LP・キャンペーン機能をアップデートしました

いつもferret Oneをご利用いただき、ありがとうございます。2019年11月19日に改善されたLP・キャンペーン機能についてご紹介します。

改善された機能

  • キャンペーンにLPを追加する導線がわかりやすくなりました
  • LP別レポートが管理しやすくなりました
  • 計測URLのステータスが確認しやすくなりました
  • 詳細レポートの表示がわかりやすくなりました
  • ABテストの設定がしやすくなりました

キャンペーンにLPを追加する導線がわかりやすくなりました

キャンペーンにLP追加
【キャンペーン機能について】
■キャンペーン
ferret Oneの「キャンペーン」は、一定期間に1つの目的だけを発信したい場合に、そのコンバージョンを計測する機能です。
例えば「〇月セミナー集客」「ホワイトペーパーダウンロード促進」「資料請求促進」などのキャンペーンを設定します。
■LP
キャンペーンに紐づける形で、複数のLP(ランディングページ)を設定し、効果を計測します。
■計測URL
各LPには、集客施策ごとに計測URLを設定することで、集客施策ごとの効果を見ることができます。

新規キャンペーンを作成した後、LPを追加する導線はこれまでもありましたが、
すでにキャンペーンがスタートしている場合に「LP追加」のボタンが見つけづらい位置にありました。
今回の改善で「+LP追加」ボタンをわかりやすい位置に設置し、どんな場合でも操作に迷わないインターフェイスになりました。

LP別レポートが管理しやすくなりました

LP別一覧
これまでは、キャンペーンに紐づいているLP一覧の導線がわかりづらく、操作に迷うことがありました。
今回のリリースで、以下を改善しました。
①LP横に「+計測URL」のボタンを設置することで、どこから計測URLを追加できるのかわかりやすくなりました。
②LPのプレビュー、編集、設計、キャンペーンから削除、といったよく行う操作について、3点リーダーからの導線を設けました。
③LP一覧では、①で追加した各LPに設定されている「計測URL」の内訳を確認することができます。
 これまで見つけにくかった「内訳を開く」コマンドの位置を移動し、操作に迷わないインターフェイスになりました。(下図)
LP一覧で内訳を開いた状態

計測URLのステータスが確認しやすくなりました

計測URL設定一覧
これまでは、LPに設定した「計測URL」のステータスを確認する導線が、わかりづらいという問題がありました。
今回の改善で、各計測URLの横に「設定」ボタンを配置し、どんな計測URLを設定したのかをすぐに確認できるようになりました。

詳細レポートの表示がわかりやすくなりました

LPの詳細レポート
LPの効果測定のレポート画面を、わかりやすく改善しました。
①表示の順番を訪問数→クリック→CV数に変更しました。また、それぞれ「着地予想」と「達成率」を追加しました。
②これまで、グラフに表示できる指標が「訪問数」しかなかったところを「訪問数」「クリック数」「CV数」「CV率」の4指標に増やしました。
③これまでは1指標だけだったグラフ表示を、2指標を同時に表示できるようになりました。

ABテストの設定がしやすくなりました

LPのABテスト設定
これまで見つけにくかった、LPの「ABテスト」設定の導線をわかりやすく改善しました。
また、広告レポートやLP作成機能など、関連する機能へのリンクを追加することで、各機能へ遷移しやすくなりました。