被リンクを獲得する方法とは?SEO対策に有効な評価を高める増やし方


被リンクとは、外部サイトから自社サイトに貼られたリンクのことです。バックリンクや、外部リンクと呼ばれることもあります。

被リンクは、サイトの検索順位を左右する項目のひとつです。今回は、被リンクを獲得する方法や、必要性・得られるメリットなどを解説します。

【関連資料】
>コンテンツマーケティングで加速する!BtoB向け・SEO集客入門ガイド

  ゼロからはじめる!コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイド|ferret One(フェレット ワン) 本書では、コンテンツマーケティングの最低限の手法の解説から、検索結果画面で上位表示させるために必要なポイントを解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


目次[非表示]

  1. 1.被リンクとSEOの関係性
  2. 2.被リンクを獲得する方法
  3. 3.被リンクを獲得するメリット
  4. 4.被リンク獲得の注意点
  5. 5.被リンクを得られる高品質のサイトをつくろう


被リンクとSEOの関係性


SEOとは、検索エンジンの最適化を指した言葉です。

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!などの検索サイトが、世界に存在しているさまざまなWebサイトの質を評価するために用いられるもので、被リンクとも深く関わっています。


被リンクを獲得してWebサイトの評価を高めよう

Googleにとって被リンクとは、リンクを貼りたいほど質の高い記事であると判断されていると考えられています。
SEOで被リンクを獲得することで、

  • Webページの検索順位が上がり閲覧ユーザーの目にふれやすくなる
  • ドメインパワー(検索エンジンからの信頼)が高まる 

などのメリットが発生するため、非常に重要と考えられます。


獲得すべき「良質な」被リンク

SEOから良質と判断されやすい被リンクは、主に3種類です。


ナチュラルリンク

ナチュラルリンクとは、ページの完成度を閲覧ユーザーが評価して、自然にリンクを貼った状態のことです。Googleからはリンクを設置されるような有益なWebページと判断され、Webサイト評価の向上が目指せるでしょう。


高い関連性をもつ被リンク

検索エンジンは、高い関連性が判断できる外部サイトが設置した被リンクに、通常よりも高い評価を与える傾向があります。リンク先が、閲覧ユーザーの知りたい情報と結びついている有益性は評価につながりやすいはずです。


評価や知名度の高いサイトからの被リンク

被リンクを設置したサイト自体の評価が高い場合も、良質な被リンク獲得といえます。自社Webページの質の高さは、多くのユーザーから信頼されているサイトがリンク先に指定するほど素晴らしいという証明になるからです。

Googleの評価でも、信頼や名の知れたサイトの被リンクは「良質」といえるでしょう。


被リンクを獲得する方法


被リンクを獲得するために、とるべき対応はさまざまです。ここでは、代表的な3つの方法を紹介します。


コンテンツを充実したものに

読者に役立つ情報を発信できているコンテンツは、被リンクを獲得しやすくなります。

コンテンツは企業にとって、ユーザーと結びつくための大きな財産です。業界ならではのユーザーにニーズがある知識や、自社サービスに関連した内容など、有益な情報提供を目指しましょう。

過去に作成して公開しているコンテンツも見直し、必要に応じて編集をしてください。足りていないコンテンツは、地道に作成していくようにしましょう。

作成や編集の手間があり、短期間で効果はでにくいですが、継続することで大きな効果を発揮するはずです。


読者の需要を考える

読者の需要には、顕在ニーズと潜在ニーズが存在しています。たとえコンテンツの数が多くても、ニーズを満たしていなければ、読者の満足度につながりません。

読者のニーズとのズレを防ぐためには、コンテンツを作りはじめる前に、キーワード検索をする必要があります。

上位記事のタイトル・記事構成を調べ、読者が記事に対して何を求めているのかを把握するようにしましょう。


相互リンクを依頼する

相互リンクとは、2つのWebサイトがお互いにリンクを設置しあうことです。

提携しているブランドや、類似サービスなどでリンクをし合うことで、関連性の高さを狙えます。コンテンツの関連性が高ければ、ユーザーの行動の質が自然と向上します。

リンク先で資料請求やメルマガ登録をする、商品を購入するなどの成果が期待できるでしょう。

Googleでは、相互リンクの明確な判断基準を設けていません。ただし、「過剰なリンク交換・相互リンクのみを目的としたパートナーページの作成はやめてほしい」という内容の解答があるので、悪質な相互リンクは避けてください。

相互リンクは、読者のためになる質の高さを意識する必要があります。互いの企業をよく理解し、信頼性の高いクライアントなどに相互リンク依頼をすることで、質の高いコンテンツの被リンクを獲得し合えるでしょう。


被リンクを獲得するメリット


被リンクを獲得することで得られるメリットは何があるのか、代表的な2つを紹介します。


Webサイトの評価を高める

良質な被リンクの獲得は、Googleからの評価を高める効果があります。

リンク先の質が悪ければ、リンクを設置した外部サイトも信頼性を損なうでしょう。そのため、リンク先の選定は慎重に行われると考えられます。

コンテンツの質を高めることを意識して、日々サイト運用することで、自然と被リンクが増え、評価も高まるでしょう。


アクセス数の増加

被リンクが増えるということは、Webサイトへ訪れる方法が増えることだともいえます。なおかつ、読者が読んでいる内容と関連しているリンク先であれば、リンク先にも目を通そうと考える人も多いでしょう。

