WordPressの導入費用は?各料金項目の相場集


WordPressとは、HTMLやCSSなどの専門知識がなくてもWebサイトを作成・運用できるシステムです。簡単に導入でき、自由度が高いというメリットがあります。

世界トップのシェア率を誇っている事実も安心できますが、気になるのは導入費用です。どれくらいかかるのか心配ですよね。

この記事では、WordPress導入にあたって発生する各料金の相場を詳しく解説します。

目次[非表示]

  1. 1.WordPressの費用とは?
  2. 2.自社でWordPressサイトをつくる場合の費用・料金相場
  3. 3.外注でWordPressサイトをつくる場合の費用・料金相場
  4. 4.外注でWordPressサイトをつくる際のポイント
  5. 5.ノーコードのCMS「ferret One」もおすすめ
  6. 6.費用や機能を理解して、WordPressの導入を検討しよう


WordPressの費用とは?


「WordPress」で検索すると、「WordPress.org」と「WordPress.com」2種類のページが表示されます。「WordPress」というと一般的に「WordPress.org」のことです。これら2つの違いについて解説します。


無料ダウンロードできる「WordPress.org」

WordPress.org」は、WordPressを提供している公式のWebサイトです。

WordPressはソースコードが全体に公開されており、誰でも自由に編集ができるソフトウェアです。ソフトウェア自体は1種類で、無料にてダウンロードが行えます。

こちらのWebサイトでWordPressをダウンロードする場合、他に最低限「レンタルサーバーの契約」と「ドメインの取得」が必要です。

レンタルサーバーの自動インストール機能を使ってダウンロードする場合は、わざわざ公式サイトを訪れる必要がありません。


有料版もあるブログサービス「WordPress.com」

WordPress.com」は、WordPressを使って始めるブログサービスを提供しているWebサイトです。WordPressの開発者であるMatt Mullenweg氏がCEOを務めるAutomattic社が運営しています。

料金プランは、無料と有料の2つあります。無料版は費用と時間をかけずにWebサイトの運用を開始できますが、独自ドメインが使えなかったり好きなテーマが選べなかったりと、制限が多くあります。

有料のWordPress Proは月額1,850円(年一括払い)で、できることの幅が広がります。ただし、独自ドメインやビジネス用メールアドレスに対しては、決められた期間がすぎると別途費用が発生します。

他の準備なしですぐに始められるのがメリットですが、申し込む前にWordPress.comを利用しない場合の金額・機能とよく比較して決めましょう。


自社でWordPressサイトをつくる場合の費用・料金相場


自社でWordPressを使ってサイト作成する際にかかる様々な費用相場を解説します。


レンタルサーバー

レンタルサーバーとは、自社のWebサイトを構成するすべての情報を置いておく場所です。サーバーがないと、WordPressの利用はできません

■おすすめ3社標準プランの場合にかかる費用


初期費用
月額料金(1年契約の場合)
エックスサーバー
3,300円
1,045円
ロリポップ
1,650円
550円
ConoHa WING
無料
2,035円


標準的なプランの場合、安ければ月額500円台で利用できます。表示速度や容量など自社に合ったサービスを選びましょう。

▼サーバーの選び方については、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
ホームページ作成に必須なサーバーとは?選び方まで簡単解説

  ホームページ作成に必須なサーバーとは?選び方まで簡単解説 ホームページを作成するにあたって、サーバーは絶対に必要です。高度な専門知識を持たなくとも、自分に合ったサーバーを選び、ホームページ作成を進めることは可能です。今回は、ホームページ作成に必要なサーバーの選び方まで簡単に解説します。 Webマーケティングツール『ferret One』


ドメイン

ドメインとは、自社のWebサイトを構成する情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所といえるものです。当サイトのドメインは、「https://ferret-one.com/」です。サーバーと同じく、ドメインがなければWordPressの利用はできません

ドメインは、レンタルサーバーを申し込んだ際に無料でつくれる場合があります。希望するドメインの取得ができなければ、ドメイン登録サービスを利用しましょう。

■ドメイン取得にかかる平均価格

ドメインの種類
取得費用(1つめの場合)
更新費用
.com
1円〜
約1,000円
.net
1円〜
約1,500円


初回であれば、人気のドメインは1円〜取得できます。更新費用は、毎年1,000円以上かかりますのでご注意ください。

▼ドメイン取得については、下記の記事もぜひ参考にしてみてください。
ドメイン取得の方法は?プロが答えるメリットや費用相場

  教えて!Webマーケ・サイト制作の疑問 第1回「ドメイン取得はどうすればいい?」 独自ドメイン、既存ドメイン、サブドメイン、取得するならどれ?これまでお客様からいただいたお悩みをもとに、「Webサイトドメイン取得の疑問」にお答えしていきます。 Webマーケティングツール『ferret One』


SSL

SSLとは、情報の通信を暗号化するシステムです。URLを見て「https://」となっていると、暗号化されていることがわかります。

無料のものもありますが、特に企業の場合は実在を証明する「SSLサーバー証明書」が発行される有料のものにすることをおすすめします。年間で約2万円の費用がかかります。


