より多くの人に情報を届けるために――専任担当無しでも継続させることができたコンテンツマーケティング成功事例

株式会社スリーシーズ

執行役員 神谷 友介 様
顧客開拓プロデューサー 根本 翔一 様

「営業の標準化」を標榜している株式会社スリーシーズ。企業にとって最も成約率が高まる営業の流れをクライアントとともに構築し、属人的になりがちな営業の組織力を高める営業支援ツール・ノウハウを提供。一見似たような企業の状態であっても各社異なるボトルネックを見つけ出し、それぞれの特徴にあわせて改善を進めるサービスで高い評価を得ています。

より多くの「営業上の課題を抱えている事業者」の課題解決をするために、新たな顧客との接点を増やし、積極的に情報提供していこうと考え2016年12月にferret Oneを導入。専任担当無しではじめたにもかかわらずコンテンツ数は100を突破し、定常的に週に1~2本のコンテンツを公開するながれを確立しました。今ではオウンドメディアから本サイトへの成約アシスト効果が高まってきていると言います。
今回は、そんなスリーシーズ様にferret Oneの効果や得られた成果をお伺いします。


より多くの企業の課題解決に向け、いまだ出会えていないお客様との接点を求めていた

-本日はよろしくお願いいたします。

まずは貴社の事業内容と当時の課題感をお伺いできますか。-

スリーシーズ 神谷様:私どもは「営業の標準化」をテーマに営業支援事業を行っている事業者です。企業の裏方として「企業にとっても最も成約率が高まる売り方」の型を作っていく、そのような事業ですね。営業に必要なトークや資料、目標管理やチームビルディングまで、活動に必要なものをすべてサポート。トップセールスの成功要素を構造化し、組織全体の営業力アップをプロデュースする集団です。

おかげさまで多くのお客様にご満足頂いており、ご紹介や口コミを通じてその後も多くのお問い合わせや引き合いをいただいていました。しかしながら、多くのお客様と接していく中で、自分たちのサービスを必要としている企業が世の中にまだまだ多く存在していることを知り、どうにかして自分たちのやっていることをもっと言語化して新規のお客様に認知していかなければならない、もっと言えば私たちのサービスに共感していただける人を増やさなければならない、そう考えていたんです。

認知を広げるために親和性の高そうな広告媒体に出稿してみたり、リスティング広告を出してみたり、既存のお客様向けにメールマガジンも発行していたのですが、成果は上がるものの「より効率的な方法があるのでは?」「もっと質を高めていきたい」そんな課題感をもっていました。


潜在顧客の開拓ができていないことへの危機感と気付き

そこからferret Oneに出会った経緯や導入の決め手を伺えますか?

スリーシーズ 神谷様:どのようにしたら、今より多くの人にWebサイトを通じて繋がれるのかを悩んでいた折、それを解消する手立てがあるのかを調べました。コンテンツマーケティングについて調べてみたり、お客様のつながりから情報を得たり。そんな中あるお客様からferret Oneというサービスを紹介いただき、お話を伺ったのがferret Oneを知った直接的なきっかけですね。

長期的にコミュニケーションをとれる網を広げたいという私たちの要望に対し、そのためには潜在的な出会いを作る必要があるとお話をいただきました。それを実現するためのferret Oneを使ったコンテンツマーケティング手法を提示いただき、非常に納得感が高かったです。コンテンツを作るところから配信、分析までワンストップで行えるツールの利便性に加え、トレーニングを通じてノウハウを蓄積していくことできる点にも魅力を感じました。

私たちのサービスを一から理解いただくためにはどうしても時間がかかってしまう。だからこそ短期的な施策だけでなく、定期的に情報共有ができるようになれば、それはビジネスにおいて遠いようで近道になる、そう思えました。

改めてコンテンツの重要性にも気付かされましたし、短期的な効果だけを追うのではなく、全体最適を考えた時に、ferret Oneを活用したコンテンツマーケティングがやはり欠かせない施策だと感じましたね。

ちなみに、もともとferretはよく見ていて営業の現場でもお客様から「困ったときはferretを見ている」なんて言われたこともあります。これだけ浸透しているferretのノウハウはすごいのだろうなと思いました。

リソースが限られている我々にとっては、単なるツールだけでは解決できない問題が多くあったように思います。その点、ferret Oneであれば集客のためのノウハウがつまっており、自分たちで運用でできるようになるトレーニングも備えているということで、単なるツールを超えた非常に価値があるサービスだと感じました。


テーマ切り替えができることでコストも圧縮

実際に導入するにあたって何か懸念されていたこと、また使ってみての使用感をお伺いできますか?

