SFA・CRMと連携

ferret Oneは、各種SFA・CRMツールと連携できます。

ferret Oneは、Salesforce(セールスフォース)、Sansan(サンサン)、kintone(キントーン)といったSFA・CRMツールと連携できます。
ferret Oneで獲得したリードを、CRM・SFAで管理して活用することができます。

salesforce

Salesforce(セールスフォース)との連携

Salesforceと契約をされている場合、ferret OneとSalesforceを連携することで、公開ページで登録されたデータを、Salesforceのオブジェクトに登録することができます。

「オブジェクト」とは、Salesforceでの取引先情報、連絡先電話番号、取引先の責任者などの決められた形式になり、「レコード」と呼ばれる情報がまとまる蓄積される場所です。

Salesforceでは予め用意された「標準オブジェクト」とオリジナルで定義する「カスタムオブジェクト」の2種類があり、ferret Oneではそれぞれのオブジェクトをフォームの項目と連携させ、フォームからSalesforceへデータを送信することができます。

Sansan(サンサン)との連携

Sansanと契約をされている場合、ferret OneとSansanを連携することで、下記のことが可能になります。

  • SansanのAPIからferret Oneの見込み顧客一覧にデータが登録できます
  • 行動履歴にSansanからデータが登録・更新したという履歴が残ります

※ 対象とする所有者の範囲は、APIキーのユーザーが参照できる範囲全ての名刺のみとなります

kintone

kintone(キントーン)との連携

kintoneと契約をされている場合、ferret Oneとkintoneを連携することで、
ferret Oneに設置したフォームで入力したデータを、kintoneのAPIを介しkintoneに引き渡せることができます。
CSVファイルなどを用いたデータの移行作業を必要とせず、手間やコストを大幅に削減します。