【導入事例】ペルソナを思考し続けソーシャルからの流入を15倍に!|アーバンリゾーツ昭和の森株式会社

サイトURL:https://wedding.showakan.co.jp/

 

当記事では実際にferret Oneを利用していただいている企業様の事例を紹介致します。

今回はアーバンリゾーツ昭和の森株式会社にお話を伺いました。

 

■企業情報

社名:アーバンリゾーツ昭和の森株式会社

従業員:135名(平成27年7月現在)

業種:ホテル事業、ゴルフ事業、スポーツ事業

URL:http://www.showakan.co.jp/

 

■ポイント

・導入前と導入後でWebマーケティングに対する大きな意識変化が。

・ユーザー視点のコンテンツ作成でソーシャルからの流入が15倍に。

・今まで外注だったサイト運営を一人でも可能に。

 

武蔵野の自然が残る「昭和の森」でやすらぎの空間を提供しているアーバンリゾーツ昭和の森株式会社 フォレスト・イン 昭和館。ホテル関連事業で宿泊施設の提供とウェディングの運営を行っています。ウェディングに特化したサイトを作りたいという思いがある中、主幹事業があるためあまり手が回らなくなっていたWebサイトの構築と運用をferret Oneで支援し、一人でも運用できる体制を実現しました。

 

(ホテル運営部長 総支配人:場崎浩一氏)

 

 

■ブライダルのトレンドもしっかり掴んでいた

 

支援を始めた時期のブライダル業界では式場をもっているホテルでもブライダルに関しては別ドメインにして切り分けてサイトを作る、という形がトレンドでした。ferret Oneを運営する株式会社ベーシックは事業会社であり、以前はブライダル事業を運営していた関係から、支配人の場崎氏から「ベーシックさんはブライダルの方にも非常に明るい部分があるのと、あとは当時の私どものいろいろな条件(制作までの日数期限、うちで抱えているリソース、予算、運用面でのサポートがどうであるかなど)ほぼすべての条件をクリアしていただけた点が大きかった」との評価を頂きました。

 

 

 

■導入前後でサイト制作に対する大きな意識変化

もともとはサイトの作成を外部に発注していたフォレスト・イン 昭和館ではサイト更新の際に生じるコミュニケーションコストが大きくなっていました。そのため、頻繁に更新する情報を別の大手比較サイトに載せざるをえず、自社のコンテンツに来訪したユーザーが別のページに流れてしまう、といった状況がしばしばあったそうです。ですが、ferret One導入後は簡単に記事やサイトを更新できるため情報を素早くアップすることができるようになっただけでなく、広告費をかけずに一定の集客ができるようになってきました。

フォレスト・イン 昭和館 支配人の場崎氏曰く

「もともとは外部の方にサイトを作って頂いていたので、ときどきページを作り変えるところがあったらその都度連絡をしていました。また、頻繁に更新が必要なフェアの情報などは大手比較サイトに掲載していたがゆえにあわせなければならないという状況がありました。ferret Oneにしたことによって今まで手間だった部分や、コミュニケーションコストを考えてやむなく目を瞑っていた部分が改善できたと思っています。」

 

■一人でも可能な運営体制

ずっと外部に任せていたサイトの更新も、ferret Oneのドラッグ&ドロップで出来るページ作成機能やブログ作成機能でプログラミングの知識がなくても簡単に行えるようになりました。また、ferret Oneのサポーターが行うトレーニングにより、ユーザ視点によりそったコンテンツ企画・作成を行うことが可能になり、一人のペルソナを徹底して考える癖を身につけてもらいました。どんな情報を求めているのかを考えた結果、体験レポートをブログとして公開することになり、SNSから15倍の流入を得ることに成功しました。

体験レポート:https://wedding.showakan.co.jp/blog

「社内からのアクセスのカウントを除外して効果測定の精度を上げたり、初めてサイトを作る時にはわからないようなことにも手厚いサポートがありました。」と評価していただけました。

 

 

 

無料Webマーケティングセミナー

株式会社ベーシックではコンテンツマーケティングやSEOはもちろん、マーケティングオートメーションやCMSに関するものまで幅広いテーマで無料セミナーを随時開催しております。

ferret Oneへのお問い合わせ

Webマーケティングに関するご相談や、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関するお問い合わせは、お気軽にこちらからご連絡ください。ferret Oneを活用してWeb集客に成功した事例などもご紹介させていただきます。

この内容で送信します。よろしいですか?