サブスクリプションモデル

BtoBマーケティング用語集

BtoB用語集

サブスクリプションモデルとは

サブスクリプションモデルとは、商品やサービスを月年ごとなどの期間で契約して料金を支払うビジネスモデルを指します

商品・サービスを買い取るのではなく、モノやサービスの「使用権」を借りる(契約する)ビジネスモデルで、利用期間に応じて料金を支払います。

最近では、「定額制サービス」を指すワードとして使われることが多いようです。


サブスクリプションモデルのメリット

企業にとっては、継続的かつ安定的に利益が見込めるというメリットがあります。売り切りの場合と比べて、定額制サービスなら利用者×単価で売上の試算が楽になるという点もあります。

ユーザーにとっては、利用期間に応じて商品・サービスを利用できるので、企業側の都合で契約をコントロールできるメリットがあります。また、通常購入よりも割引されていることが多いです。

企業、ユーザー両者に対してのメリットが多いモデルだといえます。

One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_