スリーシーズ 根本様:コンテンツマーケティングの取り組みははじめてだったのですが、トレーニングメニューの他、動画でのサポート、セミナーでのサポートも利用させていただき、今では安定的にコンテンツを作れるようになりました。

最近は数も増えてきたのでネタ探しに苦労する面もありますが、私たちのビジネスはインプット/アウトプットが重要なので、それが鍛錬できる場があるというのが全体のモチベーションにつながっているのも事実ですね。

操作という点では、最初は戸惑うこともあったのですが、CS(カスタマーサクセス)のサポートもあり特に不安に思う点はありませんでした。またページを更新する際にもデザインテンプレートがあったり、見たまま編集機能があったりするので、ちょっとしたことならデザイナーいらずで即対応できてしまいます。外部に依頼するコミュニケーションコストも、費用も圧縮できているので助かっていますね。

この辺は今後もっと機能やテンプレートが増えることを期待しています。


マーケティング文化が醸成され、いつしかマーケティングに関連する会話が社内で飛び交うように

得られた効果はどうでしょう?

スリーシーズ 神谷様:導入トレーニングを経て、自分たちで運用をするようになってからコンテンツが蓄積されるのはもちろん、想像してなかったこととしては、データや知識も増えていくのでいつからか担当者の会話の内容が変わってきたことですね。

「 カスタマージャーニー上では…」

「 解析の結果こちらのほうが良い…」

そんな会話が生まれているのにはびっくりしましたよ。そんな会話をしているものだから不思議と担当者がマーケターのように見えてくるんですよね。人数や体制は変わっていないのに以前とは全然違うなと、改めて感じました。自然と社内に「マーケティングチーム」ができあがっている実感はあります。


認知と既存顧客の掘り起こしに芽が出る

スリーシーズ 神谷また当初の目的である認知の向上においても、成果が得られています。現在は週1~2本のペースでコンテンツを公開。来訪数も順調に伸びており、本サイトを越える日も珍しくないです。
当初予定の来訪PV数をクリアしているのはもちろん、既存サイトへの送客、そしてそこからCV(コンバージョンの略:資料請求・お問い合わせ)が複数生まれることもあります。今後はより成果を生む施策にシフトしていきたいと思っているのですが、何より自分たちでその素地を作ることができたのは大きな成果ですね。発信できる情報を100以上作れましたし、それが新規顧客への認知や掘り起こしに効いているという実感があります。自分たちで戦略性をもって数字を上げられるという成功体験は何にも代えがたい資産ですね。


ferret Oneだから続けられた!100以上のコンテンツを公開!

“継続"の難易度も高いコンテンツマーケティング。そのためにどのような工夫をされましたか?

スリーシーズ 根本様:やはり導入トレーニングの効果は大きかったですね。言われたことをまずはしっかりやる。それがあったことで続けられたと思っています。動画もみましたし、CS(カスタマーサクセス)の方に本当にお世話になりました。とにかく信じてやりつづけました(笑)

スリーシーズ 神谷様:短期的な成果を得ることはもちろんなのですが、コンテンツマーケティングの価値はそれだけではないと感じています。きっとどんなことにも通じていると思いますが、継続することに意味がある。その視点をもつことも大切だと思います。そしてトレーニングや操作性、ノウハウ提供を通じてサービスとして実現できるのがferret Oneならではの魅力だと感じていますね。

左から株式会社ベーシック ferret One部 CS 原島

株式会社スリーシーズ 執行役員 神谷 友介様

株式会社スリーシーズ 顧客開拓プロデューサー 根本 翔一様

今後のferret Oneに期待すること

最後に今後のferret Oneに期待することをお伺いできますか?

スリーシーズ 神谷様:作りきりのホームページと違い、機能やテンプレートが日々アップデートして進化しているのがferret Oneの良いところだと思っているので、今後もこのあたりの機能の充実を期待しています。あとは自分たちの行動を後押ししてくれているCS(カスタマーサクセス)の存在は大きいので、そこは変わらずコミュニケーションとらせていただけると幸いです。


株式会社スリーシーズ
事業内容:営業ツールの制作業務、顧客開拓支援業務

他にもferretOneを活用したサイト運営の様子をご紹介

お問い合わせ・お見積もり

お見積もり・ご相談など、下記フォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話で(受付時間:平日 10:00〜18:00)

この内容で送信します。よろしいですか?