ARPA(Average Revenue per Account)

BtoBマーケティング用語集

BtoB用語集

ARPAとは

ARPAとはAverage Revenue per Account の頭文字をとったもので、1アカウントあたりの平均売上を示す指標のことです。売り上げ÷アカウント数で計算します。

通信事業やスマホゲームなどの月額課金モデルのビジネスで使用されるKPIのひとつで、MRR(月次経常収益)やARR(年次経常収益)とともに追跡することで、実際に得ている収益を理解できます。


ARPAとARPU

ARPA と似た指標に、ARPU(Average Revenue per User)があります。ARPUは、1ユーザーあたりの平均売上を示す指標です。ARPAがアカウント単位で平均売上を見るのに対し、ARPUはユーザー単位で平均売上を見る点が異なります。

特にBtoBで、クラウド環境でソフトウェアを提供する場合は、複数の端末で利用されることが多いため、1ユーザーあたりの平均売上をあらわすARPUよりも、契約者ひとりあたりの平均売上をあらわすARPAをKPIに採用したほうが、より実態に近い数値を把握できるようになります。

One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

Documents

人気ダウンロード資料

BtoB事業向け!リード獲得ガイド

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

Seminar

開催予定のセミナー


Ranking

週間人気記事ランキング

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