【編集部厳選】便利なSEOツールおすすめ26選


Webサイトを運営し、時間をかけて作成したコンテンツを発信しているにも関わらず、なかなか検索順位が上がらず悩んでいる方は少なくありません。SEOツールというものは知っていても、種類が多く、価格も機能もさまざまなため、導入のハードルが高く感じることでしょう。

この記事では、数多くのツールからおすすめのものを厳選し、価格と種類をわかりやすく紹介します。

【参考資料】コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイド 


Google公式ツール

検索エンジンで最も高いシェアを獲得しているGoogleは、SEOツールを複数提供しています。SEOに詳しくない方にはわかりにくいものもありますが、いずれも無料で利用できるため、試しに使ってみるといいでしょう。


Google Analytics(アナリティクス)

■無料

Googleが提供しているアクセス解析ツールです。ユーザーがWebサイト内でどんなページをよく見て、どんなページで離れていってしまうのかなどの動きを分析してくれます。加えてユーザーの年齢層や、住んでいる地域も把握できます。

Google検索以外の検索エンジンからの流入、広告からの流入など、各種アクセスにも対応しており、基本的に無料で利用できます。大企業向けの有料プランである「アナリティクス360」もあります。

▼公式サイト:https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

▼関連資料:ここだけは押さえておきたい!Googleアナリティクスではじめるアクセス解析はじめの一歩

  Googleアナリティクスではじめるアクセス解析はじめの一歩 Googleが提供する無料のアクセス解析ツール、Googleアナリティクス。実際使いたいと思っていても、自分にはハードルが高いと思われている方も多いのではないでしょうか?本書ではGoogleアナリティクス初心者用に、導入からアクセス解析までの初歩的な内容をまとめています。 Webマーケティングツール『ferret One』




Google Search Console(サーチコンソール)

■無料

Googleが提供している、検索順位のチェックツールです。当該ページがどのキーワードで何回ヒットしたか、検索順位が何位だったか、何回クリックされたかを分析できます。Webサイトに入る前のユーザーの動きがわかるため、ユーザーを呼び込むコンテンツ作りに役立つでしょう。

新しいページを作成した際のGoogle へのURL登録や、ユーザービリティのチェックをチェックすることも可能です。欠点は自社のWebサイトの結果しか見れない、3日前より以前の検索結果しか見れない、他の検索エンジンの順位は確認できない点が挙げられます。

▼公式サイト:https://search.google.com/search-console/about

▼関連記事:【初心者必見】Googleサーチコンソールの使い方|サイト改善と登録・設定の方法

  【初心者必見】Googleサーチコンソールの使い方|サイト改善と登録・設定の方法 Googleサーチコンソールとは、Googleが無料提供しているWebサイトの分析ツールです。Webサイトの流入元や検索キーワードに対する分析に用いられるため、サービスサイトやオウンドメディアの運用には欠かせません。この記事では適切なGoogleサーチコンソールの使い方をお伝えします。 Webマーケティングツール『ferret One』


Google Trends(グーグルトレンド)

■無料

指定したキーワードの検索回数の推移や、急上昇したキーワードを調べられるツールです。最大5つのキーワードを比較でき、トレンドとして検索が増えているキーワードや、季節要因による変動の発見が可能です。検索回数が急上昇したものを狙って記事を作成することで、流入の増加が狙えます。

Googleで検索されるキーワードの検索結果がどのように移り変わっているか、過去や現在の分析に加え、未来の予測も行えます。スパンは30日間ほどの短いものから、12か月、5年、さらに「2004年からすべて」が選べます。

▼公式サイト:https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP


Lighthouse

■無料

Googleが提供している、Google Chromeの拡張機能です。分析したいページで使用すると、ページのSEO内部状況を分析し、数値として表示してくれます。問題点を提示してくれるので、指摘された点を修正することで内部対策が可能です。

欠点は日本語に対応していないこと、SEOに詳しい方でないと難しい部分があることが挙げられます。 

▼公式サイト:https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk/related?hl=ja


PageSpeed Insights

■無料

Googleが提供している、ページスピードを調査するためのツールです。内部対策のひとつとして、ページの表示速度は重要です。日本語に対応しています。

▼公式サイト:https://pagespeed.web.dev/?hl=ja


Google広告キーワードプランナー

■無料

Google広告の管理画面から使用でき、キーワードの競合性や、月間の検索量を調べられるツールです。検索エンジンを使うユーザーにアプローチするためのキーワードを選ぶのに役立つでしょう。SEOではキーワードの選定が非常に重要なため、活用して検索キーワードの傾向を把握しましょう。

