オウンドメディアを始める前に押さえておきたいメリットとデメリット

​​​​​​​


最近は、自社でオウンドメディアを立ち上げる企業も増えてきました。

この記事では、「これから自社でオウンドメディアを持ちたい!」と考えている方のために、オウンドメディアとはいったいどんなメディアなのか、そしてオウンドメディアを始めるにあたって押さえておきたいメリット/デメリットを紹介します。


オウンドメディアとは、どういうもの?

「オウンドメディア」とは、ウェブ上で運営される自社のメディアの事を指します。
分かりやすい例としては、企業のコーポレートサイトやスタッフブログなどが挙げられます。

オウンドメディアのメリット/デメリットについて触れる前に、トリプルメディアというものについても触れておきたいと思います。トリプルメディアとは、「ペイドメディア」「アーンドメディア」「オウンドメディア」の3つのメディアの総称で、企業のマーケティングにおいて核となるメディアとされています。

ペイドメディアとは「買う」メディアという意味で、テレビや新聞の広告やWeb広告などが挙げられます。対してアーンドメディアはSNSやブログといった、口コミを中心にユーザーとの接触を図るメディアのことを指します。

これらと比較しながら、オウンドメディアを始める前に押さえておきたいメリット/デメリットを紹介していきたいと思います。


ここは押さえておきたいオウンドメディアのメリット/デメリット

オウンドメディアのメリット

1.広告施策と違い、サイトが資産となる

オウンドメディアのメリットは、「何にコストを掛けるか」という選択肢があるということです。ペイドメディアの場合、そのコストの大半は広告費です。長期間運用してもストックするものはなく、集客のためには広告費を払い続けることになります。

一方、オウンドメディアは自社で運営するメディアのため、自分たちだけで運用すればコストを抑えることもできますが、さらに「何にコストを掛けるか」という選択肢が持てるため、ストックするものにコストを掛けることができます アーンドメディアの場合でも運用方法次第ではコストを抑えることができますが、ソーシャルメディアを利用している場合、得られる効果を予測したり、

意図と反して好意的ではない情報によって影響を受ける可能性もあります。

しかしオウンドメディアの場合、作成したコンテンツはタイムラインに流されることなく蓄積され、内容についても自分たちでコントロールしやすいため長期的にみると資産化しやすいメディアと言えます

2.見込み客の獲得に適している

オウンドメディアとアーンドメディアは、ユーザーと直接コミュニケーションを取る場として機能します。接触することによって、あるいは有益な情報をもたらすことで、ユーザーとの間に信頼関係を築いていき、最終的には顧客へとステップアップしてもらおうというのがオウンドメディアやアーンドメディアの特徴です。

対してペイドメディアはその性質上、ユーザーと直接コミュニケーションを取ることよりも、その瞬間に刈り取ることを目的としています。

3.ユーザーに訴求しやすいコンテンツを作りやすい

オウンドメディアは他のメディアと違いSNSや広告枠などに依存しないため、表現のフォーマットに制限がありません。自分たちで企画運営できるので、アーンドメディアやペイドメディアに比べてよりユーザーに訴求しやすいコンテンツを作ることができます。

4.価格競争に巻き込まれない

ユーザーインサイトをつき、ファン化させていくオウンドメディアの戦略が上手くいくと、ユーザーは「得だから」ではなく「好きだから」商品の購買をするようになります。信頼と価値のあるコンテンツを継続的に提供することで、新たな差別化の強みを持つことができるのです。

5.PDCAを回しやすい

オウンドメディアをしっかり運用していれば、自ずとユーザーの行動データが溜まってきます。そのデータを用いることでまた新たなコンテンツを作成できたり、広告などの出稿時にも参考になる仮説立てることができるようになります。


オウンドメディアのデメリット

1.継続的に運用しなければ価値にならない

獲得した見込み客を逃がさないためにも、ある程度の更新性を持たせなければなりません。そのためにはコンテンツを生み出し、作り続けるということが必要になってきます。「誰がコンテンツを作るのか?」「自分たちで作るのか、あるいは外注するのか」という判断をする場面も出てくるでしょう。いずれにしてもユーザーにとって有益なコンテンツを作り続けることに注力しなければなりません。

2.効果が出るまでに一定の期間が必要になる

オウンドメディアは継続的な運用を前提とした長期的な施策です。ユーザーからの信頼を得たり、見込み客を育てていくには相応の時間を要することになります。

広告施策を中心に行なってきた方は「効果が出るまで待てない」と考える人もいるかもしれませんが長期的な施策であることを認識しなければなりません。


効果が出るまでは、他の手段でカバーする方法も

オウンドメディアについて、押さえておきたいメリット/デメリットをご紹介しました。

効果が出るまでに時間のかかるオウンドメディアですが、即効性のあるペイドメディア等と組み合わせて運用する事でそのデメリットを補い、メディアとしての成長を早めることもできます。

この記事を通じてオウンドメディアというものに対して、みなさまの理解が深まれば幸いです。

One Tip編集部

One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」からスピンアウトして生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

無料お役立ち資料

Webマーケティングからセミナー施策や名刺活用まで。BtoBマーケティングに関するノウハウをまとめた資料を無料でダウンロードできます。

Documents

人気ダウンロード資料


Seminar

開催予定のセミナー


Ranking

週間人気記事ランキング

Tag

タグ