オウンドメディア

リード獲得へつなげた
【活用事例】

ますます重要度が高まった
オウンドメディア事情 2023

オウンドメディアのメリットは「広告費がかからない」だけではありません。
BtoB事業においては信頼の獲得によって最終的に受注効率アップにつながることの方が大きなメリットです。
2022年〜2023年は、オウンドメディアの運用に少なからず影響あるトピックがありましたので、見ていきましょう。

❶ Cookie規制の影響

改正個人情報保護法・改正電気通信事業法とCookie規制にまつわる法整備が進み、
かつての
サードパーティCookieを利用したリマーケティング広告からのリード獲得が難しくなる関係で、オウンドメディア活用の重要性がより高まると言えます。

逆にオウンドメディアを持たないと打ち手が1つ減ることになります。

❷ アルゴリズムの変化

2022年9月のGoogleコアアルゴリズムアップデート以降、いわゆるベンダーと言われるサービス提供者のコンテンツ記事が評価される傾向にあります。

専門性の高いノウハウや一次データなど、サービス提供者だからこそ発信できる質の高い情報を提供することで、成果を出しやすい状況と言えます。

❸ ChatGPTの出現

話題のChatGPTですが、使い方によっては記事コンテンツ作成の業務効率を劇的に向上できる可能性があります。

事実確認や質の担保には編集者の目が必要ですが、記事の構成や下書きを提案してくれたり、文章の添削をわずか数秒でしてくれるので、オウンドメディア運用のリソース削減に大いに活用できるでしょう。

オウンドメディアで
遠回りしないポイント

運用を続けやすい
ツールを使う

オウンドメディア運用では、コンテンツを量産したり、複数人で手分けをするシーンが多いので、運用を属人化させないためにも、誰でも簡単に使えるツールを選ぶと良いでしょう。

記事作成のポイントを
押さえる

やみくもに記事を量産するのではなく、自社サービスの見込み顧客となり得るユーザーに対して適切なキーワードで記事を書くなど、基本的なお作法を学んでから進めましょう。

成果につなげるなら
サービスサイト一体型

最終的に商品購入やサービスの導入へつなげる目的でオウンドメディアを始めるなら、サービスサイト一体型の構造で、メディアとサイトを行き来しやすい形がオススメです。

❶ ferret Oneなら
運用しやすい、続けやすい

圧倒的な使いやすさ
「見たまま編集」のCMS

ferret One なら記事の編集はもちろん、WebサイトやLPの作成も誰でも簡単にできます。「Wordpressや他社のCMSより断然使いやすい」との声を多数いただいています。
さらに、フォームCTAボタンの設置もエンジニアに依頼せずに自分で実装可能。オウンドメディアをリード獲得やナーチャリングに活用しやすい機能がそろっています。

AIアシスタントで
「考える」段階から効率化

オウンドメディアの運用には「記事の内容考え、文章を書く作業にも多くの時間が必要です。
ferret OneはChatGPTと連携した機能で記事テーマ案や構成案、文章の下書きなどをAIが自動提案。添削もしてくれます。
コンテンツ作成の作業負荷を軽減し、作業スピードを劇的にアップできます。

SEOに配慮し
システムが自動アップデート

安価なCMSとの違いの1つは、システム自体が常にSEOに配慮したアップデートを行なっていることです。
Googleのアルゴリズムが変更するたびに発生する、運用担当者の手間のかかる作業を極力抑えることができます。

❷ ferret Oneなら
ノウハウセット提供

競合の多い検索ワードで
SEO1位の実績

ferret Oneが実際に運用しているオウンドメディア「One Tip」では「SEO キーワード選定」 ・「BtoB Webマーケティング」などGoogle検索結果1位獲得をはじめ、BtoBマーケティングWebマーケティングの関連のキーワードで上位を獲得しています※
(※2023年6月15日時点)

ferret Oneはオウンドメディアを運用するツールと共に、記事作成・メディア運用のノウハウをセットで提供しています。
\ferret Oneの資料はこちら/

リード獲得につなげるなら
サービスサイト一体型

結論から言うと、オウンドメディアは単独で立ち上げるのではなく、
サービスサイトの配下に作る
サービスサイト一体型のオウンドメディアがおすすめです。

サービスサイト一体型のメリット

サイト運用コストの 大幅な削減

最終目的に繋げやすい

オウンドメディアの情報をきっかけに貴社のサービスへ興味を持ったユーザーが、スムーズにサービス内容を知ることができ、最終目的であるお問い合わせ獲得に繋がりやすくなります。

