初めてのWebマーケティングで新規顧客開拓に成功! 新規顧客0からの集客方法とは

ビニール加工メーカー 株式会社 丸三

経営者:長岡孝一氏

東京・日暮里にあるビニール加工メーカーの株式会社丸三。今までWebでの集客はほとんどやったことが無い中で、ferret Oneを導入して約半年で新規顧客を獲得しました。以後も毎月定期的に更新し、お問い合わせのあるサイトへと成長しています。
ゼロからWebマーケティングにどう取り組んだのか、どのように成果を出していったのかなどのお話を伺いました。


ここ数年で新規取引がゼロという状況に感じていた危機

−本日は使用感やferrt Oneの導入背景をお聞かせいただければと思います。よろしくお願いします。−

丸三:よろしくお願いします。

−早速ですが、御社の会社の変革、提供しているサービス・商品について教えてください。−

丸三:弊社ではお客様のアイデア・イメージをもとに生地・素材を加工して製品をお作りしています。もともとは昭和35年からビニール生地の卸売りから始まりましたが今ではビニールパッケージ、腕章、ワッペン、バインダー、小物類まで作成しています。 例えば代表的なのはスマートフォンケースのビニールパッケージですが、お客様からのご依頼内容を元に1から制作しました。ビニール生地の加工が弊社の強みでもありますが、その他に硬質・マグネット・布・不織布・反射材とさまざまな素材に幅広く対応しています。


−ありがとうございます。最近ではどのような要望がお客様から増えていますか。−

丸三:最近ではスマホの周辺アクセサリーを提供している企業様からの要望が増えています。例えば、スマホケース専門店やファッションブランドのお客様などですね。特に若者をメインターゲットにしたおしゃれなスマホケースを目立たせるには、デザインをダイレクトに魅せることができる透明のビニールパッケージが必要とされています。

ただし、あらかじめパケージが用意されていると思ってお問い合わせ下さるお客様が多いですね。1からオーダーメイドで商品を制作するところとは相性が良いのですが、オーダーメイドがハードルが高いと思っている客様に対してのパッケージ商品を今準備している段階です。

−なるほど、商品のバリエーションを増やしていくことでお客様の課題を解決しようとしているのですね。他にも課題がありましたら教えてください。−


丸三:取引先は昔からの付き合いのあるお客様がメインでした。業界自体も大きく成長するような分野ではありませんでしたので、

お取引数も近年徐々に少なくなってきているというような状況でした。ここ数年では新規取引先はいなく、既存顧客の仕事や紹介で発注いただいていたので、何とか手を打たなければと考えていたところです

しかし、どうやって新規開拓をすれば良いのか分からず悩んでいました。

−新規の取引先開拓が重要課題だったのですね。何か施策は考えていたのでしょうか。−

丸三:正直なところ手が回っていなかったという状況だったのです。

家族経営で人手も少なく、製造で手一杯な状態であったので、新規の営業活動の必要も感じていましたが動くのが難しい。

Webサイトに関しては知識もなく会社全体も躍起にやる気でもなかったので、本格的に構築することも考えていませんでした。そんな中でferret oneのサービスを知りました。初心者でも簡単にサイト運営ができ、更新に時間がかからないこと、Webマーケティングの考え方をトレーニングで学習できることを知って採用しました。


Webサイトを見てくれるお客様は いないのではないかという不安

−ありがとうございます。初めはWebでの集客の不安に対しての不安は大きかったのではないですか。−

丸三:はい。以前無料のホームページ制作サービスを使って作っていたこともあったのですが、そこでは簡単な情報を記載する程度でした。電話帳に名前と連絡先のみが載っているイメージに近いですね。そこからのお問い合わせはほとんどありませんでした。

