502エラーとは?発生する原因と対処法



Web上のサイトを訪問した際や、自社Webサイトのメンテナンスや更新作業をしている際に「502 Bad Gateway」のエラー表示になっていることがあります。

閲覧できない・更新できないなどお困りの方のために、502エラーとはなにか、また502エラーが起こる原因とすぐにできる対処法を解説します。

目次[非表示]

  1. 1.502エラーとは?
  2. 2.502エラーが出てしまった原因と対処法  
  3. 3.502エラーが起こった場合の検索順位への影響は?
  4. 4.502エラーを発見したらすぐに対応を!


502エラーとは?


502エラーとは「502 Bad Gateway」というエラーメッセージのことで、Webサーバーの通信状態が機能していないことを示します。502エラーのような「500」番台のエラーコードは、サーバー側の問題が一般的です。

一方、サイト運営側の設定で起こった場合、Webサーバー間の通信状態に何らかの問題が起こっており、発生する原因はひとつではありません。原因であるポイントを複数調べながら特定していく必要があります。


502エラーの種類

ステータスコードの500番台はサーバーによるエラーです。502エラーは、Web上で以下のように表示されていることもあります。

  • 502 Bad Gateway
  • 空白の白い画面
  • Error 502
  • HTTP Error 502 – Bad Gateway
  • 502 Service Temporarily Overloaded
  • 502 Proxy Error
  • 502 Server Error: The server encountered a temporary error and could not complete your request
  • HTTP 502
  • Temporary Error (502)
  • 502. That’s an error
  • 502 bad gateway Cloudflare
  • Bad Gateway: The proxy server received an invalid response from an upstream server
  • 502 server error


502エラーが出てしまった原因と対処法  

502エラーが出てしまう主な原因と対処法をそれぞれ解説します。


アクセスの集中

【原因】
一時的にアクセスが集中したことや、大きな負荷がかかるような処理をして、通常の通信状態を保つことができないと502エラーが起こります。

【対処法】
一時的なアクセスの集中や負荷が原因の場合にはブラウザの再読み込みで解決できることがあります。それでも502エラーが続く場合は、まだアクセスが集中している可能性もあるため、一度時間をあけてアクセスしてみましょう。


サーバーのメンテナンス

【原因】
502エラーはサーバーの問題であることが一般的です。Web上で直近での作業を行っていないにも関わらず502エラーと表示される場合は、サーバーのメンテナンスが原因というのも考えられます。

【対処法】
レンタルサーバーやクラウドサーバーを使用している場合は、メンテナンスのスケジュールを確認してみましょう。またレンタルサーバーの支払いの引き落としができていなかったという場合も考えられます。

通常はお知らせ欄やメールで事前に通知がきますので、一度確認してみましょう。


サーバーの異常

【原因】
Web上で作業を行っていた場合、何らかの設定ミスで502エラーが起こっていると考えられます。サーバーログでは、サーバーが正常であるかどうかステータスで確認ができます。作業を行った日を確認するためには、Google Analyticsなどのアクセス分析ツールを使用し、アクセスの減少があった日を辿ることで502エラーのログを見つけることができます。

【対処法】
502エラーが出た設定ミスを発見したら、設定前または修正をして都度502エラーが解消されているか確認をとりながら進めていきましょう。


ドメイン・IPアドレスの変更

【原因】
DNSサーバーとは、IPアドレスを取得するために利用されるサーバーのことで、ネームサーバーとも呼ばれています。ドメインの変更やIPアドレスを変更した際、移行期間中にも502エラーが出る場合があります。

【対処法】
設定ミスがなく、直近で変更しているのであれば、移行期間中に数日かかることがあります。その場合は一時的な502エラーですので、移行完了後に解消されます。


コードの記述・サイト設定のミス

【原因】
Webサイトの設定やHTMLコード、CSSコードにミスがあると502エラーが起こります。またWordpressの場合、テーマやプラグインの設定ミスや壊れている場合、アップデートの場合でも502エラーが起こります。

【対処法】
まずはプラグインを無効化にして502エラーが解消されていないかを確認しましょう。Wordpressのダッシュボードにもログインできない場合は、FTPソフトを使用してサーバー内のデータを読み込んで、プラグインを削除してください。

コードミスが考えられる場合は、直近の編集ログを確認し記述ミスの箇所を見つけましょう。502エラーがいつ起こっても対処できるよう、普段からバックアップをとっておくことをおすすめします。バックアップを取ることで502エラーの起こった日までロールバックできます。


問題のあるファイアウォール設定

【原因】
ファイアウォールとは、不正アクセスやサイバー攻撃を回避するための設定です。ファイアウォールの設定ミスでも502エラーの表記となる場合があります。

【対処法】
まずはファイアウォール設定の無効化を行い、502エラーが解消されていないか確認しましょう。解消されない場合は引き続き設定に問題がないか、直近の編集ログを見直してください。


その他

そのほかにも、ブラウザやサイトのキャッシュを行って解消されるケースがあります。またプラグインの入れすぎや、常駐型・負荷の大きいプラグインなど、選ぶ際には注意が必要です。


502エラーが起こった場合の検索順位への影響は?


502エラーが起こるとサーバーでの問題のため、もちろんクローラーが巡回することができません。サイトの分析ツール「Google Search Console」でもエラーとなります。

Googleから公式に発表されているわけではないので詳細は不明ですが、長期的な502エラーが続くようであれば、ユーザーファーストのGoogleでは検索から表示されなくなる可能性もあります。

ただし、検索順位から消えたとしてもインデックスから消失するわけではないので、502エラーを解消すれば徐々に元の検索順位まで戻ってくるはずです。その場合はGoogle Search ConsoleのURL検査を行いましょう。

502エラーが起きてもすぐに気付き、対処できる体制を整えておくことが重要です。


502エラーを発見したらすぐに対応を!

今回のようなエラーはどのWebサイトでも起こりえることです。

原因はWebサーバーの設定などによりますが、調べるポイントが複数あります。わからないまま時間が過ぎてしまうと、せっかくの良いWebサイトへのアクセスも減ってしまいます。502エラーが起こってしまった場合は早急に対応し、設定などの見直しをしましょう。

もしものためにも、502エラーが起こった場合にすぐに対処できるよう、日頃から定期的なバックアップをとることをおすすめします。またWordpressの場合、プラグインやテーマの悪いコードを使用するのはとくに注意が必要です。

Webマーケティングなど、集客にはWebサイトの力が重要となります。リスクを考えるなら、多少の投資をしてでも安心して使えるサーバーを使用しましょう。


弊社では、BtoBマーケティングに必要な機能をそろえたツール「ferret One」を提供しています。

1,000社を超える導入実績に基づき、マーケティングの戦略設計からサポート。貴社のWebマーケティングを成功に導きます。ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