会員数37万人のferretが開発したCMS

「ferret One」公式ブログ

ホームページ集客/Webマーケティングに役立つ情報を配信中!

Original

Googleサーチコンソールで始めるコンテンツマーケティング効果測定はじめの一歩

コンテンツマーケティングというワードが流行りだして久しい昨今。中小企業のWeb担当者としては漏れなく実施しているべきと言っても良いほど、一般的で効果的なマーケティング手法として定着してきつつありますね。

しかし、流行に乗ってとりあえず着手したはいいが、なんとなくやっているだけで、現状自社のコンテンツマーケティングがうまくいっているのかどうか、判断できていないという方も多いのではないでしょうか。実際、私たちが普段お客さまと接する中でよくお寄せいただくご相談内容として、そういった「うまくいっているのかどうかすらわからなくて困っている」というものが多いものです。

言わば中小企業のコンテンツマーケティングにおける「あるある」ネタと言って良いような課題感と言えますが、これがあるあるネタになってしまっている理由とはどのようなものなのでしょうか。それは、見るべき指標の特定と、データを紐解くことができないからであると私たちは考えています。

今回は、自社のコンテンツマーケティングの効果測定が出来ておらず、雲を掴むような感覚で日々の施策を講じているという方向けに、Googleサーチコンソールを使って正しい効果測定を行うための最初のステップに関して解説します。

 

 

Googleサーチコンソールとは?要点をおさらい


Googleオーガニック検索からの来訪ワードが、一般のアクセス解析ツールではわかりづらくなってはや数年…当時はWeb業界に激震が走りましたが、今ではなんとなく慣れてしまったという方も多いかもしれません。

 

しかしやはり不便な側面も残ります。そこをカバーするかたちで台頭してきたのが、Googleサーチコンソールです。
当初は「ウェブマスターツール」という名称で、Webサイトの稼動状況や検索インデックス状況など、サイトの健康状態をチェックするような役割が大きかったのですが、徐々に検索マーケティング関連の機能が強化されてきました。現在ではGoogleのオーガニック検索からのパフォーマンスを把握するために欠かせないツールとなっていますね。

しかしこのGoogleサーチコンソール、いまいち使いこなせていないという方も多いようです。これはなぜなのでしょうか。

その理由は、一言で言えば「数値出しはできるが、それをどう施策に繋げたらいいのかわからない」ということではないかと思います。今回はそういった方向けに、Googleサーチコンソールで見れる指標を使って、次の施策に活かす、という一点に絞った手法を紹介します。

 

ではまず、そもそもSEO施策を打つ意味から整理しましょう。これは言うまでもなく、「検索結果に上位表示させることで、サイト来訪者数を増やす」ということです。そして単純に上位表示を目指すのももちろん重要ですが、それだけで満足してはいけません。よくある罠としては、「上位表示されてはいるが、来訪には結びついていないワード」が存在するということです。つまりインプレッションはされるがクリックはされない、CTRが低いワードの存在です。SEO施策を考える際には、単純に上位表示だけを目指すのではなく、このCTRが低いワードを見極めることも重要になります。今回の記事では、この見極めができるようになることを目指します。

※今回解説する手法は、数多くある改善策の一つです。これが絶対の方法というわけではありませんので、興味を持たれましたらぜひ深く研究してみてください。

 

今回の流れ


全体の流れは下記3つです。 

1:検索アナリティクスの条件を指定する

2:CSV形式でダウンロードする

3:改善パターンに当てはめ、キーワードごとの改善方針を決める

 

 1と2はわかっているという方は飛ばしていただいて、3から読んでいただいて構いません。

なお、本書はすでにサーチコンソールを導入済み、かつ正しく検索対象になっているWebサイトを対象にしています。またサーチコンソールを゙導入していない、あるいは導入しているが基本機能がわからない場合は、サーチコンソールヘルプサイトの案内に従って導入の上、基本機能に関して調べてみてください。

 

1:検索アナリティクスの条件を指定しよう


「検索アナリティクス」はGoogleサーチコンソールのメイン機能です。今回使用するのはこの機能だけですので、使いこなせるようにしっかり理解してください!

 

「検索アナリティクス」は、左側のメニューの「検索トラフィック」内にあります。


「検索アナリティクス」をクリックすると初期状態の画面が表示されます。来訪の有ったキーワードとクリック数のみが表示されていますね。

ここから必要なデータを指定していきましょう。 

 

STEP1 クリック数・表示回数・CTR・掲載順位のすべてにチェックを入れる

 

 

STEP2 SEO対策を行うページのURLを指定する

 

デフォルトではサイト全体が対象になっています。この状態ではページ単位の施策に落とし込みづらいので、必ずURLを指定しましょう。(こちらのページはページ内にランキングページ゙が存在し、そのランキングページを指定している場合の例です。)

 

    

基本はこれでOK。ただ、必要に応じてデバイス(PCまたはモバイル)や期間(最大90日間)の指定は行ってください。これらを指定すると、このような表示になります。

 

 

2:CSV形式でダウンロードしよう

 


ページの一番下にある「ダウンロード」をクリックして、アナリティクスの表示内容をダウンロードします。

 

 

CSVダウンロードだと文字化けしてしまうので、Googleドキュメントで開く方がオススメです。開くとこのようになります。(こちらはサンプルになります。) 

 

 

3:改善パターンに当てはめて、キーワードごとの改善方針を決めよう


ここからが最も重要なパートです。

 

まず2でダウンロードしたCSVファイルを「表示回数」でソートします。表示回数は、そもそも検索されているか?≒キーワードにどれだけニーズがあるのか、を量る指標です。
まずここに関して一定量のボリュームがあるキーワードを対象にしていきます。

