会員数37万人のferretが開発したCMS

「ferret One」公式ブログ

ホームページ集客/Webマーケティングに役立つ情報を配信中!

Original

とりあえずWordPress、で本当にOK?目的別コンテンツマーケティング用CMS・ツールの選び方

WordPressといえば、言わずと知れたCMS・ブログ界の巨人です。

 

ちょっとWebで仕事をされたことがある方なら、誰しもが一度は使ったことがあるツールではないでしょうか?少なくとも読者としてWordPressで作られたサイトを訪問したことがないという方はまずいないと思います。

 

そんなWordPress、正しい用途で使えれば強い味方になりますが、「とりあえず」で選択してしまうと後で後悔することも…。

というわけで今回はコンテンツマーケティングを始めるときのツールの選び方について紹介したいと思います。

 

WordPressとは?

2003年にオープンソースで公開された無料で使えるインストール型ブログツール。登場から10年以上CMSツールとしてトップシェアを誇り、全世界のWebサイトの1/4がWordPressで作成されていると言われている。

※現在はホスティング型のサービスもあります。

 

そんな凄まじい普及率を誇るWordPressですが、ツールの使い勝手の良さはもちろんですが、調べてみると登場タイミングの良さにも気づきます。

 

①世界的なCGMトレンドの流れに乗り、使いやすさやオープンソースのメリットを背景に普及。

 

②Webサイト構築用CMSとして認知拡大、スマホ普及期においてはレスポンシブデザインとの相性の良さでさらに成長。

 

③検索エンジンの進化により、コンテンツマーケティングを実践するツールとしてスタンダードな地位を確立。

 

要するに、CGM→スマホ対応→SEO→コンテンツマーケティングと、世界的なWebのトレンドに乗っかりまくってきたツールというわけです。

 

ブログ(=情報発信)ツールとして浸透してきたWordPress。その真価は

 

サイトに人が来るまで、のツール

・適切で価値ある情報を提供

・関心を引き寄せる(検索エンジン適性)

これらを安価かつ自分で実現できることに大きな意味がありました。

 

この文字、よくみると

・適切で価値ある情報を提供

関心を引き寄せる(検索エンジン適性)

とあくまで「サイトに人が来るまで」のツールであることがわかります。

 

サイトの来訪が増やしたい、という場合はこれでもいいのですが、コンテンツマーケティングは「読者の課題解決につながるコンテンツを発信することで、有益な関係を構築する」もの。後者の「有益な関係作り」を実現するには、機能的には片手落ちというケースもあるのです。

 

コンテンツマーケティングというと、まずWordPressでやってみようとなることも多いですが、大事なのは、「コンテンツを発信した結果、何を成し遂げたいのか?」です。ここがないまま手軽さやポピュラーさ(どの制作会社でも構築できる)だけで進めてしまうとどこかで行き止まりにぶつかってしまいます。特に訪問数が伸びている間は「認知拡大だー」と勢いでいけますが、踊り場になったときにふと我に帰る瞬間が出てきたりします。

 

目的ベースのCMS選定とは?

というわけで、単純なコンテンツ発信から一歩進んだ目標を設定してみましょう。

 

まずは、チームで目的をすりあわせてみましょう。コンテンツで読者を集める理由は・・?

そして、この中から自社のビジネスと目的と関連の高い項目を括ってみましょう。「目的なんて最初から決まってるでしょ」と思いがちですが、意外にメンバー各自微妙に違うことを考えているなんてことも多いのです。

 

・会社の取り組みを知らせたい

購入や予約につなげたい

・安価にWebサイトを立ち上げたい

ブランドや商品、サービス名を広めたい

・とにかくやったという事実を社内で作りたい

・採用の応募者を増やしたい

自社でWebマーケティングをできるようにしたい

・社長がブログやりたいって言っている

 

目的をピックアップして、文章化してみましょう。

 

主に法人ユーザーに対して、新発売した商品の認知度を上げ、メリットを伝えて興味を持ってもらい、カタログダウンロードおよび詳しい商品説明の希望(=見込み客)を獲得したい。

加えて、この取り組みをベースに今後同様のことを商品企画チームごとに実践できるようにノウハウ化する。

 

これを実現できる環境を探せばいいというわけです。

この文章を分解し、何が実現できればいいかを洗い出していきます。

 

①法人ユーザー

→お問い合わせ時フォームで法人を判定する

 

②新発売した商品の認知度を上げる

→現時点では知らないが、近い興味を持つ人と新しく接触できる

 

③メリットを伝えて興味を持ってもらう

→課題解決型のコンテンツを配信する

 

④カタログダウンロード

→PDFファイルなどをアップし、フォームからユーザー情報を取得する

 

⑤および商品説明の希望(=見込み客)を獲得したい。

→ダウンロードしたユーザーにメールで継続的なコミュニケーションを行いながら商品説明アポイントをフォームから獲得する

 

⑥商品企画チームごとに実践できるようにノウハウ化する。

→属人化させず、手順をマニュアル化する

 

こうなると通常のブログツールに加え、少なくとも

・お問い合わせフォーム設置

・PDFファイル保存、ダウンロード

・メール配信

・ランディングページが作成できるCMS

が必要だということがわかってきます。

 

この場合の方法としては

・WordPressに様々なプラグインを組み合わせる。多少のサーバ側設定が必要。

・それぞれの機能を持つツールを組み合わせて実現する

・ホスティング型ブログツールで我慢する。

・WordPressの標準機能で我慢する。

・無料ホームページなどのツールで我慢する。

・Webマーケティング実施に特化したツールを利用する

 

があります。あとは料金やメンテナンスの手間、など付加条件を比較しながら選びましょう。

 

弊社で提供中のferret Oneは本記事のようなケースで有効なWebマーケティングのサービスです。ブログ機能はもちろん、LPやフォーム作成、メール配信まで、Webマーケティングする上で必須の機能が一つのツールで実現できます。無料でダウンロードできるサービス紹介資料もぜひご覧ください。

 



 

ferret One運営事務局

ferret One運営事務局

ferret One運営のサポート全般を行っています。 ユーザーのみなさまにより良いコンテンツを届けられるように邁進していきますので、今後とも何卒よろしくお願いします。

無料お役立ち資料

今、注目をあびているコンテンツマーケティングやSEOはもちろん、CMS活用・BtoB向けリード獲得など、幅広いテーマで無料お役立ち資料を配布しております。
「Web集客について問題があるが、何をしてよいのか分からない」といったお悩みにつきましても、記載されています。お気軽にダウンロードしてください。

ferret Oneへのお問い合わせ

Web集客でお悩みをお持ちの方、 小さなことでもお気軽にお問い合わせください。専門のコンサルタントがお悩み解決のお手伝いをいたします。
もちろん、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関することや、成功事例のご紹介などいたします。お気軽にご連絡ください。

ferretOne各種サービス

オウンドメディアの運用を成功させたい企業
様はご相談ください。ferretで培ったメディア構築・運用のノウハウをご提案します。

ご自身でWebマーケティング知識を学びたい方へ。各種資料がダウンロードできます。

ferret Oneを検討中の方へ。今ならお問い合わせ頂いた方に導入企業様の事例集をプレゼント中です。

カテゴリ一覧

記事ランキング


ferret Oneへのお問い合わせ

Webマーケティングに関するご相談や、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関するお問い合わせは、お気軽にこちらからご連絡ください。ferret Oneを活用してWeb集客に成功した事例などもご紹介させていただきます。


登録番号 IA180169
適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014