▼公式サイト:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/


コンテンツSEOツール

コンテンツSEOツールは、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作成・発信し、検索順位を上げることを狙うものです。コンテンツSEOを意識する際には他の対策も同時に行うべきなので、内部対策やキーワード調査、キーワード順位チェックなど幅広い機能を備えているものが多いのが特徴です。


tami-co(タミコ)

■月額:28,500円(税抜)~

2時間以上かかる分析や調査を自動で行い、ユーザーが求める新規コンテンツの作成をサポートするツールです。業務を効率化するとともに、データに基づき上位表示が狙えるコンテンツを作成できます。コンテンツSEOに特化しており、上位表示コンテンツを分析し順位を取得すべきキーワードを検出してくれます。

価格は月額制です。4つのプランがあり、利用料金は分析回数に応じて異なります。最も安いライトプランで月額31,350円(キーワード分析回数100回分/月)、最も高いプレミアムプランで月額110,000円(キーワード分析回数400回分/月)です。通常は1回の分析で1回分のチケットを消化し、より深い分析をしたい場合は2回分を消化します。

▼公式サイト:https://tami-co.biz-samurai.com/


SEARCH WRITE(サーチライト)

■月額:50,000円

課題抽出・分析・施策立案をAIに任せられるツールです。わかりやすさと使いやすさにこだわっていること、分析に時間がかからないこと、施策の提案まで行えることが特徴です。対策すべきキーワードと最適な施策案を提案してくれる機能や、施策の効果を検証できる機能などが搭載されています。

サービス開始1年半で利用社数が600社を突破しており、ツールの活用方法からSEOのノウハウまで教えてくれるため、初心者の方でも安心して使えます。価格は月額制で、現在は50,000円のベーシックプランのみ。無料デモを試すことができます。

▼公式サイト:https://searchwrite.jp/


TACT SEO

■月額:50,000円

課題を自動で調査しレポートしてくれ、コンテンツの作成から検証までを行えるツールです。キーワードの調査から内部施策やコンテンツの課題分析まで幅広く自動化することで、作業を効率化できます。

実際に狙ったキーワードが上位表示につながった実績が数多くあり、3,500以上もの会社が利用したノウハウを凝縮しています。競合サイトの分析や課題の自動抽出が特に優れており、本格的な内部対策にも対応可能です。

価格は月額制で、50,000円〜(税抜)です。

▼公式サイト:https://tact-seo.com/


EmmaTools(エマツールズ)

■月額:59,800円

コンテンツの品質を自動で分析し、高品質なものを手軽に作成できるツールです。コンテンツを独自のアルゴリズムを使い多角的に分析し、スコアリングします。キーワードの提案、タイトルや見出しなどそれぞれのタグの最適化、文字数や見出しの分析、コピー率のチェックなど、SEOに強いコンテンツを作るための機能が搭載されています。

価格は月額制で、59,800円〜(税抜)です。

▼公式サイト:https://emma.tools/


MIERUCA(ミエルカ)

■月額:150,000円〜

名前の通り、課題やユーザーの知りたいことを見える化してくれ、内部最適化やコンテンツ作成についてわかりやすく提案してくれるツールです。

上位表示を狙うためのキーワードを短時間で知れ、加えて足りない要素のヒントを知れます。

分析機能が高機能で、細かい部分の分析までできることが強みで、1,500社以上の会社が利用しています。

費用は高額ですが、提案に従うことで簡単にサイトへの流入数をアップさせられるため、SEOに力を入れている企業は検討の余地があるでしょう。

価格は月額制で、プランによって変わります。150,000円 、200,000 円 、個別お見積りプランがあり、無料のデモ期間を試せます。

▼公式サイト:https://mieru-ca.com/


Keywordmap

■月額:直接問い合わせ

データ収集に長け、圧倒的なデータ量を保有しており、かつデータを分析する労力を削減することができます。膨大な日本語検索データを保有しており、短時間で最適なキーワードを設定可能です。さらにネット上の市場調査や競合調査を手軽に行え、他のサイトが取り入れているキーワードなどを知ることができます。

