SEO対策とは検索者へのおもてなし!初心者でも順位を上げるやり方

SEO対策は「Googleに対して行うもの」だと思っていませんか。

SEO対策の本質はGoogleではなく、検索者にあります。なぜなら、Googleのビジネスが検索者に役立つ情報を提供することで成立しているからです。だからこそ、検索者にとって役立つコンテンツを提供することこそがSEO対策になります。

しかし、「検索者にとって役に立つ」と思い込んでコンテンツをつくっても、それが実際に検索者に役立つかどうかはわかりません。そこで、この記事では検索者にもGoogleにもしっかり伝わるコンテンツのつくり方をお伝えしていきます。

この記事を通じ、SEO対策の「本質」をつかんでいただければ幸いです。

目次[非表示]

  1. 1.SEO対策とは?基本は検索ユーザーへのおもてなし
  2. 2.自分でできる!初心者でもSEO対策したコンテンツをつくるやり方
  3. 3.SEO対策におすすめのツール
  4. 4.SEO対策を始めたい人におすすめの本
  5. 5.まとめ:SEO対策をして役立つコンテンツをつくろう


SEO対策とは?基本は検索ユーザーへのおもてなし

SEO対策とはそもそもどういうものなのでしょうか。詳しく解説していきます。


SEO対策とは?

SEO対策とは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジンでキーワードが検索される際に、自社サイトが上位に表示されるようにする施策のことです。

検索者は悩みを抱えて、検索窓にキーワードを打ち込みます。Googleはその検索キーワードに応じて、疑問を解決できると判断したページを上位に表示します。

検索により、主体的に「調べよう」とする前向きなユーザーと出会えるので、コンバージョンに繋がりやすいのが特徴です。BtoBマーケティングにおけるSEOの目的はコンバージョンに至りやすい潜在顧客と出会うことにあります。コンバージョンにつながる潜在顧客と出会い、信頼を獲得して成約につなげていきましょう。

ちなみに検索順位1位と、検索順位2位以下は流入数が大きく異なります。SEO対策を行うときには、あくまで検索1位の獲得を狙うことが大切です。


検索ユーザーに役立つページが評価される

Googleは検索ユーザーに役立つページを表示することで、ユーザーを集めています。検索ユーザーの利便性を考えなくなると、ユーザーは離れてしまうので、Googleにとって「利便性」は死活問題なのです。

「Goggleがいつも利便性を重視するわけではない」という意見の方も存在しますが、Googleは検索ユーザーの利便性を切り離して運営を行うことはありません。もしそうであっても、すぐに改善が施されます。これまでもGoogleは数え切れないほどの改善を施しており、アルゴリズムが何度も変更になっていることからも明らかです。

コンテンツの制作側はGoogleにとって都合の良い、すぐに明確な答えを返すコンテンツをつくることが重要となります。


SEO対策の基本は検索ユーザーへのおもてなし

Googleはユーザーの回遊も見ていると言われています。検索結果の画面からどのページをクリックしたか。そして、そのページにどれほど滞在したのか。そして、そのページを閲覧した後に他のページも閲覧したのか。

もちろん滞在時間は長いほうがいいですし、閲覧後に検索結果に表示されたほかのページを見ない方が、有益なコンテンツだと評価されることでしょう。つまり、ユーザーが本当に満足できるコンテンツでないと1位を取ることはもちろん、上位を維持することはできないのです。

SEO対策を行うには、検索ユーザーをおもてなしするような意識でコンテンツ制作をすることが重要です。どのような状況で、そのキーワードで検索に至ったのかをよく想像しましょう。その状況は検索キーワードによって違います。それぞれで役立つ内容は異なるので、それぞれで考えなければなりません。


自分でできる!初心者でもSEO対策したコンテンツをつくるやり方

検索ユーザーの立場に立って、有益なコンテンツをつくるには、どのような行動が必要となるのでしょうか。詳しく解説します。
​​​​​​​


①SEO対策するキーワードを選定する

まずは自社サイトでどんな検索キーワードに対してSEO対策を行うのか、計画を立てましょう。

自社サイトのターゲットとなる層の悩みを書き出していきましょう。その中から、悩みをジャンルごとにカテゴリ分けしていき、マインドマップをつくってください。

そうすると、自社サイトがターゲットとしているそうの悩みを網羅したマインドマップが完成します。マインドマップができたら、各悩みで検索しそうなワードを設定していき、SEO対策するキーワードが定められるでしょう。

「検索ボリュームが多いもの」ではなく、「自社サイトのターゲットに提供したいベネフィット」から、逆算して考えるようにしてください。そうしなければ、自社にマッチングする潜在顧客とは出会えません。


②GoogleのTOP10を調査する

狙う検索キーワードで検索してみて、GoogleのTOP10の内容を調査しましょう。

検索した結果、各ページの内容をチェックします。この時、書かれている情報ではなく「切り口」に注目してみていくようにしましょう。何が書かれているかではなく、どんな話題に触れられているかをチェックするのです。そして「どうすれば、もっと役立つ形でこの話題ができるだろう」と考えていきます。

また、各ページを見ながら、上位表示されている理由も自分なりに分析してみてください。上位表示されていることには理由があります。主に以下のような理由が考えられます。

  • ページの内容が読者の疑問を適切に解決している
  • ページの内容が読者の疑問を網羅している
  • ページの運営元に権威がある
  • ページが多くの外部リンクを集めている など


