会員数37万人のferretが開発したCMS

「ferret One」公式ブログ

ホームページ集客/Webマーケティングに役立つ情報を配信中!

Original

CVを上げるEFO!手軽に始められる5つのステップ

 

ページビュー(PV)も多く、入力フォームの到達率も上々。のはずなのにコンバージョン(CV)に結びつかない。せっかく入力フォームまで進んでくれたユーザーが、何故ここまできて離脱してしまうのでしょうか。

もしかするとユーザーはデータの入力にイライラして離脱しているかもしれません。
このようなときにEFOの出番となります。

EFOとは?

EFOとは「Entry Form Optimization」の略で、エントリーフォームを最適化することで、入力フォームからユーザーがイライラする原因を取り除いてフォームのエントリー率、コンバージョン率を高めることを指します。

この記事ではEFOを手軽に始める5ステップという事で、手軽でかつ効果が実感しやすい施策を5つ厳選してみました。

1.入力項目の数をチェックしよう

2.テキストボックスの分割はやめよう

3.必須項目などを分かりやすくしよう

4.リセットボタンは排除しよう

5.余計なリンクを取り除こう

それでは、それぞれの施策について解説していきたいと思います。

 

 

EFOを手軽に始める5ステップ

1.入力項目の数をチェックしよう

まずは入力フォームの項目数をチェックしましょう。

ぱっと見た時に「入力が面倒そうだな」と思わせてしまっていませんか?

判断の基準は、PCで表示した時にスクロールしなくて良いぐらいの長さが適切です。

入力する項目が多いと「手間がかかる。面倒くさい。」と感じ、ユーザーが離脱する原因になります。

 

特に資料請求や無料お問い合わせの場合、気軽な気持ちで入力フォームに訪れるユーザーも多いはずです。

このようなユーザーが入力する項目が多いと感じさせてしまうと、簡単に離脱してしまいます。

 

入力フォームの目的によって何が必要で何が不要かは異なってくるので一概には言えませんが、できるだけ入力する項目は減らすようにしましょう。

 

2.テキストボックスの分割はやめよう

 

テキスト コンポーネントユーザーの手間を増やすと、その分離脱率は上がってしまいます。

例えば、氏名の欄で苗字と名前を分けたり、郵便番号で3桁部分と4桁部分を分けるといった分割はユーザーの入力の手間を増やすことに繋がります。

このようにひとつのテキストボックスにする事で、ユーザーのアクションを減らすことが出きます。

小さなことに思えますが、ユーザーに手間をかけさせないことが重要です。

 

3.必須項目などを分かりやすくしよう

 

必須項目を*印で表現しているフォームも多いですが、これはやめましょう。

何が必須項目で、何が必須で無い項目なのか明言するようにします。

また、送信ボタンの文言も今一度見直してみましょう。

例えば確認画面に遷移するボタンなら「確認」だけではなく「入力内容を確認する」とキチンと明示します。

無料で資料請求をするためのフォームなら、「資料請求」だけではなく「無料で資料請求」と書きましょう。

これぐらいわかるだろうと、ユーザー任せにしないようにします。

4.リセットボタンは排除しよう

入力項目を全てクリアするボタンを置いているケースがありますが、送信ボタンの近くに設置している場合、特に危険です。
ユーザーが間違ってボタンを押してしまった場合、もう一度入力し直してくれることはごく稀です。
そのリスクを負うぐらいなら、設置しない方が望ましいボタンと言えるでしょう。

5.余計なリンクは取り除こう

意外に忘れがちなのは、入力フォームがあるページにサイドバーなどがあり、他のページと同様にリンクがたくさん設置されているケースです。

リンクは他のページに遷移するためのものであり、入力フォームの目的からすると明らかに離脱ポイントとなります。
大胆にリンクを取り外して、ユーザーがフォームの入力に集中できる状態を用意しましょう。

まとめ

テキスト コンポーネントいかがでしたでしょうか。
今回の記事では始めの5ステップという事で、手軽に実施できて効果も実感しやすい施策をピックアップしてみました。
やればやるほど効果が出やすいのがEFOですので、この記事をきっかけに是非試してみてください。

また、最近ではスマートフォンをメインのデバイスとして使っているユーザーも少なくありません。
スマートフォンユーザーに向けたフォームを作ろうとすると、自然とシンプルで見やすいフォームになるはずですし、PC向けに機能していたものが、逆に使いにくくなったりする可能性もありますので、トレンドを見逃さないように心掛けましょう。

ferret One運営事務局

ferret One運営事務局

ferret One運営のサポート全般を行っています。 ユーザーのみなさまにより良いコンテンツを届けられるように邁進していきますので、今後とも何卒よろしくお願いします。

無料お役立ち資料

今、注目をあびているコンテンツマーケティングやSEOはもちろん、CMS活用・BtoB向けリード獲得など、幅広いテーマで無料お役立ち資料を配布しております。
「Web集客について問題があるが、何をしてよいのか分からない」といったお悩みにつきましても、記載されています。お気軽にダウンロードしてください。

ferret Oneへのお問い合わせ

Web集客でお悩みをお持ちの方、 小さなことでもお気軽にお問い合わせください。専門のコンサルタントがお悩み解決のお手伝いをいたします。
もちろん、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関することや、成功事例のご紹介などいたします。お気軽にご連絡ください。

ferretOne各種サービス

オウンドメディアの運用を成功させたい企業
様はご相談ください。ferretで培ったメディア構築・運用のノウハウをご提案します。

ご自身でWebマーケティング知識を学びたい方へ。各種資料がダウンロードできます。

ferret Oneを検討中の方へ。今ならお問い合わせ頂いた方に導入企業様の事例集をプレゼント中です。

カテゴリ一覧

記事ランキング


ferret Oneへのお問い合わせ

Webマーケティングに関するご相談や、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関するお問い合わせは、お気軽にこちらからご連絡ください。ferret Oneを活用してWeb集客に成功した事例などもご紹介させていただきます。


登録番号 IA180169
適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014