公開日および更新日に、構造化マークアップを導入しました

いつもferret Oneをご利用いただき、ありがとうございます。2019年9月2日にリリースした、構造化データの修正についてご紹介します。

■公開日、更新日情報を、検索エンジンに正しく伝わるように改善しました

ブログで保持している更新日・公開日の情報に、構造化マークアップを導入しました
「構造化マークアップ」とは、検索エンジンやクローラーが正しく理解できるように、HTMLに情報を付加することを指します。

具体的には、ブログページの更新日・公開日情報を<span>タグでなく、下記のタグで伝えられるように改善しました。
公開日: datePublished
更新日: dateModified


対応範囲のページは、下記の通りです。

  • 記事ページ
  • 記事一覧ページ
  • アーカイブページ
  • タグページ
  • カテゴリ公開ページ


Google のガイドラインでは、datePublishedは必須、dateModifiedは推奨となっています。
推奨ではありますがdateModified も構成しておくことで、多くの情報をGoogleに提供できることになります。
(参考:Google のガイドライン)
https://developers.google.com/search/docs/data-types/article

datePublished(公開日)

datePublished(公開日)

dateModified(更新日)

dateModified(更新日)

※ferret Oneでは、レスポンシブ対応のデザインを前提として設計しているため、ユーザー様でHTMLの直接編集はできません。 構造化マークアップもferret Oneが自動で出力しているもののみ対応しております。

ferret Oneとは

こんな課題を解決

導入事例

資料・デモ

登録番号 IA180169
適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014