タクシー広告

BtoBマーケティング用語集

BtoB用語集

タクシー広告とは

タクシー広告とはタクシーを利用した交通広告の一種です

タクシー広告の種類には、各種ステッカー、アドケース、デジタルサイネージ、ラッピングなどがあります。中でも、タブレット端末を使用したデジタルサイネージは、紙媒体では伝えられない情報を動画で伝えられることから、近年注目され、利用を増やしています。


タクシー広告の種類

1.ステッカー広告          

ステッカータイプの広告。運転席に取り付けられた防犯ボードに貼るアイキャッチステッカー、サイドウインドウステッカー、リアウインドウステッカー、ドアステッカーなどがある。

2.アドケース(リーフレット)   

運転席や助手席に取り付けたラックにリーフレットを設置。

3.デジタルサイネージ   

ティスプレイ画面で訴求する広告。動画を配信することができる。

4.ラッピング   

タクシーのドアを使う車体広告。

5.レシート      

精算の際に手渡されるレシートの裏面などに印刷する。

6.サンプリング             

ドライバーから乗客へ直接サンプル商材を手渡す。


タクシー広告はB to B向けの媒体

タクシーは、経営者や富裕層が多く利用する交通機関です。車の中という独占的な空間で、ビジネスの決定権を持つ経営層にアプローチできることから、BtoBビジネスにおいて有効な広告媒体であると考えられます


One Tip編集部
One Tip編集部

One Tipは、Webマーケティングツール「ferret One」から生まれた、「BtoBマーケティングの成功のヒントとなるメディア」です。 BtoBマーケティングにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。 Twitter:@ferret_One_