つまり、被リンクが増えるほど、Webサイトへの訪問者が増えるようになるのです。

加えて、被リンクとして活用される信頼性を評価したGoogleの判断により、検索順位の上昇も望めます。読みやすさを考えたレイアウトや、わかりやすいグラフやイラストを挿入するなど、工夫を凝らすことで、さらなるアクセス数増加も目指せるでしょう。


被リンク獲得の注意点


被リンクを獲得できたことで望める相乗効果は多いのですが、同時に注意が必要なポイントもあります。ここでは、被リンクを獲得したとき、注意すべき点を5つ紹介します。


関連性の高いページを被リンクとして設置する

リンク先との関係性として重要なのは、読者の思考を妨げないことです。

関連性の高いページだと、読者のニーズに沿ったコンテンツの可能性が高いでしょう。そのため、リンク設置をしていたページの内容から思考を途切らせることなく、内容の理解に集中できるのです。

被リンクは読者の知りたい情報(外部サイト)の補足・派生情報になっているか、関連性が高いかを確認するようにしましょう。関連性の高ければ、Googleからの評価にもつながり、検索順位の上昇が望めます。


アンカーテキストの内容は多様に

アンカーテキストとは、サイトを訪れた読者と、検索エンジンに対して「リンク先のページ内容を明確に表す」文字列です。

リンクテキストとも呼ばれ、Webページを構成するHTML(プログラミング言語)の、「ここをクリック」部分を指しています。

<a href="被リンクのURL">ここをクリック</a>

Googleの評価項目には、アンカーテキストリンクも含まれるのです。リンクとコンテンツの関連性から、信頼性を割り出し評価をしています。

ユーザーにとって、「どれだけわかりやすいアンカーテキストか」が評価の基準です。ですので、誤字脱字、専門用語や、わかりにくい省略表現はおすすめしません。

文字数はそこまで重要ではなく、内容が明確に伝わる質の高さのほうがポイントとなりそうです。


ただ多く獲得すればよいわけではない

被リンクを多く獲得することで、検索順位の上昇を狙えます。しかし、数が多くても質の低いWebページからのリンクばかりだと逆効果となる可能性もあるのです。

被リンクを獲得したときは、相手ページの確認を欠かさないようにしましょう。質が低く、読者にとって有益でないページからの被リンク獲得の回避が、自社Webサイトを守るためにも重要となるのです。


隠しリンクを設置しているページは避ける

隠しリンクとは、読者が見つけにくい設置方法で貼られているリンクです。アンカーテキストのフォントを小さくしたり、Webサイトの背景とテキストを同色にするなど、目立たないように手を加えられています。

隠しリンクの見つけ方は以下の通りです。

  • Webページ全体をマウスでドラッグして、範囲選択を反転表示させることで、リンクを表示させる
  • CSS(Webページの装飾)をブラウザ機能で無効にする
  • WebページのHTMLソース(プログラミング言語)を表示して、リンク表記「<a href="~"……」があるか確認する
  • アドオンを使用して、Webページに存在しているリンク一覧を表示する など


低品質な被リンクは削除依頼を

低品質な被リンクは、読者やGoogleに不信感をもたれ、自社Webサイトの信用性を低下させてしまう可能性があります。

信頼を保つためには、定期的な外部リンクの品質チェックが必要です。「Google Search Console(Googleの外部サイト確認がツール)」を活用することで、問題ある被リンクを見極めるようにしましょう。

低品質と評価されやすいリンクの例は、以下の通りです。

  • 相互リンクのみが目的で、関連性が低いWebページからのリンク
  • ブログなどのコメント欄からのリンク
  • キーワード数が異常に多いリンク
  • 評価の低いブックマークサイトからのリンク

このようなリンクを発見した際は、すぐにサイト運営者に削除依頼を出すアクションをとってください。もし、依頼をしても対応してくれない場合は、Googleの否認ツールを活用しましょう。

否認ツールは、Googleが発表している公式のリンク無効化ツールで、「削除依頼をしたのに対応してくれない・削除してもらえない」ときに削除対応してくれます。


被リンクを得られる高品質のサイトをつくろう

自社独自の発信に加えて、被リンクを獲得することで、より多くのユーザーにコンテンツを届けることができます。

信頼できるクライアントなど、横のつながりもうまく活用することで、記事の有用性を感じてもらえるように働きかけましょう。

コンテンツが検索上位表示されるほど、自社認知や自社サービスに興味を持つ、数多くの見込み顧客と出会うことができるはずです。

被リンク獲得に止まらない、SEO集客の基礎を網羅できる「SEO集客入門ガイド」もございます。合わせてご覧ください。

  ゼロからはじめる!コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイド|ferret One(フェレット ワン) 本書では、コンテンツマーケティングの最低限の手法の解説から、検索結果画面で上位表示させるために必要なポイントを解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


弊社では、BtoBマーケティングに必要な機能をそろえたツール「ferret One」を提供しています。1,000社を超える導入実績に基づき、マーケティングの戦略設計からサポート。貴社のWebマーケティングを成功に導きます。ご興味のある方はぜひ無料の資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