簡単な設定1つでクオリティの高いデザインに!Webフォント機能

ページを作りながら雰囲気に合ったフォントを設定できる。

Webフォントとは


フォントのクオリティは、サイト全体のデザインに大きな影響があります。

素敵なフォントでデザインしたのに「ブラウザによって表示が変わってしまった」とか、

イメージに合ったフォントを使いたいのに「仕方なく標準フォントにしている」などという経験はありませんか?

そんな問題を解決するのがWebフォント機能です。

ferret Oneは株式会社モリサワと提携し、どのプランでもモリサワのWebフォントを使用することができるようになりました。

設定は簡単!Webフォントを使うことで端末に依存しないデザインを実現できます。

ページ編集画面からテーマ変更画面へ

テキスト入力

ページ編集画面にて、テキストボックスを選択し文字を入力します。

テーマ変更画面へ

左メニューの「テーマ」を開き、「テーマのカスタマイズ」ボタンを押してテーマを変更画面を開きます。

Webフォントを設定

Webフォント指定したいテキストを選択

変更したいテキストボックスを選択した状態で(1)、左メニューのフォント選択ボタン(2)を押します。

フォントの種類を選択

フォント一覧から使いたいフォントを選択します。
ページの内容が伝わりやすいフォントを選びましょう。

ページにあったフォントを見比べてみましょう。フォントを変えるだけで雰囲気が変わります!

初期設定のゴシック体の場合

Webフォント「UD黎ミン」を使用した場合

ホームページに、ランディングページに、サイトのクオリティ上げるWebフォント。

事例などをもっと知りたい方は下記フォームよりお問い合わせください。

今なら期間限定で無料トライアルもご案内しています。

この内容で送信します。よろしいですか?