EFOは、ランディングページ制作の最後のステップ

​​​​​​​


前回の記事「セミナーの集客に、ランディングページが必要な理由」では、LPO(ランディングページの最適化)についてお伝えしました。今回は、集客の最終地点「EFO」についてご案内いたします。

目次[非表示]

  1. 1.EFOとは
  2. 2.今スグ確認!「めんどくさい」フォーム診断
  3. 3.フォームにも、スマートフォン対策を
  4. 4.EFOで、ランディングページの成果を高める


EFOとは

EFOとは、「Entry Form Optimization(入力フォームの最適化)」の略です。簡単にいうと、「ユーザーから”入力しにくいフォーム”と思われないように、改善しましょう」ということです。

皆さんも、気になるサービスを見つけて「申し込みたい!」と思っても、入力画面でたくさんの項目を入力する必要があったり、「入力が終わった!」と思ったらエラーが多発したりで、面倒になって申し込みをやめてしまった経験はありませんか?


どんなにランディングページの構成がよくても、最後の入力フォームがよくなければ台無しです。フォームが最適化されていないことで、ページから離脱されてしまい、成果に結びつかないケースは多くあります。

ランディングページ制作の最後のステップとして、「めんどうくさいフォーム」になっていないか、チェックしてみましょう。


今スグ確認!「めんどくさい」フォーム診断

入力フォームから離れやすいポイントをまとめました。ご自身の入力フォームをチェックしてみてください。


入力項目が多い

ついつい入力項目を増やしていませんか?

もちろん、目的次第では聞かなければいけない項目はありますが、企業イベントの申込でしたら、「氏名」「メールアドレス」「企業名」「電話番号」があれば、まずはOKです。その他、自由に記入できるフリー項目があると、質問や連絡事項などを記入できるのでベストです。


テキスト入力する部分が多い

入力内容を迷うような、文字で書かせる項目が多いと「めんどくさい」と思われてしまいます。「ラジオボタン」や「プルダウン」をうまく使い、ユーザーのストレスを軽減させましょう。


入力例や入力形式が表記されていない

入力内容を瞬時にイメージできるようになっていますか?

ユーザーになるべく考えさせない工夫を凝らしましょう。下記のように入力エリアの中に表記しておけばフォームが長くなることもありませんのでおススメです。


フォーム前のページと、フォームのデザインが大幅に違う

下記は、EFOを行ったことで、申込完了率を2倍にアップさせたページです。

【引用】 EFOを行い入力フォームの申込み完了率が2倍になった成功事例|ferret [フェレット]

人物の配置や、送信ボタンのデザインを直前ページと統一させたことで、ギャップを最小限におさえています。


フォームとは関係のないバナーやリンクがある

「ユーザーに色々なことを告知したい!」という思いから、ページのトップや左右バナーに不必要な案内を載せていませんか?

気持ちはわかりますが、それは離脱率を高めることにつながります。入力フォームに他の情報を載せないようにしましょう。


入力エラーの箇所がわからない

入力フォームでエラー表示があった場合、ユーザーとしては「せっかく入力したのに!」と不快に感じています。その不快をやわらげるためにも

  • 入力したリアルタイムでエラーを表記する
  • 具体的に『どこ』を『どのように』直せばいいのか指示する

など、対策をしましょう。大切なのは「ユーザーのストレスをできる限り取り除く」ことです。


フォームにも、スマートフォン対策を

サイトによっては、アクセスの9割以上がPCではなくスマートフォン、ということも珍しくありません。スマートフォン対策は万全でしょうか?

よくあるのが、直前のページまではスマートフォン対策をとられていたのに、入力フォームになるとPC用の画面に飛び、字が小さく入力しにくいというケースです。いくらPC用にEFOがとられていても、スマートフォンだと対策されていない、というのはもったいないですよね。

入力フォームでも、必ずスマートフォン対策をしておきましょう。


EFOで、ランディングページの成果を高める

EFO対策は他のページの改修と違い、比較的簡単に改善でき、さらに成果に直結するものです。ユーザーのストレスをできる限り取り除き、コンバージョン率を上げていきましょう。

また、どのような改善の場合も、必要なのはPDCAです。フォームを改良した前後で比較し、効果検証をしていきましょう。EFOを行ってもコンバージョンが改善しない場合は、他の原因があるのかもしれません。

これまでの記事「セミナー集客のランディングページ制作、何から始めればいい?」「セミナーの集客に、ランディングページが必要な理由」も参考に、改善のヒントを見つけていってください。



無料お役立ち資料

Webマーケティングからセミナー施策や名刺活用まで。BtoBマーケティングに関するノウハウをまとめた資料を無料でダウンロードできます。

ご自身でWebマーケティング知識を学びたい方へ。各種資料がダウンロードできます。


Ranking

人気記事ランキング

Tag

タグ


Seminar

セミナー

ferret Oneへの お問い合わせ

Webマーケティングに関するご相談や、ferret Oneの「機能」「料金プラン」「サービス内容」に関するお問い合わせは、お気軽にこちらからご連絡ください。


ferret Oneとは

こんな課題を解決

資料・デモ

登録番号 IA180169
適用規格 ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014