PDCA

BtoBマーケティング用語集

BtoB用語集

PDCAとは

PDCAとは、業務改善を継続して行うための方法です。Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字を取っています。計画を実行した結果、成功したとしても必ず評価を行い、改善につなげていきます。このサイクルを何度も行うことにより、だんだん失敗することがなくなり、業務が改善されていくのです。


PDCAとODDAの違い

PDCAにより、継続的に業務改善が可能となるメリットがある一方、改善に時間を要するというデメリットがあります。PDCAは既存の商品やサービスなど、業務の前例があるときには有効なのですが、新しい業務を始めるときにはいちいち計画→実行→評価のサイクルを経なければ前に進まないので、非効率です。

計画を立てる時間がない時や、新しいことを始める時におすすめなのはODDAです。ODDAとは、Observe(観察)、Orient(状況判断、方向づけ)、Decide(意思決定)、Act(行動)の頭文字を取っています。

計画を立ててから行動するPDCAに対し、ODDAは状況見て判断し、とりあえず実行するところが特徴です。現場の状況に合わせて判断し、臨機応変に対応しながら、何度もサイクルを回せます。状況に応じて、PDCAとODDAを使い分けられるようにしましょう。

One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_

Documents

人気ダウンロード資料

3つのステップで始める
オンラインからのリード獲得術

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

サイトリニューアルに失敗しないための3ステップ

Seminar

開催予定のセミナー


Ranking

週間人気記事ランキング

Tag

タグ

ferret Oneとは?

ferret Oneは、誰でも簡単に使えるマーケティングツールとBtoBマーケティングに必要な成功メソッドをセットで提供するサービスです。


One Tip

ワンティップ