価格は月額制で3つのプランがあり、利用料金は初期費用+月額費用がかかります。7日間の無料トライアルがあるため、試しに使えます。

▼公式サイト:https://keywordmap.jp/


内部対策ツール

内部対策ツールは、Webサイト内の内部構造などを調査でき、ユーザーやクローラーがクローリングしやすい構造にするものです。サイトマップの作成、サイト構造の最適化、パンくずリストの作成という3つの施策が代表的です。


Screaming Frog

■月額:149ポンド

WebサイトのURLを入力するだけで対象サイトの内部をクローリングするツールです。
クローリングで得られた情報をもとにタグの分析や、リンク切れチェック、リダイレクトの確認などを行えます。非常に細かく情報を抜き出して分析できるため、最適化に力を入れている会社などで重宝されています。一方で高度なリテラシーが求められるため、初心者が活用するのは簡単ではありません。

価格は年額制で、149ポンドです。

▼公式サイト:https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/


DeepCrawl

■月額:360,000円

Webサイトをクロールして診断し、ページ数やURLの数、リンク切れ、h1(大見出し)の数などを細かく調査してくれるツールです。

内部対策に特化しており、過去に蓄積されたデータをもとに現在のページの問題点を洗い出してくれ、その後の運営に活用できます。調査結果を内部対策に役立てられるうえ、Googleのアップデート等による影響を防止できるため、アルゴリズムによる順位変動を気にしている方に適しています。

価格は年額制で、小規模サイト向けのベーシックプランは年額360,000円(税別)。大規模サイト向けのエンタープライズプランは見積り次第です。興味のある方は、無料デモ期間を試せます。

▼公式サイト:https://www.deepcrawl.jp/


SEOマスター

■月額:35,000円(税別)

URLとキーワードを入力するだけで、最新のGoogleアルゴリズムへの最適化に足りない要素を提案してくれるツールです。

Googleアルゴリズムとは、Googleが検索順位を決める際の指標です。 多い時には年に100回以上変更されていて、その度に影響を受けています。Webサイトの構造面から的確なアドバイスをくれるため、簡単に最適化させることが可能です。

価格は月額制で35,000円(税別)、無料デモ期間を試せます。

▼公式サイト:https://detail-cc.com/seomaster/


パスカル

■月額:49,500円、66,000円、88,000円の3プラン(税込)

競合サイトの分析を大幅に短縮してくれるツールです。わずか1分で検索上位30〜50位までの競合サイトをリアルタイムでチェックできます。

検索順位に影響する内部SEO要因を網羅し、HTMLを中心に基礎的なタグから高度なものまでSEOで重要な約50の項目を、一括で分析が可能です。新規営業や既存顧客への提案資料として役立つレポート機能が充実しており、契約者の約半数がウェブ制作会社やSEO専門会社といった「Webのプロ」となっています。

価格は月額制で、プランはライト、プロ、アナリストの3種類があり、税込で49,500円、66,000円、88,000円。4日間の無料デモ期間を試せます。

▼公式サイト:https://www.pascaljp.com/


外部対策ツール

外部対策ツールは、主に被リンクを獲得するために、自社のWebサイトのURLを外部サイトへ宣伝するものです。被リンクとは、他のサイトに提示してある自社のWebサイトのリンクのことです。
SEOにおいて被リンクの数が多いことは重要です。

外部対策ツールによって、悪質なサイトからの被リンクがないか、質の良い被リンクを獲得できているかを確認できます。良質な被リンクが獲得できれば、SEOの効果が望めます。


Link Explorer

■無料

Mozアカウントを作成すれば無料で、被リンクを調査したいWebページの評価がわかるツールです。

被リンクがどのぐらいあるか数を調査してくれ、その被リンクの質や信頼性などもわかります。

▼公式サイト:https://moz.com/link-explorer


Majestic SEO

■月額:49.99ドル、99.99ドル、399.99ドルの3プラン

自社のWebサイトや競合相手の被リンクを分析し、質や量をわかりやすく表示してくれるツールです。分析結果はグラフで見やすく表示され、他のツールと比べ得られる情報が多いのが特徴です。