業種の違う他の製造業者さんからWebをうまく活用すると集客が増えているという噂は聞いてはいました。

実のところ始めるまでは新規のお問い合わせや、発注が来るイメージはありませんでした。

サイトを公開したといって、本当に見てくれる人がいるのだろうか、需要はあるのだろうかという疑問に思っていましたね。

また、エクセルやワードなどの基本的なオフィスのソフトの操作には慣れていましたが、Webマーケティングやサイトのこととなると全くの初心者です。見慣れない用語の中で進められるのか、機能が自分に使いこなせるか、そしてサイト更新に時間がさけるのかどうかが一番不安でしたね。


−そのような状況下でサイトが無事公開できたのはどうしてでしょうか。−

丸三:ferret Oneは操作が簡単なので慣れるのには時間がかかりませんでした。サイト公開までに行った作業は1日2時間程度。見慣れないWeb用語が最初こそ戸惑いましたが、

 

ヘルプページも充実していますし、お問い合わせするとテクニカルサポートの方が親切に教えてくれます。そして、何よりも大まかな操作は直感的に行えるようになっています。

 

なので更新していく中で自然と慣れます。実践するうちに「ああ、このことを指しているんだな」と分かってくる感じですね。おそらく今までサイト作成したことの無い方であっても、何回か操作すれば大丈夫でしょう。

 

Webマーケティングの知識に関しては定期的に開催されているトレーニングセミナーに参加して勉強しました。セミナー自体は分かりやすく、こういう風に商品を訴求したら良いといった型であったり、自社商品の魅せ方を段階的に学ぶができます。 初めは知識ゼロでも大丈夫。

 

学んだことをまず帰ってから自社サイトで実践するという流れができました。


トレーニングで学習した内容に沿ってサイトを改善したら即成果に!

−とても良い流れが出てきましたね。サイトを公開した後の成果を教えてください。−

丸三:公開後にサイト経由で8件の新規のお問合わせがありました。都内の企業様、地方の企業様など様々です。その中の1件は実際に発注までいただけました!

他にも継続して商談を進めている企業様もあります。新規での発注が本当に久しぶりだったので、発注書が必要なのかどうかも忘れていました。「本当に需要があったんだ!」と家族揃って驚きましたね。

お問合わせの内容や規模感は様々です。発注希望数は数百個から数万個まで、ご要望の商品は実に様々でした。弊社では基本的に素材からオーダーメイド加工までを請け負っているのですが、今まで制作実績のある商品を見る人もいることから、思っていた以上に潜在的な需要があるということも分かりました。

 

ferret Oneのトレーニングチームの方から頂いたアドバイスを元にリボンの商品の魅力をより具体的に記載したところ、すぐにその商品に関するお問い合わせがあり、改善したことによって即成果が出たことにも驚いています。

改善したことによって即成果が出たことにも驚いています。


−約半年でお問い合わせから最終成約までいただけたのですね。おめでとうございます。今後がますます楽しみですね!これからferret Oneに期待することがありましたら教えてください。−

丸三:サイトへの訪問数をもっと増やし、新規の取引先を継続的に増やしていきたいと考えています。とはいえ、あまり発注が多くなりすぎてしまうと困りますが(笑) お問い合わせいただいているお客様からオーダーメイド以外にもパッケージ商品を作成して欲しい要望も有るため、今制作している最中です。

 

今後はよりサイトに掲載する商品の種類を増やしていきたいと思っています。他にも商品のページを見て直ぐに電話で詳細を聞きたいというお客様もいるので対応しなければならないことは沢山ありますね。ferret Oneは日々サービスが改善されているため、ログインする度に使いやすくなっていると感じています。これからも継続的に更新していきたいと考えています。


会社名:株式会社 丸三
代表者:長岡 孝
事業内容:塩ビ製品・PP製品製造販売、布製小物縫製加工・商品製造・発送代行
ホームページ:http://kk-marusan.net/

他にもferretOneを活用したサイト運営の様子をご紹介

お問い合わせ・お見積もり

お見積もり・ご相談など、下記フォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話で(受付時間:平日 10:00〜18:00)

この内容で送信します。よろしいですか?