ページ編集・修正の 時間短縮

無駄な工数がかからない

オウンドメディア単独で立ち上げる場合、メディアの認知拡大に時間がかかります。また長期的な施策となるので、立ち上げに工数を取られてしまうと、成果が出る前に空中分解してしまうリスクも。

マーケティング業務も これ1つで一元管理

施策展開がしやすい

特にBtoBの場合は商材の検討期間が長いケースが多いため、潜在ユーザーを長期的にナーチャリングしていく必要があります。そのための施策を実施しやすくするためにもサービスサイト一体型がおすすめです。

まずは最低限の土台
受け皿となるサイト必要

活用事例❶

狙ったキーワードで検索1位
集客できるサイトへ

翻訳事業:川村インターナショナル株式会社

翻訳の中でも「ポストエディット」という新しい翻訳スタイルの認知を広め理解してもらえるよう、翻訳関連の記事を配信するメディアを立ち上げ。オウンドメディアをコーポレートサイトの配下に置いてリード獲得につなげました。
CMSのページ編集画面

さらにBtoBビジネスでは
段階的接触必要

活用事例❷

オウンドメディアを起点に
ナーチャリング

ferret One マーケティングチーム

オウンドメディア経由でホワイトペーパーなどユーザーに有益な資料を提供。興味を持って頂いたユーザーにステップメールでサービス案内の送付やセミナーの案内をするなど、段階的にコニュニケーションを図ることで、顧客課題に適した提案をしています。

オウンドメディアをリード獲得につなげる
マーケティング機能

顧客管理画面とメールマーケ

SEO順位チェックツール

指定した期間での順位の変動はもちろん、デイリーでのアップダウンも一目で確認することができます。
広告レポートとABテストの画面

資料ダウンロード機能

記事を読んだユーザーにホワイトペーパーなどのダウンロードを促し、リード情報を獲得することができます。
ダッシュボードと行動履歴の画面

メールマーケティング

資料をダウンロードしたユーザーにメルマガやステップメールを送り、ナーチャリングすることができます。
\ferret Oneの資料はこちら/

Webマーケのプロから初めての企業様まで
1,200以上の導入実績

お客様の声

1記事に1ヶ月はかけられない…
ページ制作のスピード感が決め手

直感的に操作できるCMSと
Salesforce連携が決め手!

オウンドメディアはもちろん、LPの更新も自社で完結。結果的に150万円のコスト削減に

\ferret Oneの資料はこちら/

よくあるご質問

Googleのアルゴリズム変更に対応していますか?

ferret Oneでは、メディア担当者様がアルゴリズム変更のたびに大量の修正作業をする負担のないサービス提供しております。
具体的には、アルゴリズム変更時にferret Oneで運用している数百サイトへの影響の確認を行っています。
また、AMPやページスピード等、ページ評価につながる項目に関しては随時アップデートを行っております。

WordPressとの違いは?

WordPressを使うには、一定のhtmlやCSSの知識は必要です。一方、ferret Oneは見たまま編集のノーコードツールなので、コードの知識は一切不要です。
さらに、複雑なプラグインも使わないため「担当が変わったら、どこを触ればわからない」などという問題も発生しません。
さらに、今までWordPressで作った記事からのインポートも可能です。

キーワードの提案もしてくれますか?

はい、ご希望の企業様にはペルソナ設定、カスタマージャーニーマップの作成、KW調査を行います。

記事の作成代行もお願いできますか?

はい、オプションで記事制作代行を承っております。
また、ホワイトペーパーの作成代行もございます。

目次は生成できますか?

はい、生成できます。詳しい操作方法については、オンラインで実際の画面を見ながら弊社担当がご説明する
オンライン無料デモ体験」でご覧いただけます。
下記フォームより資料をダウンロードしますと、Web予約の案内が表示されますので、是非ご活用ください。

ビジネスにつながるオウンドメディアなら

Webマーケティングに必要な機能が一通りそろったWebマーケティングツール。オウンドメディアの運用はもちろん、メディアをビジネスに繋げるための機能が多数。クラウド型なので導入も簡単です。

  • サイト制作・編集(WordPressインポート可)
  • SEO順位チェック
  • メール配信/SNS連携/問い合わせ管理

資料ダウンロードはこちらから

ご入力いただいたメールアドレス宛に、広告を含むメールをお送りする場合があります。
※日中繋がりやすい電話番号をご記入いただけますと幸いです