このツールを使うことで、自社のWebサイトが置かれている状況を正しく把握できます。海外のツールですが、重要な部分は日本語に対応しており、価格も比較的安価です。

価格は月額制で、3つのプランがあります。LITEが49.99ドル、PROが99.99ドル、APIが399.99ドルです。

▼公式サイト:https://ja.majestic.com/


Ahrefs Site Explorer

■月額:99ドル、179ドル、399ドル、999ドルの4プラン

競合サイトの被リンク数など、外部サイトの調査を行えるツールです。キーワード調査機能が充実しており、競合サイトがどんなキーワードで上位に表示されていて、どのぐらい被リンク数があるかなど詳しく調べられます。

世界最大級の被リンクインデックスを誇り、膨大なデータを分析して、最適化に活用できます。海外のツールですが日本語に対応しており、英語が苦手な方でも簡単です。

価格は月額制と年額制が選べ、4つのプランがあります。最も手軽なライトタイプは月額99ドル、年額990ドル。スタンダードタイプは月額179ドル、年額1,790ドル。アドバンストタイプは月額399ドル、年額3,990ドル。エージェンシータイプが月額999ドル、年額9,990ドルになります。

▼公式サイト:https://ahrefs.com/ja/site-explorer


キーワード調査ツール

キーワード調査ツールは、対策すべきキーワードを調べられるものです。競合サイトの調査や市場全体の動向を確認するために使用されます。

キーワードを決めることはSEOの最初に行うべきことで、他のツールにも多くの場合、最低限の調査機能は備わっているのが特徴です。


▼ キーワードの「選び方」や「具体的な手順」を知りたい方は、以下の資料が参考になります。 是非合わせてご覧ください。

直接記入して使える!SEOキーワード選定シート

  直接記入して使える!SEOキーワード選定シート キーワード選定は、サイトの構造決定やコンテンツの作成などあらゆる工程における土台となるため、SEOにおいて欠かせないタスクです。 本書では、初心者の方向けに『具体的な手順』や『キーワードをどのように選ぶのか』について、フレームワークを用いて解説しております。 ぜひお気軽にご覧くださいませ。 Webマーケティングツール『ferret One』



Ubersuggest

■月額:2,999円〜9,999円

ドメインやキーワードを入力するだけで、競合に勝てる戦略を提供してくれるツールです。54万を超える企業が採用しています。キーワードを入力すると、一覧でキーワードのサジェストや関連キーワードが表示されます。キーワードだけでなく上位表示の難易度なども表示されるため、その結果を参考に順位付けを行えます。

価格は月額制と買い切り制があり、パーソナルは月額2,999円(税込)、買い切りは29,990円(税込)。ビジネスは月額4,999円(税込)、買い切り49,990円(税込)。エンタープライズは月額9,999円(税込)、買い切りは99,990円(税込)です。

▼公式サイト:https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/


キーワードファインダー

■月額:50,000円〜200,000円

Webサイトのキーワード選定に特化したツールです。選定したキーワードが上位表示される難易度や月間検索数などを瞬時に把握できます。また、おすすめを自動で取得してくれるので、どれを設定するか分析する時間を削減できます。

価格は月額制で、プランによって変わります。1番人気のスタンダードは50,000円 (税抜)、プロフェッショナルは100,000 円 (税抜)、エンタープライズは200,000 円 (税抜)で、7日間の無料デモ期間を試せます。

▼公式サイト:https://keywordfinder.jp/


キーワード順位チェックツール

キーワード順位チェックツールは、キーワードの順位がどのように変動しているかを見られるツールです。SEOを行う上で非常に重要で、このカテゴリー以外のツールにも多く搭載されています。キーワードの順位チェックに特化しているツールは、取得できるキーワードの数が多い、レポート機能が豊富など、機能が充実しています。


GRC

■月額:495円~2,475円

登録したキーワードの順位の確認や追跡を行うためのツールです。起動時に順位チェックを開始する機能を利用すれば、過去から現在までのキーワードの順位を、ボタンを押すことなくチェックできます。チェックした結果がグラフで表示されるため変化がわかりやすく、検索順位が変わっていた理由を視覚的にとらえられます。

価格は月額制で、プランによって変わります。ベーシックプランは495円、スタンダードプランは990円、エキスパートプランは1,485円。プロプランは1,980円で、アルティメットプランは2,475円です。

