ホームページに求めるのはブランディング効果、運用の上で重要なのは時間対効果

プロジェクトマネージメント事業 株式会社ピグマ

代表取締役:太田智文 氏

企業価値を高めるためのプロジェクトマネージメント事業を展開する株式会社ピグマ。
「すごい会議」のノウハウをクライアント企業に提供しています。
ブランディング戦略上の費用対効果が高く、且つ安全な環境でのホームページ運用を行うため、2015年9月にferret Oneを導入。
経営者である太田氏自身がホームページ更新を担当する形で、継続的な運用を実現しています。
今回はそんな株式会社ピグマの太田さんに、ferret Oneの効果や得られた成果についてお伺いします。


事業の核は「クライアントの企業価値を高める」こと

-御社の事業・サービスについて教えてください。-

ピグマ:私たちは「クライアントの企業価値を高める」ためのコンサルティングサービスを展開しています。提供しているコンサルティングの軸は主に2つ。1つ目はクライアント企業が「ブレイクスルー」を起こしたり「桁を変える」ような、変革を起こすためのもの。もう1つはクライアント企業が経営上のPDCAを高速化するためのものです。

そのための手法として「会議」に特化していて、「すごい会議」という手法を実践するためのお手伝いをしています。具体的にはプロの「会議コーチ」が会議の効果的な進め方をレクチャーし、時間対効果の高い会議運営をクライアント自身でできるようになるようサポートするのが私たちの仕事です。


安全な環境で、時間的コスト低くホームページ運用できる方法を探していた

ferret One導入前はどんな課題を抱えていたのでしょうか?

ピグマ:主に2つありました。1つめは、ホームページ運用の安全性です。というのも、ferret One導入前、当時契約していたサーバーがある日突然落ちてしまったことがあったのです。それまで作っていたページが一気に全部無くなってしまったんですね。Webに関して他のサービスを検討するようになったきっかけはこのあたりからで、まずはセキュリティ面も含め、運用の安全性ということを課題として意識するようになりましたね。 

2つめは、制作会社に掛ける時間的なコストです。弊社がビジネスをする上でホームページに求める役割の中で最も大きいものは「会社やビジネスの信頼を担保する」というものなのですが、これを担保するためには結構な時間がかかります。特に私は経営者ということもあり、時間的コストを大きな負担に感じるので、なんとか制作会社のディレクションに掛ける時間を削減することはできないかと考えていました。


安全性と更新性、サポートの充実を魅力に感じ導入を決定

ferret One導入の決め手となったのはどんな点でしたか?

ピグマ:先述のように、一度サーバー落ちを経験しているので、ferret One自体が安全性に優れたサーバーを使っているのがまず好材料でしたね。サーバー落ちなんて滅多に起きないと思われる方も多いかもしれませんが、一度自分が当事者になってみると、当たり前に安全なサーバー環境で自社のホームページが運用されているということが如何に素晴らしいことかがよくわかります。

この安全なサーバーという前提があった上で、Webマーケティングをする上で必要な機能が一通り揃っているという点が決め手でした。先述のように、私がホームページ運用をする上で重要視しているものは時間的コストです。これが低ければ低いほど望ましいと考えていますが、ferret Oneはこの点でも優秀だと考えました。この意味で特に良いと感じたのは、SEO内部対策が自動でアップデートされる、ブログコンテンツやセミナー予約ページを自分だけで手軽に更新できるという点でしたね。それに加えて、ツールだけでなくプロのマーケターによるトレーニングやサポートが受けられるという点も魅力的でした。私自身がホームページやWebに関してわからないことだらけだったので。


費用・時間の両面において高い費用対効果を感じている

−ferret Oneを使ってみた感想はいかがですか?−

ピグマ:まず、安全に使えて、サーバー代が込みで、一通りのWebマーケティング機能が揃っていて月額5万円ですから、とても安いと思います。費用面においての費用対効果は圧倒的に高いですね。

あとは使用感として、自分で作ったページが「ちゃんとした」ものに仕上がるというのが良いですね。「Webマーケティングのお作法」とでも言うようなポイント、ルールのようなものを押さえたページが、ferret Oneを使えば自然と出来上がる感覚です。

他にも色々ありますが、導入して良かったなと感じるポイントの中で最も大きいのは、製作会社へのディレクションコストが無くなったことですね。制作会社に外注すると、細かいニュアンスの修正などに時間とエネルギーを費やす必要があり、ストレスに感じる場面が多かったのですが、ferret Oneを導入してからはそのストレスから解放されました。何しろ自分でページを更新できるわけですから。この意味では、時間面においての費用対効果も非常に高いと言えます。


ブランディング目的のホームページ運用が高いレベルで実現

導入してみて、得られた結果を教えてください

ピグマ:先述のとおり、弊社がホームページに求める役割は「会社やビジネスの信頼を担保する」というものです。その意味では、ホームページを使ってマーケティングというよりブランディングをしているというイメージが近いですね。

私や弊社のことをオフラインの機会で知ってくれた方が、後日インターネットで検索して弊社のページに辿り着いた際に「おっ、やっぱりピグマさんはちゃんとしてるな」と思ってくれることが重要なのです。

このポイントを押さえるために必要な要素は「デザインが整っていること」と「自社が普段発信しているメッセージが過不足なく表現されていること」です。ferret Oneを導入してからはそれらの要素がよりスムーズに満たされるようになり、「会社やビジネスの信頼を担保する」という目的が高いレベルで達成されるようになりました。

あとは、副次的な効果として満足しているところで言うと、Webからのお問い合わせ数が増えたことですね。あくまでブランディングのためにホームページを運用しているという認識だったので、この結果に関しては嬉しい誤算と言えると思いますね。


採用活動でもホームページ活用を進めたい

では、最後に今後ferret Oneに期待することをお聞かせください。

ピグマ:今後は採用活動にもホームページを使っていきたいと考えています。採用活動においても「信頼の担保」というのは重要な要素ですから、これまでのホームページ運用で得た経験を活かして、来訪した方が弊社に対して信頼感を持ってくれるようなページを作っていきたいです。

その際、弊社内では出来ないような細かいデザインをしたいときなどに、制作作業を一部代行してくれるサービスなどをferret Oneで提供してくれるとうれしいですね。

あと、今後、デザイン上のレイアウト変更などホームページを大きく変えたいようなタイミングでは、デザイン工程から貴社に任せたいというニーズも生まれると思います。

というのも、繰り返しになってしまいますが、私は時間的コストを大きな負担に感じます。しかし会社に変革を起こす際には、ホームページにも当然その変革を反映させないといけません。自分がオフラインで言っていることがホームページに反映されていないとなると、信頼を損ねてしまうので。この更新作業には莫大な時間的コストが必要になるので、ここに関して全てお任せできるようなサービスがあるといいなと思います。

−本日はいろいろお話しいただき、ありがとうございました−


株式会社ピグマ
代表取締役:太田智文
プロジェクトマネージメント事業

お問い合わせ・お見積もり

お見積もり・ご相談など、下記フォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話で(受付時間:平日 10:00〜18:00)

この内容で送信します。よろしいですか?