③検索者の人物像を考える

検索キーワードと検索結果を見つめて、検索者がどんな人間なのかを考えましょう。

そして、よく「ペルソナ設定」と言いますが、SEO対策を行う場合は「人間」よりも「悩み」にピントを合わせることを意識してください。

なぜその検索ワードで検索したのかを考えるのです。数あるワードから、なぜ検索者はそのワードで検索しなければならなかったのでしょうか。

検索結果から考えるのは「知りたい疑問」だけではなく、検索しているときの状況、感情。状況、感情に応じたコンテンツをつくることによって、ページはより読んでもらえるようになります。


④作成するページの方針を決めて構成を作る

イメージを膨らませた、検索者の人物像に合わせてコンテンツを作成していきましょう。

悩みにどのような答え方をすると親切なのかを考え、検索者に顕在化している疑問への答えから順番に話題を並べて構成をつくってください。顕在化している疑問になかなかたどり着かないページはすぐに離脱されます。

「この回答を返すと、次はこんな疑問を持つかな?」とイメージし、検索者と会話をするように構成をつくるのがおすすめです。


SEO対策におすすめのツール

SEO対策をする際に役立つ、おすすめのツールをいくつかご紹介します。


Googleキーワードプランナー

キーワード調査の定番「Googleキーワードプランナー」

「Googleキーワードプランナー」は、もともとGoogle広告のユーザーが、検索ボリュームや広告の入札単価を調べるために使うツールです。

このツールを使用することで、信憑性の高い、検索ボリュームのデータが入手できるようになります。一部の機能は無料で使用可能ですが、検索ボリュームは「10-100」などで表示されてしまい、完全な数値データはわかりません。

ちなみに初期は10-100のボリュームでも、悩みが深ければSEO対策に取り組むのもよいでしょう。10-100でも、1位をとれると検索流入は見込めます。

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/


aramakijake


「aramakijake」はYahoo!とGoogleのおおよその検索ボリュームが調査できるツールです。

ただ、あまりにも検索ボリュームが少ない場合はデータが取得できないことがあります。無料で使える貴重なツールです。

https://aramakijake.jp/


ラッコキーワード


「ラッコキーワード」は、検索キーワードに関連するワードのリストをつくってくれるツールです。サジェストキーワードのチェックに効果的で、自分では思いつかないようなキーワードと出会えます。

検索ボリュームは少ないものの、悩みは深いようなキーワードを探してみてください。

https://related-keywords.com/


Googleサーチコンソール


「Googleサーチコンソール」は、現在自社サイトでどんな検索キーワードから流入しているかが知れるツールです。

「Googleサーチコンソール」をチェックすることで、思わぬ悩みが深いワードと出会うこともあります。想定していないワードから多くの流入がある場合は、すぐさまそのワードでの検索順位をチェックし、より多くの流入を獲得できるように、ワードに合わせてブラッシュアップしましょう。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja


Googleトレンド

トレンド観測に便利「Googleトレンド」


「Googletトレンド」は、各検索キーワードの検索ボリュームの推移を確認できるツールです。検索回数が急激に上昇したトレンドワードなども調査でき、検索動向を体系的にチェックできます。

https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP


Yahoo!知恵袋

キーワードに関連する悩みのネタを探すツールとして使用できます。

キーワードで検索してみて、閲覧数の多い順に表示。その中で自社サイトが訴求したい内容と関連度が深いQ&Aをチェックすることで、閲覧需要の高い悩みが見えてきます。

そこをヒントに検索ワードのアイディアを出すのも良い方法です。

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/


SEO対策を始めたい人におすすめの本

これからSEO対策について勉強をしたい方に向けて、おすすめの本を3冊ご紹介します。


「10年つかえるSEOの基本」土居 健太郎

「検索エンジンとは何のためのものなのか」という本質をとことん追求した考え方を、わかりやすく噛み砕いて落とし込むための本です。どんなにアルゴリズムが変わっても、本質は同じ。目先のトレンドに振り回されず、実直に検索者のベネフィットを追求できるようになるための基本思考が身につきます。

https://www.amazon.co.jp/dp/477417324X/


「沈黙のWebライティング」松尾 茂起

Webで成果を上げるためにはどんな文章が適しているのかを、マスターできる書籍です。温泉旅館を舞台に、SEOで経営危機を乗り越えるストーリーで楽しく読むことができます。漫画のように軽く読める内容ですが、解説も豊富で内容は濃厚です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M3U3OR4/


「いちばんやさしい新しいSEOの教本」安川 洋、 江沢 真紀、村山 佑介

セミナー感覚で楽しく読める、SEOの教本です。サイトに訪問するユーザーの目的とサイトを運営する側の目的を達成するためには、何が大切なのかという観点で解説していきます。かなり初心者向けのやさしい内容なので、Web担当者になったばかりの人にもおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4844335359


まとめ:SEO対策をして役立つコンテンツをつくろう

SEO対策はGoogleではなく、検索者を徹底的に追求し、検索者に寄り添うものです。

SEO対策に実直に向き合うことは、検索者に実直に向き合うことへ繋がります。そして、それはページに触れる読者への誠実な姿勢につながっていくものなのです。

SEO対策を追求することで、コンテンツの質も自然に上がっていきます。ぜひSEOの本質を正しく理解し、自社サイトのクオリティの向上に役立ててください。


弊社では、コンテンツ作成をはじめとするBtoBマーケティングのためのサービス『ferret One』を提供しています。マーケティングに必要なツールとノウハウが揃っているため、ご興味のある方は、ぜひ無料の資料をダウンロードしてみてください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら


One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

Documents

人気ダウンロード資料

3つのステップで始める
オンラインからのリード獲得術

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

Seminar

開催予定のセミナー


Ranking

週間人気記事ランキング

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