▼公式サイト:https://seopro.jp/


BULL

■月額:1,150円〜15,400円

自身のWebサイトやコンテンツの順位を、完全自動で取得してくれるツールです。メモを登録できるため、キーワードの順位履歴を確認しどういった施策を行ったのか、施策と順位の変動をセットにして追えます。ランキングが変動していた際には、競合サイトによるものかGoogleアルゴリズムによるものかなど、要因を診断してくれます。ブラウザやデバイスからログインすれば、スマートフォンからも確認が可能です。

価格は月額制で、プランによって変わります。順位チェックするキーワード・URLの登録数に応じて異なり、登録キーワード・URL数が30のBULL30で1,150円(税込)、1番人気の登録キーワード・URL数が50のBULL50で1,850円(税込)。最も高額なプランは登録キーワード・URL数が500のBULL500で15,400円(税込)など、計5プランがあります。

14日間の無料期間があるため、実際に使って試せます。

▼公式サイト:https://bullseo.jp/


DemandMetrics

■月額:直接問い合わせ

単に順位をモニタリングするだけでなく、SEOに関する機能が全般的に搭載されているツールです。検索順位を計測する機能では、大量のキーワードをひとつの画面でモニタリングでき、得られた多くのデータから適切なものを分析できます。結果はチャートで表示してくれるため、すぐに修正すべき部分がわかります。

サイト内のSEO診断やコンテンツの分析など基本的なチェック機能についても搭載されており、Webサイトの運営全般にも役立てられます。キーワードのチェックツールとしてだけでなく、被リンクの分析やキーワード選定、順位計測機能を含んでいます。

14日間の無料期間があるため、実際に使って試せます。

▼公式サイト:https://www.demandsphere.jp/demandmetrics


競合分析ツール

競合分析ツールとは、競合サイトの戦略を分析し、学ぶためのものです。分析し学ぶことで、競合サイトを超えるコンテンツや差別化されたコンテンツを作るためには何が必要なのか、ヒントが得られます。

【初心者必見!他社に差をつける!競合分析の教科書

  競合分析の教科書 「競合分析」をすることで、他社との違いを踏まえたマーケティングに取り組むことができます。今回の資料では、競合分析をするための基本的な知識や手順をわかりやすくご紹介しています。 Webマーケティングツール『ferret One』


Semrush

■月額:119.95ドル〜449.95ドル

競合サイトの調査や分析、順位変動などのデータを一元化し、オンラインのトラフィック改善を支援するツールです。SEO、広告、SNSなどデジタルマーケティングを幅広く網羅しており、世界で700万ユーザーが利用しています。

価格は月額制で、プランによって変わります。3つのプランがあり、月額119.95ドルのProプラン、月額229.95ドルで1番人気のGuruプラン、月額449.95ドルのBusinessプランがあります。14日間の無料期間があるため、実際に使って試すことが可能です。

▼公式サイト:https://semrush.jp/


similarweb

■月額:直接問い合わせ

Webサイトのトラフィックデータを1クリックで表示でき、対象のWebサイトや競合しているWebサイトを抽出できるツールです。PV数やユーザー数、流入元の割合など競合サイトの情報を確認できるため、競合している相手より優れたコンテンツを効率よく作れます。

無料版があるものの、競合調査を行なうためには有料版を使用する必要があります。価格は問い合わせて確認する必要がありますが、7日間の無料期間があるため実際に使って試せます。

▼公式サイト:https://www.similarweb.com/ja/


自社に適したSEOツールを選ぼう

自社のWebサイトへの流入者を増やすためにどのような機能のツールが必要なのかをはっきりとした上で、予算に応じて選ぶことが大切です。また必ずしも高価格なツールが優れているとは限らず、いくら優れて多機能なツールであっても使いこなせなければ意味がありません。無料期間があるツールであればまず試し、価格や機能だけでなく使い勝手を確認しましょう。

【参考資料】コンテンツマーケティングで加速するSEO集客ガイド 


弊社では、BtoBマーケティングに必要な機能をそろえたツール「ferret One」を提供しています。

1,000社を超える導入実績に基づき、マーケティングの戦略設計からサポート。SEO対策を含む、貴社のWebマーケティングを成功に導きます。ご興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

>ferret Oneサービス紹介資料のダウンロード【無料】はこちら

One Tip編集部
One Tip編集部
One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

■ピックアップ記事

Seminar

開催予定のセミナー


Recommended

おすすめの記事

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