
  • 社内で更新できるようにする

それぞれどのような内容なのか具体的に解説していきます。


ランディングページ(LP)の戦略を立てる

ランディングページを見てもらうための戦略が重要です。「見てもらう」とはランディングページへの流入率をアップさせることです。

流入をアップさせるための戦略は大きく3つに分かれます。

  • 自然検索:ユーザー自らによるGoogleやYahoo! 検索のこと
  • リスティング広告:検索エンジンページの上部に表示される広告のこと(費用が発生)
  • SNS運用・SNS広告:FacebookやTwitterといったSNSを通して、ランディングページに流入させる施策

費用をかけず流入を狙いたい場合は、自然流入やSNS運用をおすすめします。ただし、効果が出るまである程度の時間が必要です。
費用はかかるが即効性のある方法を選択したい際は、リスティング広告やSNS運用がおすすめです。


ホームページと連携させる

ランディングページのデメリットである検索エンジンの弱さをカバーするためには、ランディングページと連携している自社ページを強化しなくてはなりません。

ランディングページを強化した自社ホームページと連携させることで、より効果の高い販促ツールとして運用できます。


スマホ対応は必須

スマホからの検索流入率は、検索全体の20~40%です。今後さらに増加する可能性があるため、ランディングページを作る場合は必ずスマホに対応したシステムを使いましょう

小さい画面で見た際、デザインがわかりにくくないか、崩れが無いか、操作が快適にできるかなどを確認してください。


ユーザー視点になっているかを見直す

ランディングページはアップロード後、どの程度の成果が得られているか確認します。ユーザーにとって使いやすいかなどの視点で、分析・改善する作業が必要です。

ページに対する反響が弱い場合は、ユーザー視点が欠けている可能性があります。原因の分析と改善を繰り返すことで、より質の高いLPが完成します


社内で更新できるようにする

ランディングページを外注する場合、高額な費用が発生します。また、再現したいLPのクオリティが高すぎると、完成後のページ内容の修正や更新を専門家以外できないケースがあります。

社内でランディングページを更新できるようにしておくことは、効果的にランディングページを運用するために欠かせない要素です。

▼BtoBのLP改善の具体的な方法をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
BtoBランディングページ改善のコツ!BtoCとの違いや基本構成、改善事例を紹介


BtoB向けのランディングページ(LP)の制作・運用なら「ferret One」

ferret OneはBtoBマーケティングに必要なツールとノウハウを提供しているサービスです。ホームページの作成、広告効果の検証・改善が簡単に行えるようになるため、これからBtoB向けのランディングページを活用していきたい方におすすめです。

実際にferret Oneマーケティングチームでも「ferret One」を使ってLPを作成しています。編集部でもLPを作成したところ、たった3時間で作成でき、簡単に作成ができます。
3時間で完成!? ferret Oneのテンプレートで「ウェビナーページ」を作成してみた

ここではferret Oneのランディングページの制作、運用方法について解説していきます。


ランディングページがテンプレートですぐに作れる

ferret Oneでは1000以上のマーケティング支援の実績にもとづき、成果に裏打ちされたテンプレートを採用。そのテンプレートから簡単にランディングページが作成いただけます。

成果の出る構成案がわからないとお悩みの方も、まずテンプレートからはじめて、PDCAを回しながら自社にとって効果的なランディングページにしていくことができます。


プログラミング知識ゼロでもOK!自分で編集・更新ができるシンプル画面

ferret OneのCMS機能はプログラミングスキルや知識がなくても、簡単に編集や更新ができます。ランディングページやホームページの作成や管理が可能です。

テキストの変更や画像の差し替えといった更新業務を外注する必要はありません。
ランディングページは作成して終わりではなく、その後に効果検証してよりユーザーに響く訴求、購買行動を促す設計に改善していくことが重要です。

専門知識がなくても、自分で簡単にすぐに分析とページ改修ができるため、PDCAを早く回せて成果につなげられます。


ランディングページ(LP)を簡単に量産!想定顧客に合わせたページを追加できる

ランディングページの複製が可能です。BtoBの商品やサービスの場合、事業別や事業規模別にランディングページを作成・運用が重要なため、複製して効率的にランディングページを作成していきましょう。

基本となるランディングページを作成し、顧客モデルに合わせて、訴求内容や画像を差し替えて運用することで、より多くの見込み顧客にページを見てもらえます。


ランディングページ(LP)をマーケティングに活かそう

ランディングページを効果的に運用することで、ビジネスをより加速させられます。集客や売上げだけではなく、新規顧客・新規市場の開拓などの分野でもランディングページは活用できます。

ランディングページを効果的に運用し、自社マーケティング戦略をステップアップさせましょう。


弊社では、ご紹介させていただいた、BtoBマーケティングのためのサービス『ferret One』を提供しています。

ランディングページの制作運用を自社で行えるようにして外注費を削減したい方はもちろん、サイトの戦略設計からリニューアル、その後の運用までサポートしているため、初めてWebマーケティングにも取り組む企業におすすめです。

ご興味のある方はぜひ資料をダウンロードしてみてください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら


One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