記事一覧

BtoBサイト制作の型・サービスページ編

2019-02-20 12:57

Webサイトのサービスページは、「製品・サービスについて詳しく知りたい」ニーズに応えるページです。御社のWebサイトは、訪問者のニーズにうまく応えられているでしょうか?この記事では、Webサイト制作の際に知っておきたい、サービスページの作り方について解説します。

BtoBサイト制作の型・トップページ編

2019-02-15 18:54

Webサイトのトップページは、このサイトは何のサイトなのかを示す「顔」とも言えます。御社のサービス・製品サイトは、訪問者にとって「わかりやすい顔」をしているでしょうか?この記事では、Webサイト制作の際に知っておきたい、トップページの作り方について解説します。

BtoBサイト制作の型・グローバルナビゲーション編

2019-02-07 17:18

御社のサービス・製品ページは、ユーザーを適切なページへ案内できているでしょうか? Webサイト上でユーザーが迷わずに目的の情報にたどり着けるように、重要なもののひとつが「グローバルナビゲーション」です。 この記事では、Webサイト制作の際に知っておきたい、グローバルナビゲーションの作り方について解説します。

BtoBのサイト制作で、これだけはそろえておきたいページ一覧

2019-01-31 12:52

BtoBの製品・サービスサイトを作る場合、どんなページをそろえればいいのでしょうか?この記事では、これからBtoBのサイトを作ろうと思われている方、または、リニューアルを検討されている方に向けて「BtoBサイトを作るなら、これだけはそろえておきたいページ」について解説します。

MAツールを導入する前に、確認すべきポイントとは

2018-05-10 09:30

「マーケティングオートメーション」ここ数年、Webマーケティングに関わる方の間で認知が広がり、急速に市民権を得てきたキーワードです。今回はマーケティングオートメーションツール導入に向いている企業/向いていない企業の特徴と、導入前に確認しておくべきことを解説します。

インバウンドマーケティングとは?初心者が押さえておくべき5つのポイント

2018-03-06 09:30

有益な情報を提供することでお客様に自社やサービスの存在を知ってもらう「インバウンドマーケティング」。この記事ではインバウンドマーケティングが注目されている理由や実施にあたっての手順などをご紹介します。

リードナーチャリングとは?注目されている理由とメリット、実施のためのステップを解説!

2018-01-31 18:10

BtoBビジネスで注目されているリードナーチャリング。聞いたことはあっても、実はよく知らないという方も多いのでは? 今回はリードナーチャリングの意味、注目されている背景、実施のメリット、成功へのステップなどについて解説します。

BtoB企業が今、コンテンツマーケティングを実施すべき理由と成功事例3選

2018-01-26 18:00

コンテンツマーケティングは、BtoCビジネスだけではなく、BtoBビジネスでも有効な手法です。この記事では、BtoBビジネスでコンテンツマーケティングが有効である理由と、実際に成果を出しているBtoBビジネスの事例をご紹介します。

コンテンツマーケティングで使うCMSに、SSLを導入するべき理由

2017-05-11 16:09

自社でCMSを使ってコンテンツマーケティングを実施したり、 Webサイトの運用をしていたりする中で、欠かせないSSL対応。この記事では、導入の手間を惜しんでSSL設定を先延ばしにしてしまわないように、 SSLを入れないリスクについてお伝えします。

BtoBマーケティングのペルソナ設定で、押さえるべきポイントとは?

2017-03-30 19:00

サイトの方向性を決めるペルソナ。施策やサイトを改善していく際のスタートになる部分です。BtoB事業かBtoC事業か?どちらなのかによって作るべきペルソナが変わってきます。BtoCとBtoBのペルソナを比較し、その違いをご紹介します。

BtoB企業のコンテンツマーケティング【おすすめ参考事例4選】

2017-01-19 16:07

実はコンテンツマーケティングは、BtoBでこそ効果がある手法なのです。今回は、BtoBの事業でなぜ「コンテンツマーケティング」の効果が出るのか、そして実際に「コンテンツマーケティング」を活用している事例をご紹介します。

Web記事での引用、気をつけたい5つの注意点

2016-10-03 14:43

「引用」は、説得力のある記事・専門性のある記事を書く際には必要不可欠なものですが。きちんと理解した上で使わないと、著作権の侵害として訴訟問題に発展しかねないデリケートなテクニックです。 会社の看板を背負って立つWeb担当者として、「引用」のお作法について学んでおきましょう。

Web集客の流入チャネル、どこを改善すればいい?