※表示回数でソートした結果

 

 

ここから上位50キーワードを最初の改善対象とします。51位以下はいったん削除します。

※慣れてきたら50ワード以上に広げるなど調整してください。

次に、CTRの低い順にソートします。

 

 

CTRが0%〜数十%の間で表示されます。50ワードのうち、明らかにCTRの低いキーワード群の行全体をコピーしてください。分布状況にもよりますが、サンプルではCTRが0%のもののみ対象としています。

最後に、掲載順が高い順(数字が小さい順)にソートします。

 

 

これで、「そこそこニーズがあって上位表示できているけどクリックされていない」キーワードをあぶり出すことができました。


ここまでできたら実際の改善に入ります。
                    
※改善は必ず掲載順の高い順に進めてください。極端に順位が低い場合はCTRが低くて当たり前です。なぜならCTRが低い理由は、そのワードを検索する人から見た時に「その検索表示内容を見る限り、自分の課題が解決できなさそうと感じる」からです。上位表示されている検索結果と比較しながら、titleタグやページ内のコンテンツを修正し「課題解決できそう感」を上げていきます。

中には同音異義語など、改善しようがないワードもあります。そういう場合は、無理やり改善しようとせず効果の高そうなワードや、効果の高そうなページから着手しましょう。


今回はサーチコンソールを使った改善策、その最初の一歩とも言うべき手法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?サーチコンソールには検索アナリティクス以外にもSEOに役立つ機能や、設定すべきことがたくさんありますが、弊社の“ferret One”を使えば、以下のようなタスクは自動的に、もしくは簡単な設定をするだけで対応できます。

 

 

ferret Oneで標準対応しているSEO関連機能

 ・XMLサイトマップ(sitemap.xml)生成

⇒検索エンジンはクローラーと呼ばれる巡回ロボットによって、ウェブ上のコンテンツ情報を取得しています。このクローラーは主にリンクを辿って巡回しますが、XMLサイトマップをサーチコンソール経由でGoogle側に送信すると、こちらのXMLサイトマップも参考にしてウェブサイト内の各ページを巡回してくれるようになります。XMLサイトマップの有無がSEO順位に直接影響することはないものの、インデックスされるまでの時間が短縮されるという効果があります。新しく作成したコンテンツを素早く検索結果に掲載させるためにはぜひ実装しておきたいものですが、ferret Oneならこれを自動で生成させることができます。

 

・モバイルフレンドリー(Googleが推奨するレスポンシブデザインを採用)

⇒インターネットユーザーに占めるスマホユーザーの比率は日に日に大きくなっており、スマホ環境での表示を最適化すること=レスポンシブ対応はもはや必須となっていますが、ferret Oneならこの点に関してもクリアできます。通常はPCとスマホで別々に編集しなければなりませんが、ferret OneではPCから綺麗に見えるように編集するだけで、自動でスマホ環境での表示も最適化され、SEOにも好影響を与えます。

 

・AMP、Instant Articles自動対応

⇒こちらもスマホ時代に則した機能です。それぞれを端的に説明するならば、AMPはスマホ環境でのページ表示速度を高速化するもの、Instant ArticlesはFacebookの機能であり、リンク先に飛ぶことなく、Facebookブラウザ上でコンテンツを閲覧することができるというものです。いずれも通常は実装までに手間がかかるものですが、この点に関してもferret Oneは自動で対応しています。

 

いかがでしたでしょうか?

今よりもっと効率的にSEO対策したいという方など、ぜひ一度、ferret Oneのサービス資料をチェックしてみてください!

 

 

▼ferret Oneサービス紹介資料

 

当資料ではferret Oneの機能詳細をご紹介しております。

資料をご覧になることでferret Oneにご興味持たれましたら、直接お電話でご相談いただければ幸いです。

TEL:050-5578-7205

 

 

▼ここだけは抑えておきたい!Googleサーチコンソールを活用した

 コンテンツマーケティング有望キーワードの見つけ方 

 

こちらの資料では、今回ご説明した内容を踏まえた上での次のステップ、

つまりGoogleサーチコンソールを利用して、コンテンツマーケティングをする上で

有望なキーワードを見つけ出す手法についてご説明しています。

より実践的な内容となっておりますので、既に発信する場所(ブログなど)は持っているが、

どんな内容を発信するのが効果的なのか良いのかわからない、という方に特におすすめです。

 

無料お役立ち資料

今、注目をあびているコンテンツマーケティングやSEOはもちろん、CMS活用・BtoB向けリード獲得など、幅広いテーマで無料お役立ち資料を配布しております。
「Web集客について問題があるが、何をしてよいのか分からない」といったお悩みにつきましても、記載されています。お気軽にダウンロードしてください。

ferret Oneへのお問い合わせ

Web集客でお悩みをお持ちの方、 小さなことでもお気軽にお問い合わせください。専門のコンサルタントがお悩み解決のお手伝いをいたします。
もちろん、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関することや、成功事例のご紹介などいたします。お気軽にご連絡ください。

ferretOne各種サービス

オウンドメディアの運用を成功させたい企業
様はご相談ください。ferretで培ったメディア構築・運用のノウハウをご提案します。

ご自身でWebマーケティング知識を学びたい方へ。各種資料がダウンロードできます。

ferret Oneを検討中の方へ。今ならお問い合わせ頂いた方に導入企業様の事例集をプレゼント中です。

カテゴリ一覧

記事ランキング


ferret Oneへのお問い合わせ

Webマーケティングに関するご相談や、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関するお問い合わせは、お気軽にこちらからご連絡ください。ferret Oneを活用してWeb集客に成功した事例などもご紹介させていただきます。


登録番号 IA180169
適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014