テーマ

テーマとは、WordPressのデザインを簡単に変えられるテンプレートです。無料のテーマも種類豊富で、十分満足いく内容のものが見つかるでしょう。有料のテーマでも1~3万円程度ですので、無料・有料に関わらず自社に合ったものを探してみることをおすすめします。


プラグイン

プラグインとは、元々WordPressに備わっているものとは別の機能を追加するツールです。無料で使えるものも多数あります。たとえば、効率的にSEO対策ができる「All in one SEO」、お問い合わせフォームが設置できる「Contact Form 7」、自動でリンク切れをチェックできる「Broken Link Checker」などがおすすめです。

▼WordPressのプラグインについては、下記の記事でもご紹介しています。
WordPressでSEOを強化する設定とは?テーマ・プラグインも紹介

  WordPressでSEOを強化する設定とは?テーマ・プラグインも紹介 Webサイトを運営している企業にとって、SEOは必要不可欠です。しかし、何から行えばいいのか、どんな対策が自社に適しているのか悩むことも多いでしょう。ここでは、SEOのひとつである「ロングテールキーワード」について紹介していきます。 Webマーケティングツール『ferret One』


外注でWordPressサイトをつくる場合の費用・料金相場


外注でWordPressサイトをつくる場合は、自社でつくる場合と費用のかかり方が違います。2つの場合に分けて解説します。


Web制作会社に依頼する場合

Web制作会社に依頼する場合、会社や依頼する内容によって異なりますが約10〜50万円の費用がかかります。内容は、WordPressの初期設定・オリジナルテーマの制作・ブログの設置などです。

会社自体にノウハウや実績が多数蓄積されているため、自社の現状に合わせた幅広い対応が期待できます。その分、関わる人が多くなることなどによって、フリーランスに依頼するよりも高くなるのが一般的です。


フリーランスに依頼する場合

フリーランスに依頼する場合は、Web制作会社に依頼する場合と比べて少しリーズナブルな価格で依頼できる可能性があります。内容によっては10万円以内で抑えられることもあります。

ただ、対応できる範囲が限られていたり、クオリティが個人のスキルに大きく左右されたりするため、どう選ぶかが非常に大切です。


外注でWordPressサイトをつくる際のポイント


WordPressサイトを外注でお願いする場合のポイントを、2つの場合に分けて紹介します。


Web制作会社に依頼する場合

まずは、その会社の得意なことや実績が、お願いしたい内容と合致するかどうかを調べましょう。Web制作会社といっても、得意なジャンルや対応できる範囲はそれぞれです。

会社についての信頼が得られたら、担当者との相性を確認します。スムーズにコミュニケーションが取れなければ、依頼がうまく進みません。

制作費用の見積り内容が依頼通りで、想定通りの金額でわかりやすく示してくれているようであれば、検討してよいでしょう。


フリーランスに依頼する場合

フリーランスは、Web制作会社よりもさらに多種多様なため、選ぶのが難しくなります。

まずは、ホームページに制作実績や価格表など最低限の情報が見やすくまとまっているかどうかに注目しましょう。金額の安さだけで判断せず、実績を吟味してください。

納期が遅れたり、途中で連絡がつかなくなる可能性も考えられますので、事前の情報収集やコミュニケーションでしっかり見極めることが重要です。

受け身ではなく、親身になって提案などしてくれるような方であれば、さらに安心です。


ノーコードのCMS「ferret One」もおすすめ

WordPressの他にも、専門知識なしでWebサイトの作成・更新ができるノーコードのCMSがあります。

弊社が提供している「ferret One」は、インストールの手間がなく管理画面の設定のみですぐに使用開始できます。

Webサイトを立ち上げた後も、エンジニアやデザイナーの手を借りることなく、ページを更新することができます。サポートもついていますので、WordPressが難しいと感じた場合はぜひ検討してみてください。

▼WordPressとferret Oneの違いについては、下記の記事もぜひご覧ください。
ferret OneのCMSってWordPressとどう違うの? よく聞かれるのでお答えします!

  「ferret OneのCMSって、Wordpressとどう違うの?」よく聞かれるのでお答えします! CMSでWebサイト制作をする場合、何を選びますか?WordPressを選ぶ方が多いかもしれませんが、CMSはWordPress以外にもたくさんの選択肢があります。今回は、弊社のWebマーケティングツール「ferret One」のCMS機能とWordPressの比較をしてみました。 Webマーケティングツール『ferret One』


費用や機能を理解して、WordPressの導入を検討しよう

WordPressを導入する際、何にどれくらいの費用が必要なのか明確にしておくと予算が立てやすくなります。

自社のWebサイト制作に絶対必要な費用と、抑えられそうな費用を見極めて納得のいく作業を進めていきましょう。


弊社では、BtoBマーケティングに必要な機能をそろえたツール「ferret One」を提供しています。

1,000社を超える導入実績に基づき、マーケティングの戦略設計からサポート。貴社のWebマーケティングを成功に導きます。ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