2016-10-03 14:17

Webサイトを立ち上げたものの、思うように集客ができていない場合、どのチャネル(流入経路)を改善していけばいいでしょうか?改善チャネルを見つけるためのヒントをお伝えします。

オウンドメディアの作り方と、無理をしない続け方

2016-10-03 14:00

オウンドメディア、コンテンツマーケティングに取り組むとき「何を、いつまでに、どのくらい」やればいいの?リソースが限られている中、スモールスタートヒントと、立ち上げたあとの「無理をしない続け方」について解説します。

Webサイト制作、企画段階での4つのステップ

2016-10-03 12:39

Webサイトを制作することになった場合、なにから考えればよいでしょうか?まず必要なのは、サイトの全体像についての企画です。この記事では、Webサイト制作をスタートする際の、企画段階での4ステップをご案内します。

Webマーケティングの集客方法を、チャネル別に解説

2016-10-03 12:30

Webサイトの集客方法を考える際に「チャネル」を意識していますか?流入経路ごとに施策を行なったり解析することで、集客効果を高めることができます。チャネルごとの施策を解説します。

BtoBマーケティングにこそメルマガを!メルマガを選ぶメリットを解説

2016-10-03 11:46

Webマーケティングにおいて、メールマーケティングはまだまだ取り組むべき価値のある手法のひとつです。特に、BtoBマーケティングにおいて、その強みを発揮するのではないでしょうか。解説します。

アクセス解析の定番ツールと、まず見るべき7つの指標!

2016-10-03 11:05

Webマーケティングにおいて、サイト改善のためにアクセス解析は欠かせません。アクセス解析で、まずは見るべき7つの指標を解説します。

LPOでやってしまいがちな、3つの落とし穴

2016-09-30 18:31

この記事では、ランディングページを作るとき、あるいは最適化するときに、うっかりやってしまいがちな「3つの落とし穴」をご紹介します

EFOをはじめるときの、5つのステップ

2016-09-30 18:19

エントリーフォームの最適化でコンバーションを上げる!初心者でも取り組みやすい5つのステップをご紹介します。

EFOは、ランディングページ制作の最後のステップ

2016-09-30 18:07

どんなにランディングページの構成がよくても、最後の入力フォームがよくなければ台無しです。集客の最終地「EFO」についてご案内いたします。

セミナーの集客に、ランディングページが必要な理由

2016-09-30 17:59

リアルなイベントの開催、企画を成功させるためのノウハウをお伝えする「目指せイベントマスター!」 その第二弾となります。 今回の記事では、「LP(ランディングページ)を最適化することの意義」についてご紹介します。

セミナー集客のランディングページ制作、何から始めればいい?

2016-09-30 17:36

自社セミナーは、新たな取引や商談を生み出すのに有効な施策のひとつ。しかし、セミナー開催で課題になるのが「集客」です。集客するためには、まずはランディングページを制作しましょう。今回は、セミナー集客に欠かせない「セミナーのランディングページ」を作る際のポイントを解説します。

BtoBオウンドメディア成功実例【まとめ4選】

2016-09-30 14:31

最近は、オウンドメディアを立ち上げる企業が増えてきました。自社サービスとマッチしたユーザーと出会うために、他社のオウンドメディアではどのようなコンテンツを作っているのでしょうか?この記事では、BtoBのオウンドメディアの成功事例をご紹介します。

オウンドメディアを始める前に押さえておきたいメリットとデメリット

2016-09-30 11:54

オウンドメディアとは一体どんなメディアなのか、運営する上でのメリット/デメリットをご紹介します。「オウンドメディアを始めたい!」と考えている方の手引きになれば幸いです。

コンテンツマーケティングを事業に貢献させる5つのKPI設定方法

2016-09-27 18:39

コンテンツマーケティングで成果を上げる5つのポイントをご紹介します。今一度、運営のためのKPIを見直して見ませんか?

全26件中 1〜 26件を表示

ferret Oneとは

こんな課題を解決

資料・デモ

登録番号 IA180169
適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014